ガイウス・マリウス (紀元前82年の執政官)

小マリウスから転送)

ガイウス・マリウスラテン語: Gaius Marius, 紀元前109年/紀元前108年 - 紀元前82年)は、共和政ローマ期の軍人、政治家。ポプラレス(民衆派)の指導者。

Rmn-social-header-1-.svg
ガイウス・マリウス・ミノル
Gaius Marius Minor
渾名 小マリウス(Marius Minor)
出生 紀元前108年
死没 紀元前82年
死没地 プラエネステ
出身階級 プレブス
一族 無名の一族(ノウス・ホモ
氏族 マリウス氏族(父方)
ユリウス氏族(母方)
官職 執政官(紀元前82年)
指揮した戦争 ローマ内戦紀元前87年
テンプレートを表示

民衆派の指導者であるガイウス・マリウス大マリウス)の息子であり、父と区別して小マリウスMarius Minor)の名でも知られる。

生涯編集

紀元前108年[注 1]、大マリウスとユリア・カエサリアの子として生まれる。法務官マルクス・マリウス・グラティディアヌス英語版は父方の従兄弟、独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルは母方の従兄弟[1]、執政官クィントゥス・ムキウス・スカエウォラ・アウグルは母方の祖父にあたる[2]。後に元老院議員ルキウス・リキニウス・クラッススの娘で、同じスカエウォラ・アウグルの孫にあたるルキニアと同族婚を結んでいる。他に幼馴染にティトゥス・ポンポニウス・アッティクスマルクス・トゥッリウス・キケロがおり、キケロは父と同じアルピヌム出身でもある。

父の大マリウスはキンブリ・テウトニ戦争での歴史的な勝利によって民衆派の指導者として絶大な権力を持ち、小マリウスもその後継者として育てられた。支持者からは軍神マルスの子と持ち上げられたが[3]、実際には父に比べて戦向きの事は不得手であった。プルタルコスによれば小マリウスは美男子として知られており[4]、むしろ女神ウェヌスの子(「女たらし」という意味の隠語)と言われたという[3]

紀元前88年、閥族派のルキウス・コルネリウス・スッラが執政官に選出された事に民衆派の護民官プブリウス・スルピキウス・ルフス英語版が大マリウスを指導者にクーデターを起こし、民衆派と閥族派の内戦が発生した。小マリウスは内戦中にスッラ軍がローマを占領した際、父の命令で祖父スカエウォラの下に物資を取りに向かっているが、輸送に手間取って追手に捕らえられそうになり、やむなく単身でアフリカ属州に亡命している[2]。アフリカではかつて父がユグルタ戦争で戦ったヌミディア王国のイアンプサス王に庇護されたが、しかし扱いとしては殆ど人質に近く宮殿から立ち去る事も許されなかった[4]

小マリウスはイアンプサスの妻を篭絡してヌミディアから逃れる手助けを受け、父と合流してケルキラ島に身を隠した[4]紀元前87年、父がローマでスッラに反旗を翻した執政官ルキウス・コルネリウス・キンナから執政官代理に指名されると、マリウス父子はイタリアに上陸してローマを奪還した。大マリウスは閥族派や自身を裏切った民衆派議員への粛清を行い、7期目の執政官に選出された。紀元前86年、大マリウスが死去。後継者である小マリウスはまだ青年であった事からキンナが民衆派の指導者となったが、スッラ率いる閥族派との戦いは苦戦が続いた。

紀元前84年、キンナの死によって小マリウスが民衆派の指導者となった。軍事的経験やカリスマ性を持たなかった事から亡父の威光を楯に支持を獲得したと伝えられている。紀元前82年、若くして執政官に選出され、父の部下であったグナエウス・パピリウス・カルボ英語版を同僚執政官とした。同年にローマに再度進軍するスッラ軍とサクリポルトゥスで相対したが敗れ、プラエネステへ退いて籠城した。スッラ軍のレガトゥス(総督代理)であったクィントゥス・ルクレティウス・オフェッラ(en)によってプラエネステは完全に包囲され、陥落を前にして自害した。小マリウスの自決後、プラエネステの男性市民が虐殺されたと伝わっている。

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ プルタルコス, p. 248-249.
  2. ^ a b プルタルコス, p. 290-291.
  3. ^ a b プルタルコス, p. 308-309.
  4. ^ a b c プルタルコス, p. 299-300.

注釈編集

  1. ^ 紀元前109年との記述もある

関連項目編集

公職
先代:
ルキウス・コルネリウス・スキピオ・アシアティクス
ガイウス・ノルバヌス
執政官
同僚:グナエウス・パピリウス・カルボ III
紀元前82年
次代:
マルクス・トゥッリウス・デクラ
グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ