高橋お伝

仮名垣魯文「高橋阿伝夜刃譚」のモデルとなった殺人犯

高橋 お伝(たかはし おでん、本名:でん、嘉永3年(1850年) - 明治12年(1879年1月31日)は、殺人犯。仮名垣魯文の「高橋阿伝夜刃譚」のモデルとなり、明治の毒婦と呼ばれたが、実際は毒婦ではなく、殺人行為は相手に非があったとされている(後述を参照)。

高橋お伝(小林清親画)

略歴編集

  • 嘉永3年7月(1850年8月)- 上野国利根郡下牧村(現:群馬県利根郡みなかみ町)に生まれ、生後すぐに養子に出される[1]生年月日については月夜野町役場戸籍では嘉永元年7月29日(1848年8月27日)となっている他、実家・養家の経歴書では同年8月13日(1848年9月10日)、他には嘉永4年(1851年)とする説がある[2]
  • 慶応2年12月(1867年1月) - 同郷の高橋浪之助と結婚、横浜へと移る[3]
  • 明治5年(1872年) 9月17日 - 浪之助が癩病を発病後死去。毒殺などと言われるが実際は逆で、お伝は厚い看病をしていたという[4]。その後、妾や街娼になり、逮捕まで同棲するやくざ者の小川市太郎と恋仲になる。
  • 明治9年(1876年)8月 - 市太郎との生活で借財が重なり、古物商の後藤吉蔵に借金の相談をしたところ、愛人になるなら金を貸すと言われる。
    • 8月26日 - 吉蔵の申し出を受け入れ、偽名を使い夫婦と偽装し東京浅草蔵前片町の旅籠屋「丸竹」で同衾した。しかし、翌日になって吉蔵が突然翻意し、金は貸せないと言い出したため、怒ったお伝は剃刀で喉を切って殺害。翌日の午後まで寝床から出ず、食事を済ませた後、夕方、用を足しに行くと言い残し、財布の中の金を奪って逃走する。翌朝、宿の者が不審に思い、殺害が発覚。現場には姉の敵討ちと称した「書置」が残っていた。その後の捜査で、吉蔵、お伝ともに身元が割れた[5]
    • 9月9日 強盗殺人容疑で逮捕。逮捕後、姉の敵(かたき)と称しなかなか白状せず、吉蔵は血迷って自分で自らの喉を切ったと主張した。しかし、診断書、関係者の証言で、犯行が裏付けられ、ついに自供。取り調べが終わったのは明治11年10月23日で、市太郎と面会が許された[6]
  • 明治12年(1879年)1月31日 - 東京裁判所死刑判決市ヶ谷監獄で死刑執行。八代目山田浅右衛門の弟吉亮により、斬首刑に処された[7]。遺体は警視庁第五病院で軍医の小山内建(小山内薫の父親)により解剖され、その一部(性器)の標本が衛生試験場に保存され、のち東京大学医学部、戦時中には東京陸軍病院に渡ったともいわれるが、詳細不明である[8]。その後小塚原回向院に埋葬された。墓は片岡直次郎鼠小僧次郎吉腕の喜三郎の墓に隣接して置かれている。

その他編集

 
高橋お伝の墓 (谷中霊園)

高橋お伝は、「日本で最後に打ち首となった女囚」とされることが多いが、実際は虚偽である。明治15年(1882年1月1日に新律綱領・改定律例に代わって旧刑法が施行されるまで、斬首刑に処された女性が、明治13年(1880年)は8人、明治14年(1881年)は7人いる。さらに、お伝が死刑執行された年は彼女を含めて14人の女性が斬首刑に処せられた[9][10][11]。したがって、高橋お伝は最後に斬首された女囚ではなく、正確には、最後に斬首された女囚から数えて16番目から29番目の間に斬首された女囚ということになる。なお、最後に斬首刑に処された女性が明治14年(1881年)に処せられた7人のうち誰なのかは不明である。ちなみに、男性をふくめれば、最後に斬首刑に処せられたのは明治14年(1881年7月27日に市ヶ谷監獄にて強盗目的で一家4人を殺害した岩尾竹次郎、川口国蔵の2人であった[12]
(ただし、事実かどうかは定かではないものの、旧刑法施行後の1886年(明治19年)12月に「青森の亭主殺し」事件の加害者である小山内スミと小野長之助の公開斬首刑が青森県弘前市青森監獄前で行われた。この時2人の斬首刑に兼平巡査が斬首刑の執行人として、死刑執行者付添役に森矯(東奥義塾教師)がそれぞれの任を果したといわている。もし、これが事実である場合、この死刑執行は事実上の斬首刑の最後であるとともに、官憲による日本国内における一般刑法犯に対する最後の非合法[当時の旧刑法では、非公開絞首刑のみ。]の死刑執行かつ公開処刑であるといわざるを得なくなると同時に、高橋お伝は17番目から30番目の間に斬首された女囚であり、本当に斬首刑にされた最後の女囚は小山内スミということになる[13]。)

処刑の翌日から「仮名読新聞」「有喜世新聞」などの小新聞が一斉にお伝の記事を「仏説にいふ因果応報母が密夫の罪(「仮名読」)」、「四方の民うるほひまさる徳川(「有喜世新聞」)」といった戯作調の書き出しで掲載した[14]読売の自演により、口説き歌として流行した。これが後の「毒婦物」の契機となる。

明治14年(1881年)4月、お伝三回忌のおりに仮名垣魯文の世話で、谷中霊園にもお伝の墓が建立された(遺骨は納められていない)。歌舞伎役者の十二代目守田勘彌五代目尾上菊五郎初代市川左團次、噺家の三遊亭圓朝三代目三遊亭圓生らがお伝の芝居を打って当たったのでその礼として寄付し建てたという。

お伝を描いた作品編集

  • 歌謡曲
    • お伝地獄の唄 藤田まさと作詞、大村能章作曲、新橋喜代三唄、ポリドール・レコード 昭和11年4月
  • 漫画

トリビア編集

  • お伝の墓に参ると三味線が上達するという評判があり、三味線を習う者の墓参が伝逝去後の現在もかなりあるといわれる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 『維新の女』 楠戸義昭著、1992年、毎日新聞社、pp.200-201
  2. ^ 『江戸の百女事典』橋本勝三郎箸、新潮選書、1997年、pp.130-132
  3. ^ 『維新の女』 楠戸義昭著 1992年10月 毎日新聞社 p.201。
  4. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、82頁
  5. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、77-79頁
  6. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、79-81頁
  7. ^ 重松一義『日本刑罰史年表 増補改訂版』(柏書房、2007年)、『大江戸暗黒街 八百八町の犯罪と刑罰』(柏書房、2005年)。
  8. ^ 朝倉喬司 「高橋お伝」『毒婦伝 高橋お伝、花井お梅、阿部定』 中公文庫、2013年
  9. ^ 司法省 (1879年). “司法省第五刑事統計年報 第一號 常事犯者ノ罪名及び處斷(コマ番号57)”. 2020年10月24日閲覧。
  10. ^ 司法省 (1880年). “司法省第六刑事統計年報 第一部第一號 常事犯者ノ罪状及處斷(コマ番号60)”. 2020年10月24日閲覧。
  11. ^ 司法省 (1881年). “司法省第七刑事統計年報 第一部第一號 常事犯者ノ罪状及處斷(コマ番号57)”. 2020年10月24日閲覧。
  12. ^ 山下 恒夫 (1988-04-01), 明治東京犯罪暦 明治元年〜明治23年, 東京法経学院出版, pp. 148-155, ISBN 4808944383, NCID BN02158260 
  13. ^ 手塚 豊 (1960-04), 刑罰と国家権力  国家的刑罰権と非国家的刑罰権――明治前期の場合に関する一未定稿, 法制史学会, pp. 182-185, doi:10.11501/2527269, NCID BN0366777X 
  14. ^ 眞有 澄香『〈毒婦〉という教育』日本ペンクラブ 電子文藝館
  15. ^ 錦絵新聞の一。

関連項目編集

外部リンク編集