メインメニューを開く

寺部 茂(てらべ しげる、1940年10月 - )は、日本化学者。専門は分析化学兵庫県立大学名誉教授。科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「構造機能と計測分析」研究総括。

高性能・超微量分離分析法であるキャピラリー電気泳動 (CE) 法を研究し、特に中性物質のCEによる分離を可能としたミセル動電クロマトグラフィー (MEKC) の研究・開発が知られる。

年譜編集

受賞編集

  • 1995年 - Martin Gold Medal (Chromatographic Society, UK)。
  • 1995年 - Frederick Conference on Capillary Electrophoresis Award (U.S.A.)。
  • 1996年 - 日本分析化学会 学会賞。
  • 1999年 - Golay Award。
  • 2001年 - 兵庫県科学賞。
  • 2004年 - ACS Award in Chromatography。
  • 2004年 - 日本電気泳動学会児玉賞。
  • 2008年 - 日本化学会賞。

参考文献編集

  • 久本秀明、「このひと―日本分析化学会会長に就任される 寺部茂氏」[1]、『ぶんせき』、2004年4号、p.216