メインメニューを開く
富安保太郎

富安 保太郎(とみやす やすたろう、1864年6月9日(元治元年5月6日[1])- 1931年昭和6年)10月26日[2])は、日本の政治家実業家衆議院議員貴族院多額納税者議員

目次

経歴編集

筑後国山門郡吉開村(現福岡県柳川市三橋町吉開)で[3][4]柳河藩士・富安昌太郎の長男として生まれる[1]東京法学院を卒業[1][注 1]

博多商業会議所特別議員、福岡県教育会副会長、瀬高銀行頭取、九州製油社長、博多築港社長、博多電気軌道取締役、九州電気軌道取締役、日本毛織取締役[5]、九州土地信託取締役、九州林業取締役、日本電報通信社取締役、福岡日日新聞社社長(昭和3年8月25日~4年11月22日)[6]などを務めた[2]

政界では、福岡県会議員、同参事会員、同副議長、同議長を歴任[2]1908年5月、第10回衆議院議員総選挙で福岡県郡部から出馬して当選[2]。以後、第11回第12回第14回総選挙で当選し、衆議院議員を通算四期務め[2]立憲政友会院内幹事、同政務調査会理事、同協議員を歴任[3]1924年1月、皇太子殿下(後の昭和天皇)御結婚賢所大前の儀に議員総代三名の一人(全院委員長)として参列[7]。また、1926年11月24日、貴族院多額納税者議員に選出され[8]研究会に所属して死去するまで在任した[9]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』432頁では「明治22年明治学院高等学部卒」。

出典編集

  1. ^ a b c 『人事興信録』第5版、と48頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』432頁。
  3. ^ a b 『立憲政友会功労者追遠録』97-98頁。
  4. ^ 『第拾壹回改選 代議士銘鑑』43頁。
  5. ^ 「産業の北九州 九州電気軌道会社」『国民新聞』1924年(大正13年)8月25日。 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 産業(一般)(3-050)
  6. ^ 『西日本新聞社史』216頁。
  7. ^ 『東京時事新報』1924年(大正13年)1月22日。神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 議会政党および選挙(22-018)
  8. ^ 『官報』第4277号、大正15年11月25日。
  9. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』211頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『西日本新聞社史』(西日本新聞社七十五年史)西日本新聞社、1951年。
  • 青野権右衛門編『立憲政友会功労者追遠録』安久社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。
  • 『第拾壹回改選 代議士銘鑑』国華新聞社、1912年。