兵庫県立大学

兵庫県の公立大学

兵庫県立大学(ひょうごけんりつだいがく、英語: University of Hyogo)は、兵庫県神戸市西区学園西町8-2-1に本部を置く日本公立大学である。2004年に設置された。大学の略称は「県大」。

兵庫県立大学
Univ-of-Hyogo-HimejiShosha-MainBldg01.jpg
姫路工学キャンパス本館
地図
大学設置/創立 2004年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人兵庫県立大学
本部所在地 兵庫県神戸市西区学園西町8-2-1
北緯34度40分41.7秒 東経135度03分7.6秒 / 北緯34.678250度 東経135.052111度 / 34.678250; 135.052111座標: 北緯34度40分41.7秒 東経135度03分7.6秒 / 北緯34.678250度 東経135.052111度 / 34.678250; 135.052111
キャンパス 神戸商科(神戸市西区)
姫路工学(姫路市
播磨理学(赤穂郡上郡町たつの市
姫路環境人間(姫路市)
明石看護(明石市
神戸情報科学(神戸市中央区
淡路緑景観(淡路市
豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(豊岡市祥雲寺)
神戸防災(神戸市中央区)
学部 経済学部
経営学部
国際商経学部
理学部
工学部
看護学部
環境人間学部
社会情報科学部
研究科 社会科学研究科
経済学研究科
経営学研究科
経営研究科
会計研究科
理学研究科
物質理学研究科
生命理学研究科
工学研究科
情報科学研究科
応用情報科学研究科
シミュレーション学研究科
看護学研究科
環境人間学研究科
減災復興政策研究科
緑環境景観マネジメント研究科
地域資源マネジメント研究科
ウェブサイト https://www.u-hyogo.ac.jp/
テンプレートを表示
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

概要編集

兵庫県立大学は2004年に誕生した大学である。かつて兵庫県に存在した、旧神戸商科大学・旧姫路工業大学・旧兵庫県立看護大学の3大学が統合された。前身校はそれぞれ関西ではよく知られた大学であったが、第二次世界大戦後は伝統を異にして発展した経緯から、大学としての一体感は醸成途上にある。公立大学としては、日本有数の歴史・日本最大級の規模を誇る。

学風および特色

兵庫県立大学には、6学部12研究科合わせて7つのキャンパスが存在する。このうち、神戸商科キャンパス・神戸情報科学キャンパス・明石看護キャンパスの3つを東地区、姫路工学キャンパス・播磨理学キャンパス・姫路環境人間キャンパス・淡路緑景観キャンパスの4つを西地区、と位置づけている。

全学共通教育(いわゆる教養課程に相当する)を中心に一部の授業を遠隔で行う。

統合により設立された経緯から、7つのキャンパスの位置が神戸から上郡と点在するため連絡手段が少なく、一部のクラブ・サークルを除き現実的な東西の学生の交流が乏しい。ゆえに学生からは東西交流の充実を望む声が挙がっている。

沿革編集

略歴編集

上記の通り、兵庫県立大学は兵庫県が設置する旧神戸商科大学・旧姫路工業大学・旧兵庫県立看護大学の3大学が2004年4月に統合し誕生。その際、新たに神戸ハーバーランドセンタービルに大学本部が置かれ、同時に大学院応用情報科学研究科も新設された。また、移行に際し旧神戸商科大学の商経学部経済学部経営学部に再編された。

統合以前編集

神戸商科大学編集

旧神戸商科大学は、旧制兵庫県立神戸高等商業学校を前身とする公立大学。 第二次世界大戦後における全国最初の公立新制大学および商経学部(経済・経営学科の2学科)の単科大学として1948年に発足した。 その後、管理科学科・国際商学科を増設し、4学科体制となる。キャンパスは神戸市垂水区の星陵台(高丸校舎)にあったが、1990年に同市西区神戸研究学園都市に移転された。

 
神戸商科キャンパス本部棟

※旧制兵庫県立神戸高等商業学校の設立の経緯

当時存在した旧制"官立"神戸高等商業学校が、学部のみの旧制神戸商業大学(現・神戸大学)に昇格することが決定し、兵庫県内に官公立の高等商業学校がなくなったことが発端。その結果、県下の中等学校(中学校商業学校)卒業生の進学先として、県により1929年に旧制"兵庫県立"神戸高等商業学校が新たに設置された。

姫路工業大学編集

 
発祥の碑
 
講堂(姫路環境人間キャンパス、旧制姫路高等学校講堂)

旧姫路工業大学は、兵庫県立高等工業学校、兵庫県立工業専門学校を前身として1949年に発足した。長らく工学部のみの単科大学であったが、1990年理学部を、1998年に環境人間学部を設置した。

  • 1944年 兵庫県立高等工業学校を神戸市長田区に設置、兵庫県立工業専門学校に改称
  • 1946年 姫路市伊伝居(現在は兵庫県立姫路工業高等学校の地)に移転。
  • 1949年 新制姫路工業大学発足。
  • 1950年 短期大学部開設。兵庫県立姫路工業高等学校を附属高等学校とした。
  • 1957年 短期大学部を兵庫県立姫路短期大学 (Himeji College, Hyogo) として分離独立。
  • 1965年 附属高等学校を兵庫県立姫路工業高等学校として分離独立。
  • 1965年 姫路短期大学が神戸大学姫路分校(旧制姫路高等学校)跡地(現在の兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス)に移転。
  • 1970年 姫路市書写にキャンパスを移転。
  • 1990年 理学部を新設。
  • 1991年 播磨科学公園都市キャンパス竣工。姫路市書写のキャンパスは「姫路キャンパス」とされた。
  • 1994年 姫路工業大学附属高等学校を播磨科学公園都市に新設(1965年に分離した姫路工業高等学校とは別の組織)。
  • 1998年 一般教育部と姫路短期大学を統合改組し、環境人間学部を設置。姫路キャンパスは書写キャンパスとされた。

兵庫県立看護大学編集

旧兵庫県立看護大学は、1993年4月に国公立大学初の看護系単科大学として開学。また、兵庫県立大学発足後の2004年12月には地域ケア開発研究所が設置された。兵庫県立大学発足前に入学した在学生の卒業・修了を終えた2009年3月に閉学している。

  • 1993年 国公立大学初の看護系単科大学として開学。
  • 1997年 大学院看護学研究科(修士課程)を設置。
  • 1999年 大学院看護学研究科(博士課程)を増設。

開学経緯編集

開学前編集

  • 2000年 県立大学検討懇話会にて、既存県立3大学のあり方を検討した結果、「統合が望ましい」との提言。
  • 2002年 「新県立大学設置準備委員会」設置(2003年4月からは「兵庫県立大学設置準備委員会」)。
2002年 公募を経て大学名が「兵庫県立大学」に決定と発表される。
  • 2003年 公募を経て学章が決定。

開学・開学後編集

  • 2004年 開学(旧神戸商科大学の商経学部4学科が経済学部2学科・経営学部2学科に。旧姫路工業大学の大学院理学研究科2専攻が物質理学研究科・生命理学研究科に、工学部の8学科が3学科に再編された。また、自然・環境科学研究所に新たな研究部門として宇宙天文系が設けられた)。大学院応用情報科学研究科が新設。地域ケア開発研究所が開所
  • 2007年 産学協同実験棟「インキュベーションセンター」が姫路書写キャンパス内に完成。大学院会計研究科(会計専門職大学院)を神戸学園都市キャンパスに、附属中学校を赤穂郡上郡町に、自然・環境科学研究所の新たな研究部門として「森林・動物系」を丹波市に、それぞれ設置
  • 2008年 ピコバイオロジー研究所が開所
  • 2009年 淡路キャンパス(現・淡路緑景観キャンパス)を開設、景観園芸研究科(専門職大学院)を設置
  • 2010年 大学院経営学研究科の博士前期課程を経営研究科(経営専門職大学院)に改組。経済経営研究所を政策科学研究所に改組
  • 2011年 本部を神戸学園都市キャンパス(現・神戸商科キャンパス)に移転。神戸ポートアイランドキャンパス(現・神戸情報科学キャンパス)を開設し、応用情報科学研究科を移転、シミュレーション学研究科を新設。大学院経済学研究科の夜間主コースを地域公共政策専攻(博士前期課程)に改組
  • 2013年 公立大学法人化(公立大学法人兵庫県立大学設立)
  • 2014年 豊岡市兵庫県立コウノトリの郷公園内に豊岡ジオ・コウノトリキャンパスを開設、地域資源マネジメント研究科(修士課程)および自然・環境科学研究所「地域資源マネジメント系」を設置
  • 2015年 姫路工学キャンパスは、工学部の建物が築後45年経過による老朽化とキャンパスの再構成のために建て替えが着工[1]
  • 2017年 神戸防災キャンパスを開設、大学院減災復興政策研究科を設置。大学附属高等学校・大学附属中学校を開校
  • 2019年 経済学部と経営学部を国際商経学部と社会情報科学部に改組
  • 2021年 大学院経済学研究科、大学院経営学研究科、大学院会計研究科、大学院経営研究科を大学院社会科学研究科に、大学院応用情報科学研究科、大学院シミュレーション学研究科を大学院情報科学研究科に、大学院物質理学研究科、大学院生命理学研究科を大学院理学研究科に改組

基礎データ編集

所在地編集

学部・大学院研究科編集

  • 神戸商科キャンパス(兵庫県神戸市西区学園西町8丁目2-1)
  • 姫路工学キャンパス(兵庫県姫路市書写2167)
  • 播磨理学キャンパス(兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2-1)
  • 姫路環境人間キャンパス(兵庫県姫路市新在家本町1丁目1-12)
  • 明石看護キャンパス(兵庫県明石市北王子町13-71)
  • 神戸情報科学キャンパス(兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1-28 計算科学センタービル内)
  • 淡路緑景観キャンパス(兵庫県淡路市野島常盤954-2)
  • 豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128)
  • 神戸防災キャンパス(兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5-2 人と防災未来センター東館内)

関係機関編集

象徴編集

  • 兵庫県立大学の学章はブルーとゴールドを基調とし、英称が書かれている。また、底部に開学年をローマ数字で表記している。
  • 兵庫県立大学の学歌は全国から公募した歌詞をもとに学長が歌詞補作を行い、作曲家の三枝成彰が作曲を行ったものである。

教育および研究編集

学部編集

  • 国際商経学部
    経済学部、経営学部を改組して2021年に開設。経済学コース、経営学コースは一括して、グローバルビジネスコースは単独で、学生募集(入学試験)を行う。経済学コース、経営学コースは2年次後期から分かれる。
    • 国際商経学科
      • 経済学コース
        • 経済理論・政策プログラム
        • 金融ファイナンスプログラム
      • 経営学コース
        • マネジメントプログラム
        • 社会イノベーションプログラム
      • グローバルビジネスコース
        • グローバルビジネスプログラム
  • 社会情報科学部
    経済学部、経営学部を改組して2021年に開設。
    • 社会情報科学科
  • 経済学部
    経済学部は学部で一括して学生募集をしており、学科の決定は2年生進級時に行う。
    • 国際経済学科
    • 応用経済学科
  • 経営学部
    経営学部は学部で一括して学生募集をしており、学科・コースの決定は2年生進級時に行う。
    • 組織経営学科
      • グローバル・マネジメントコース
      • 会計と情報コース
    • 事業創造学科
      • 事業創造(ベンチャー)コース
      • 事業支援(マーケットアナリシス)コース
  • 工学部
    • 電気電子情報工学科
      • 電気工学コース
      • 電子情報工学コース
    • 機械・材料工学科
      • 機械工学コース
      • 材料工学コース
    • 応用化学工学科
      • 応用化学コース
      • 化学工学コース
  • 理学部
    公立大学の理学部としては31年ぶりの開設となった。ただし、工学基礎研究所(後の高度産業科学技術研究所)から移った一部の教員を除きほとんどの教員は公募に依り、前身組織の改組という形ではなく新規に設立された点において戦後初めてのケースであった。兵庫県の大型放射光施設SPring-8の誘致に呼応したもので、SPring-8における兵庫県専用ビームラインを管理・運営するなど、中型放射光施設ニュースバルを有する高度産業科学技術研究所ともども放射光を利用した研究・教育に大きな特質がある。
    • 物質科学科
      • 物性基礎コース
      • 物性コース
      • 物質コース
    • 生命科学科
      • 生体物性コース
      • 生体物質コース
      • 細胞コース
  • 環境人間学部
    人間環境学部を設置する大学は日本国内にいくつか存在するが、あえて「環境」を先にした名称の日本唯一の学部である。[2]「環境と人間の関わり」を土台として、2年生進級時に選択する各コースの専門分野を学ぶ。いわゆる文理融合の学部であるが、コースによってはっきり区別されていると言える。姫路工業大学時代は、工業大学に属する学部でありながら文系の学生もいるという変わった状態だった。
    • 環境人間学科
      • 環境システムコース
      • 健康創造コース
      • 環境デザインコース
      • 環境共生社会コース
      • 人間形成コース
      • 国際教養コース
      • 食環境栄養課程(管理栄養士養成課程)
  • 看護学部
    • 看護学科

大学院編集

※以下、特記していない専攻は博士前期課程博士後期課程

  • 社会科学研究科
    2021年4月開設。
    • 経済学専攻(博士課程)
    • 経営学専攻(博士課程)
    • グローバルビジネス専攻(修士課程)
    • 会計専門職専攻(専門職学位課程)
    • 経営専門職専攻(専門職学位課程)
      • 地域イノベーションコース(中小企業診断士登録養成課程を併設)
      • 医療マネジメントコース
      • 介護マネジメントコース
  • 経済学研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 経済学専攻
    • 地域公共政策専攻(博士前期課程)
      • 地域ガバナンスプログラム
      • 財政・税務プログラム
  • 経営学研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 経営学専攻(博士後期課程)
  • 工学研究科
    • 電気系工学専攻(以下、2015年4月まで)
    • 機械系工学専攻
    • 物質系工学専攻
    • 電気物性工学専攻(以下、2015年4月から)
    • 電子情報工学専攻
    • 機械工学専攻
    • 材料・放射光工学専攻
    • 応用化学専攻
    • 化学工学専攻
  • 理学研究科
    2021年4月に開設。
    • 物質科学専攻
    • 生命科学専攻
  • 物質理学研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 物質科学専攻
  • 生命理学研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 生命科学専攻
    • ピコバイオロジー専攻(一貫制博士課程)(平成31年度入学生から学生募集停止)
  • 環境人間学研究科
    • 環境人間学専攻
  • 看護学研究科
    • 看護学専攻
    • 共同災害看護学専攻(一貫制博士課程)
  • 情報科学研究科
    2021年4月開設
    • データ計算科学専攻
      • データ科学コース
      • 計算科学コース
      • 健康医療科学コース
      • 情報セキュリティ科学コース
  • 応用情報科学研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 応用情報科学専攻
  • シミュレーション学研究科
    2011年4月に開設、2021年4月学生募集停止
    • シミュレーション学専攻
  • 会計研究科
    2021年4月学生募集停止
  • 経営研究科
    2021年4月学生募集停止
    • 経営専門職専攻(MBA
  • 緑環境景観マネジメント研究科
  • 地域資源マネジメント研究科
    • 地域資源マネジメント専攻(修士課程・博士後期課程)

附属機関編集

  • 政策科学研究所(2010年開設)(旧・経済経営研究所(2004年開設))(神戸市西区学園西町 神戸学園都市キャンパス内)
  • 高度産業科学技術研究所(兵庫県赤穂郡上郡町光都 播磨科学公園都市キャンパスの近傍)
    SPring-8と同じ敷地内に隣接しビーム光源を共有する国内3番目の規模を有する放射光施設。

本研究所は1985年設立の工学基礎研究所がもととなっており、「光・量子科学技術」と「光応用・先端技術」の二大講座制(部門)を取っている。

2007年5月よりWHO研究協力センターの指定を受けている。
  • 金属新素材研究センター(姫路工学キャンパス内で兵庫県が運営)[4]

研究編集

21世紀COEプログラム編集

21世紀COEプログラムとして、2件のプロジェクトが採択された。

  • 2002年
    生命科学
    構造生物学を軸とした分子生命科学の展開
  • 2003年
    医学系
    ユビキタス社会における災害看護拠点の形成

グローバルCOEプログラム編集

グローバルCOEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2007年
    生命科学
    ピコバイオロジー:原子レベルの生命科学

学生生活編集

学生自治会・部活動・学園祭などについては、基本的には東地区と西地区で別に運営されている。

学園祭編集

  • 商大祭
    神戸商科キャンパスで行われる学園祭。大学統合後も伝統を引き継ぎ、神戸商科大学の略称を冠している。
  • 工大祭
    姫路工科キャンパスを中心に行われる学園祭。大学統合後も伝統を引き継ぎ、姫路工業大学の略称を冠している。
  • 欅まつり
    明石看護キャンパスで毎年5月に行われる学園祭。学生によるAED使用講座、足湯など、看護学部ならではといえる企画が多い。

スポーツ編集

  • 関西六公立大学総合競技大会が毎年秋に行われる。兵庫方:兵庫県大(旧神戸商大・旧姫路工大・旧姫路短大)、大阪方:大阪府大(旧大阪府大・旧大阪女子大)、京都方:京都府大の3チームに分かれて戦う。

大学関係者と組織編集

学長編集

理事長編集

大学関係者組織編集

  • 兵庫県立大学では、その背景からキャンパスごとに同窓会組織が異なっている。
    • 淡水会
      経済学部・経営学部の同窓会。
    • 姫路工業倶楽部
      工学部の同窓会。
    • 姫路工業大学理学部同窓会
      理学部の同窓会。
    • ゆりのき会
      環境人間学部の同窓会。姫路短期大学の同窓会でもある。
    • けやき会
      看護学部の同窓会。
    • 応用情報科学研究科の修了生が既に存在しているが、現在のところ、本人の希望があれば淡水会に入会できるようになっている。ただし、同研究科修了生の中で独自の同窓会組織の立ち上げを望む声もある。
  • 兵庫県立大学には、兵庫県立大学生活協同組合がある。これは、2007年9月1日に兵庫県立大学西部生活協同組合(旧姫路工業大学生活協同組合:1990年設立)と兵庫県立大学東部生活協同組合(旧神戸商科大学生活協同組合:1962年設立)が合併したものであり、法手続上の存続組合は兵庫県立大学西部生活協同組合である。
2004年4月の兵庫県立大学発足時に合併しなかったのは、神戸商科大学生協に3千万円を超える累積欠損金があったためであり、兵庫県立大学東部生活協同組合の累積欠損金が1千万円を切ったこともあり合併したという[5]

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

神戸商科キャンパス(大学本部)編集

 
神戸商科キャンパス

神戸市西郊の神戸研究学園都市に位置し、大学本部が置かれる。通称:「学都(がくと)」。同都市内外の近隣の大学と神戸研究学園都市大学交流センター(大学共同利用施設「UNITY」)を中心に交流がある。

神戸情報科学キャンパス編集

ポートアイランドの計算科学センタービル内に位置する。

姫路工学キャンパス編集

 
姫路工学キャンパス

姫路市街近郊の書写山の麓に位置する。前身の姫路工業大学の本部と工学部が長年に渡り所在した経緯から、西地区の中心的キャンパスであり、クラブ・サークルも数多く存在する。通称:「書写(しょしゃ)」。理学部と環境人間学部の1年生も通うため学生数が多い。地形からキャンパス内に階段が多い。

播磨理学キャンパス編集

 
播磨理学キャンパス

相生市北郊、播磨高原の一部を切り開き造られた播磨科学公園都市に位置する。兵庫県立大学附属中学校・高等学校とも近接。住所地名から「光都(こうと)」と呼ばれる。大型放射光施設SPring-8を中心に国や企業の研究機関が近隣に存在。交通の便の悪さや県外出身者も多いことから、一人暮らしや自動車を所有する学生が多く、兵庫県立大学のキャンパスの中で唯一近接区域に学生寮が設置されている。また近隣に学生向けの住宅が少なく、学生寮(後述)に入居していない学生の多くは、姫路・たつの(竜野駅本竜野駅周辺)・相生などから通学。

姫路環境人間キャンパス編集

 
姫路環境人間キャンパス

姫路市街、姫路城城下町の一角、新在家に位置する。 旧制姫路高等学校本館と講堂は、登録有形文化財に登録されている。キャンパス内には姫路市の保存樹となっているユリノキがあり、同窓会名の由来となっている。通称:「新在家」または「環境人間」。

元は旧制姫路高等学校のキャンパスで、1949年学制改革により神戸大学姫路分校となる。その後1965年に分校が神戸大学のある六甲台に統合移転したため、跡地に兵庫県立の姫路短期大学が移転。附属幼稚園も設置され、幼稚園跡地には環境人間学部のキャンパスとなった(現在もその面影が残る)。

明石看護キャンパス編集

 
明石看護キャンパス

神戸市西区に隣接する明石市域に位置する。学部のキャンパスではもっとも学生数が少ない。建築家安藤忠雄が設計した。

淡路緑景観キャンパス編集

淡路島に位置するキャンパス。設置されている研究科は兵庫県立淡路景観園芸学校の専門課程を大学院として改組したもの。 なお、この研究科は全寮制である。

豊岡ジオ・コウノトリキャンパス編集

豊岡市兵庫県立コウノトリの郷公園内にあるキャンパスである。

神戸防災キャンパス編集

神戸市の人と防災未来センター東館内にあるキャンパスである。

サテライトキャンパス編集

  • 三宮教室
    JR西日本東海道本線(JR神戸線)三ノ宮駅西口の神戸交通センタービル(兵庫県立神戸学習プラザ内)に入居している。
    主に経済学研究科・経営学研究科のサテライト教室として利用されている。

対外協定編集

  • 事業連携に関する協定(2005年締結)
    • 養父市商工会と経営学部との間において締結。
  • 姫路信用金庫と連携して中小企業を対象にした「ひめしん研究開発支援助成金」を創設(2005年)。2005年2月に締結した産学連携協定を受けた制度。
  • 西兵庫信用金庫と産学連携センターは地域産業の活性化を目標に産学連携協定に調印(2005年)

地方自治体との協定編集

  • 産官学連携協力の推進に係る協定(2004年締結)
  • 教育研究活動の推進とまちづくりに関する協力・連携協定(2006年締結)
  • 連携協力に関する協定(2006年締結)
    • 宍粟市と産学連携センターとの間において締結。

他大学との協定編集

学術交流協定校編集

アメリカ

ドイツ

カナダ

インド

インドネシア

ルーマニア

イタリア

ブラジル

オーストラリア

タイ

中国

韓国

バングラデシュ

企業からの評価編集

出世力編集

ダイヤモンド社の2006年年9月23日発行のビジネス誌「週刊ダイヤモンド」94巻36号(通巻4147号)「出世できる大学」と題された特集の出世力ランキング(日本の全上場企業3,800社余の代表取締役を全調査[6][7][8])で、同大学は、2006年時点で存在する744大学[9] 中第11位[10] にランキングされた。

附属学校編集

不祥事編集

大学による不祥事編集

  • 2018年8月28日 - 工学部後期入試で出題にミスがあったことが、合格発表から5か月経って発表された。実験や研究などでキャンパスにいた学生からも「大切な半年間を奪われ、本当に気の毒」など、厳しい声が噴出した。2017年度一般入試大阪大学京都大学が多数の追加合格者を出した問題が起きていただけに批判された[11]

教職員による不祥事編集

  • 2012年3月19日 - 工学研究科の男性教授(60歳)が、2010年春から、指導を受け持つ男子大学院生に対し、研究テーマの内容を説明しないといった行動を繰り返した。男子大学院生は体調を崩し、10月に研究室の変更を申し出たが、教授は面談で「もう二度と目の前に出てくれるな」「卒業の保証はしない」と発言するなど、威圧的な言動を取ったという。男子大学院生は2011年3月に中退した。男子大学院生は、教授とのやりとりをICレコーダーに録音しており、別の教員に相談し発覚。男性教授は以前にも、学生の就職活動を巡ってトラブルを起こした経緯があり、2011年10月から指導教官を外されている。暴言については「言ったかもしれない」としているが、指導自体については「見解の相違だ」と話しているという。大学は2012年3月19日付で男性教授を停職(3ヵ月)の懲戒処分とした[12]
  • 2015年12月4日 - 環境人間学部の男性教授(60代)が、女子学生1人に対してセクシャルラスメントに該当する発言(「キスして」と受け取られるような発言)をし、別の女子学生2人に対して多数のメールを送信し、精神的苦痛を与えた。女子学生からの申し立てにより発覚。大学は男性教授を12月4日付で停職(3ヵ月)の懲戒処分とした[13]
  • 2016年9月9日 - 工学研究科の男性教授(50代)が、大学院工学研究科に所属する男子学生に対し、土曜日に研究室に出てくることの必要性を説明せず、結果として土曜日に出てくることを強要したり、輪講やミーティングにおいて、他の研究生の前で罵声を浴びせたり、廊下まで響き渡るほどきつい口調で厳しく叱責したこと及び国際論文の指導で厳しく叱責し、このようなことが相まって男子学生は自分に対する評価が低いと受け止め、当該教員の下では博士号を取得できないと不安を感じるなど精神的にダメージを受けて病気となり、病気で1カ月休養せざるを得なくなった状態にせしめた。このようなアカデミックハラスメント行為が発覚し、男性教授は9月9日付で停職(1ヵ月)の懲戒処分[14]
  • 2018年2月16日 - 県知事部局から派遣されていた男性職員(52歳)が、2017年まで4年連続で大学入試センター試験当日、会場となった本学で倉庫にあった灯油を自家用車に積み込み、盗むという行為を繰り返していた。普段は姫路市のキャンパスまで公共交通機関で通勤していたが、試験当日は早朝から準備があるため車で通勤しており、盗みに使用した。センター試験の実施日だった2017年1月14日、同僚が男性職員の車に積まれたポリタンクを見つけて後日、本人を問い詰めたことで問題が発覚。2018年2月16日、大学は男性職員を停職(6ヵ月)の懲戒処分とした。同日、男性職員は依願退職[15]
  • 2018年10月9日 - 10月9日、地域ケア開発研究所の准教授が公的研究費を不正使用(目的外使用)している疑いがあるとの告発があった。不正に支出された研究費は科学研究費助成事業科研費)330,261円[16][17]
  • 2021年3月5日 - 大学院工学研究科の男性助教が、2019年11~12月、自身の研究室で計4回、工学部の女子学生を指導。その際、女子学生の顔から首筋までを両手の手のひらで触ったり、指で腹部をつついたりしたという。さらに指導後には「これ面白くないか?」などと言いながら、全国のラブホテルが掲載された写真集を女子学生に見せた。同年12月、女子学生が大学側に訴え、男性助教の行為が発覚。2021年3月5日、大学は男性助教を停職(3ヵ月)の懲戒処分にしたと発表した[18][19]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 姫路工学キャンパス学舎の建て替えについて”. 兵庫県立大学 (2014年12月1日). 2015年1月22日閲覧。
  2. ^ ただし、公式英称はSchool of Human Science and Environmentで、「人間科学」が先に来る。
  3. ^
  4. ^ 日刊工業新聞』、「兵庫県、姫路に金属新素材研を4月新設 中小の開発支援」 (2019年1月9日付・地域経済面)、「ひょうごメタルベルト」構想始動/金属新素材研究センター来月開所/兵庫県大に開設(2019年3月13日付・広告特集) 。
  5. ^ 兵庫県生活協同組合連合会『兵協連だより』VOL437 2007年10月 想点 による。
  6. ^ 小樽ジャーナル
  7. ^ 週間ダイヤモンド「大学出世ランキング」
  8. ^ 週刊ダイヤモンド「出世できる大学」 神戸商科大学は5位、大阪市立大学は27位 大阪府立大学は14位
  9. ^ 大学数・学生数|国立大学協会
  10. ^ 週刊ダイヤモンド 出世できる大学ランキング
  11. ^ 受験生「何を信じたら…」 兵庫県立大入試ミス”. 神戸新聞 2018/8/28 20:55. 2020年7月31日閲覧。
  12. ^ 「卒業保証しない」教授のアカハラ言動録音あり”. 読売新聞 2012年3月20日. 2020年7月31日閲覧。
  13. ^ 兵庫県立大学教員の懲戒処分について”. 公立大学法人兵庫県立大学 平成27年2月4日. 2020年7月31日閲覧。
  14. ^ 兵庫県立大学教員の懲戒処分について”. 公立大学法人兵庫県立大学 平成28年9月9日. 2020年7月31日閲覧。
  15. ^ センター試験日に灯油盗、4年連続で…兵庫県立大、男性職員を処分”. 産経新聞WEST 2018.2.16 22:24. 2020年7月31日閲覧。
  16. ^ 兵庫県立大学における公的研究費の不正使用について(PDF:108KB)”. 文部科学省研究振興局振興企画課競争的資金調整室. 2020年7月31日閲覧。
  17. ^ 公的研究費の不正使用について”. 公立大学法人兵庫県立大学 令和2年3月31日. 2020年7月31日閲覧。
  18. ^ 兵庫県立大の助教がセクハラで停職3カ月”. 神戸新聞 2021/3/5 16:57. 2021年6月9日閲覧。
  19. ^ 兵庫県立大学教員の懲戒処分について”. 兵庫県立大学. 2021年6月9日閲覧。

外部リンク編集