メインメニューを開く

小佐井 伸二(こさい しんじ、1933年1月5日 - 2009年2月23日)は、作家フランス文学者

人物編集

東京出身。京都大学文学部仏文科卒、同大学院博士課程中退。

1961年「沈める寺」を『新潮』に発表して作家デビュー。その翌年の1962年「雪の上の足跡」で芥川賞候補。京都大学文学部助手、青山学院大学文学部助教授、教授。フランス文学のほか美術研究を翻訳、また『文藝』などに小説を書いた。2000年に青山学院大を定年退職し、名誉教授となる[1]。大学の教え子だった声優の鈴木弘子と結婚していたことがある[2]

2009年食道癌の為、神奈川県川崎市の私邸にて逝去。76歳没。

著書編集

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 小佐井伸二先生略歴 (小佐井伸二先生退任記念号)青山フランス文学論集 2000
  2. ^ 中平まみ『天気の話は致しません』171p