メインメニューを開く

富士松 加賀太夫(ふじまつ かがたゆう)は、新内節の太夫の名跡。代々富士松派の家元を名乗る事が多い。

初代編集

2代目編集

3代目編集

4代目編集

5代目編集

安政2年(1855年) - 明治25年(1892年12月10日)本名は野中富士松。

江戸浅草の生まれ、初代加賀太夫(後の初代富士松魯中)の三男。兄には2代目富士松魯中(後の6代目加賀太夫)がいる。7歳で父が死去し初代の門弟で寄席で活躍していた富士松紫朝の門下になり富士太夫を名乗る。後に歌賀太夫と改名し、1880年に5代目加賀太夫を襲名。

主な作曲には「高橋お伝」、「花井お梅」がある。

美声ではあったが寄席で売れることはなかった。

6代目編集

7代目編集

(安政3年2月29日1856年4月4日) - 昭和5年(1930年10月4日)本名は小林文太郎。

江戸の生まれ、5代目加賀太夫の門下で津賀太夫、富士太夫を経て、1902年に7代目加賀太夫を襲名。

美声の持ち主で俗に「七代目節」と言われる明治末から大正時代の名人。現在に通じる新内の基礎はこの人物が築いた。

実の弟が8代目加賀太夫、甥が9代目加賀太夫。

8代目編集

(安政6年2月29日1859年4月2日) - 昭和9年(1934年4月15日)本名は小林鎌吉。

江戸の生まれ、7代目加賀太夫の実の弟。鶴賀秀太夫の元で修行し鶴賀小秀太夫名乗り鶴賀直太夫と改名。1913年に4代目吾妻路宮古太夫1930年の7代目加賀太夫没後8代目加賀太夫を襲名。

最初は7代目加賀太夫の三味線を勤めた。実子が9代目加賀太夫。

9代目編集

(明治22年(1889年3月30日 - 昭和46年(1971年11月12日)本名は小林豊太郎。

東京の生まれ、8代目加賀太夫の実子で富士松曽根太夫が1934年の8代目加賀太夫没後に9代目加賀太夫を襲名。