メインメニューを開く

小串 容子(おぐし ようこ)は、日本の元声優女優1960年代後半にデビューしてから1970年代に主に活動していた。『ゲゲゲの鬼太郎(2作目)』の猫娘役だった事で現在も知られている。

おぐし ようこ
小串 容子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗日本
職業 声優女優
事務所 俳協青二プロダクション(最終)
活動
活動期間 1960年代 - 1970年代
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

人物編集

ゲゲゲの鬼太郎』の第1作で砂かけ婆役にて準レギュラーとなり、第2作ではレギュラーヒロインとなった猫娘を担当した。

1970年代の末に引退後、二十数年間消息がまるで聞かれなかったが、『鬼太郎 (第1作・第2作)』で共演していた野沢雅子大塚周夫らの証言(DVDBOX付属の解説ブックの対談)によると、1980年代フランスへ渡ってそのまま現在も居住しているとのことで、これは野沢雅子、田の中勇、大塚周夫、山本圭子永井一郎八奈見乗児ら同時期から活動を続けていた業界関係者、特に小串と共演の多かった役者の間ではよく知られていた。

出演作品編集

テレビアニメ編集

1966年

1968年

1971年

1972年

劇場アニメ編集

1969年

テレビドラマ編集

特撮編集

出典編集

  1. ^ ゲゲゲの鬼太郎(第2期)”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  2. ^ 魔法使いチャッピー”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。