メインメニューを開く
自泉会館の寺田甚与茂像

寺田 甚与茂(てらだ じんよも、嘉永6年(1853年10月 - 昭和6年(1931年11月23日)は、日本実業家。弟は寺田元吉

略歴編集

大阪出身。江戸時代から創業した岸和田市の酒造業・寺田家の長男。質屋店員から一代で巨富を築き、寺田財閥を形成。1881年に国立五十一銀行創立委員となり、頭取も務めた。以後、南海鉄道岸和田紡績(後の大日本紡績、現・ユニチカ)などの各社長を歴任し、岸和田の近代化推進に貢献した。

甚与茂の死去後、長男の甚吉は南海鉄道、岸和田紡績などの社長を務めた。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]