メインメニューを開く

寺内タケシとバニーズは、1966年に結成されたグループ・サウンズのバンド。1966年12月1日に、シングル「テリーのテーマ」でデビュー。1971年解散。グループ名の由来は[1]「リーダーである寺内タケシの干支が兎年であることから」

寺内タケシとバニーズ
荻野達也とバニーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
活動期間 1966年 - 1971年
レーベル キングレコード
リバティレコード
メンバー 荻野達也
井上正
黒沢博
鈴木義之
栗山正
旧メンバー 寺内タケシ
小野肇
輿石秀之

目次

メンバー編集

概要編集

寺内タケシとブルージーンズ(第1次)を脱退した「エレキの神様」寺内タケシによって1966年に結成され、同年12月にキングレコードから「テリーのテーマ」でデビュー。1967年に出したシングル「レッツ・ゴー・シェイク」がヒット、さらにアルバム「レッツゴー運命」で第9回日本レコード大賞編曲賞を受賞するとこの年から1968年にかけて「悪魔のベビー」「愛のリメンバー」「太陽野郎」などでヒットを連発した。

しかしその後、寺内と他のメンバーの間で音楽性の行き違いによって意見が対立し、結果的にバニーズは寺内から独立し、寺内はブルージーンズを再興する形で離脱した。バニーズはこれを機に「荻野達也とバニーズ」を名乗り、レコード会社も東芝リバティレコード)に移籍した。

その後もシングルやアルバムを出しながら活動を続け、1971年に解散。

近年になってメンバーだった大石吾朗、黒澤博、鈴木義之が寺内タケシとブルージーンズのライブに参加する形で、バニーズとしての活動を再開した形となっている。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. テリーのテーマ(1966.12.1)
    • 作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
  2. 帰らぬ誓い(1966.12.10)
    • 作詞:荻野達也/作曲:荻野達也/編曲:寺内タケシ
  3. 勧進帳(1967.3.1)
    • 編曲:寺内タケシ
  4. レッツ・ゴー・シェイク(1967.3.20)
  5. ライジング・ギター(1967.5.20)
    • 作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
  6. 悪魔のベビー(1967.8.1)
    • 作詞:ささきひろと/作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
      • 別題「悪魔のベイビー」。後に寺内企画(寺内が率いたプロダクション)所属のフィリピン人グループ・サウンズ、ザ・クラックナッツがカバー。
  7. 運命(1967.10.1)
    • 作曲:ベートーヴェン/編曲:寺内タケシ
      • アルバム「レッツゴー運命」からのシングルカット。
  8. 愛のリメンバー(1967.10.20)
    • 作詞:鈴木義之/作曲:鈴木義之/編曲:寺内タケシ
  9. 津軽じょんがら節(1967.11.1)
    • 編曲:寺内タケシ
      • 三橋美智也による三味線演奏との競演。キャッチコピーは“世紀の大対決!三橋美智也対寺内タケシ”
  10. 太陽野郎(1967.11.20)
  11. フィードバック・ギター(1968.1.20)
    • 作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
  12. 太陽の花(1968.3.10)
    • 作詞:ささきひろと/作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
  13. レッツ・ゴー・ブガルー(1968.5.20)
    • 作詞:ささきひろと/作曲:寺内タケシ/編曲:寺内タケシ
  14. 東京のサンセット(1968.9.20)
    • 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:寺内タケシ
      • この作品より名義が「荻野達也とバニーズ」に。レコードの上では、寺内も「ギター演奏」という形でゲスト参加。
  15. たそがれ(1969.1.20)
  16. ウスクダラ(1969.3.10)
    • 編曲:寺内タケシ
  17. ブルー・スター(1969.5.1)
  18. 金色のほほ(1970.3.5)
  19. 双子座の奇蹟(1970.10.5)
  20. 悲しき雨音(1971.3.25)
  21. 北風(1971.10.5)
    • 作詞:片桐和子/作曲:Rod Morris/編曲:荻野達也

アルバム編集

  1. バニーズ誕生!レッツゴー寺内タケシ(1966.12.10)
  2. 正調寺内節(1967.3.1)
  3. 世界はテリーを待っている(1967.6.20)
  4. レッツゴー「運命」(1967.9.10)
  5. バニーズ・ゴールデン・アルバム(1967.12.10)
  6. バニーズ・ゴールデン・コンサート(1968.4.20)
  7. 北風/バニーズの世界(1971.10.5)

関連項目編集

参考リンク編集

脚注編集

  1. ^ 近代映画 1967年12月号 近代映画社 130頁。