本来の表記は「小出英筠」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

小出 英筠(こいで ふさたけ(ふさもと))は、丹波園部藩の第7代藩主。吉親系小出家7代。

 
小出 英筠
Koide Fusatake.jpg
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永3年12月7日1775年1月8日
死没 文政4年5月10日1821年6月9日
官位 従五位下信濃守伊勢守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
丹波園部藩主
氏族 小出氏
父母 父:小出英常、母:井伊直存
兄弟 英筠英信、娘(稲垣定淳正室)、娘(立花鑑門継室)、娘(小出英俊室)
正室:松平頼謙娘・鑑
継室:分部光賓
祐英(長男)、英発(次男)、祐順(三男)、定(稲垣長剛正室)
テンプレートを表示

生涯編集

第6代藩主・小出英常の長男。母は井伊直存の娘。正室は松平頼謙の娘・鑑。継室は分部光実の娘。

安永4年(1775年)、父の死去により2歳で跡を継ぐ。天明7年(1787年)11月、天明の大飢饉が原因で大規模な百姓一揆が起こり、その鎮圧と解決に努めた。藩財政窮乏化のため、タバコの専売制を実施し、さらに藩校・教先館を設立する。財政改革にはあまり効果がなかったが、文化的には発展した。

文政4年(1821年)5月10日、48歳で死去し、跡を次男の英発が継いだ。