メインメニューを開く
コジマ > 小島勝平

小島 勝平(こじま かつへい、1936年昭和11年)1月28日-2007年平成19年)4月24日)は元コジマ代表取締役社長

こじま かつへい
小島 勝平
生誕 1936年1月28日
栃木県宇都宮市
死没 2007年4月24日
住居 栃木県宇都宮市
国籍 日本の旗 日本
出身校 宇都宮商業高校
職業 実業家
活動期間 1955年~2007年
団体 (株)コジマ
著名な実績

1997年に家電量販店売上高日本一を達成。

2001年に家電量販店初の売上高5,000億円超を達成。
活動拠点 栃木県宇都宮市
肩書き コジマ代表取締役社長
任期

1955年~2002年代表取締役社長

2002年~2007年代表取締役会長
後任者 小島章利
子供 小島章利
親戚 前原章宏とりせん会長)
公式サイト http://www.kojima.net/

目次

略歴編集

  • 1936年(昭和11年) - 栃木県宇都宮市に生まれる。
  • 1954年(昭和29年) - 宇都宮商業高校を卒業
  • 1955年(昭和30年) - 栃木県宇都宮市に小島電気商会を創業
  • 1963年(昭和38年) - 株式会社小島電機設立。
  • 1972年(昭和47年) - 多店舗化
  • 1984年(昭和59年) - 県外初進出
  • 1993年(平成5年) - (株)コジマに社名変更。
  • 1996年(平成8年) - 東京証券取引所第二部上場。
  • 1997年(平成9年) - 家電量販店売上高日本一を達成。
  • 2001年(平成13年) - 家電量販店初の売上高5,000億円超を達成。
  • 2002年(平成14年) - 2代社長に小島章利が就任。
  • 2007年(平成19年) - 多忙のなか肺炎のため急逝。

解説編集

小島勝平は、1955年4月に栃木県宇都宮市で小島電気商会を創業、 家電の安売り販売を開始。 1963年より法人化して(株)小島電機を設立。

小島電機は栃木県内で1972年から多店舗化へ展開、 店舗網を拡充して大量販売。 1984年から栃木県外に進出し多店舗展開、 1985年までに中堅家電販売店へ成長。 小島勝平は全国一の家電量販店激戦区北関東YKK [1]で、 群馬県ヤマダ電機山田昇)、 茨城県ケーズデンキ加藤修一)、 栃木のヌマニウ、第一家電と 家電量販店の激しい価格競争、出店競争。

低価格路線を放棄したヤマダ電機の苦戦となり、対照的に 「安値日本一への挑戦」を追求したコジマは 1990年代を通じて売り上げを伸ばし、 激しい競争の中で成長、1996年に東京証券取引所上場を果たす。

競争を繰り広げてきたコジマが、 1㎡あたりの売上高が他社を圧倒し、全国一へ急成長、 1997年にベスト電器を抜いて、家電量販店1位に躍進した。 そして2001年に 家電量販店初の売上高5,000億円超を成し遂げた。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 北関東の風雲児、群馬・山田昇のヤマダ電機と茨城・加藤修一のカトーデンキ、 そして、栃木・小島勝平のコジマ電機の、3大家電量販店を北関東YKKという。
先代:
 
コジマ社長
1955年 - 2002年
次代:
小島章利
先代:
 
コジマ会長
2002年 - 2007年
次代:
小島章利