小林 やす(こばやし やす、生年不明 - 1964年5月29日昭和39年〉)は、長寿日本一とされていた山梨県大月市女性。公式の生年月日は1846年3月2日弘化3年2月5日)となっていたが、その長寿記録は老年学研究者団体ジェロントロジー・リサーチ・グループ (GRG) によって認定されていない[1]。資料によっては小林 やそ小林 やとという表記も見られる。

こばやし やす
小林 やす
生誕不詳?
1846年3月2日?(弘化3年2月5日?)
日本の旗 日本
死没1964年5月29日昭和39年)
享年:118?
日本の旗 日本山梨県大月市
死因脳卒中
住居大日本帝国の旗 大日本帝国日本の旗 日本
国籍大日本帝国の旗 大日本帝国日本の旗 日本
別名小林 やそ または 小林 やと
(※資料によって異なる)
時代江戸時代末期? - 昭和時代中期
著名な実績1983年(昭和58年)9月26日泉重千代に更新されるまで日本の最高齢記録保持者とされていた。

人物編集

小林が生まれたとされる弘化3年(1846年)生まれには、徳川家茂江戸幕府第14代将軍)、和宮親子内親王などがいる。

大月市役所保存の小林の戸籍によると、38歳を迎える直前とされる明治17年(1884年)2月27日付で山梨県東山梨郡平等村(現在の山梨市)雨宮重右衛門同妻不詳の次女、弘化3年2月5日(1846年3月2日)生まれとして、同県北都留郡広里村(現在の大月市真木)天野畑右衛門のところに養女として入籍したことになっている。彼女の初婚は50歳、再婚は55歳とされる時であり、63歳とされる明治42年(1909年)10月、小林倉造と3度目の結婚をした[2]

1963年(昭和38年)5月、当時の内閣総理大臣池田勇人から表彰を受ける。

1964年(昭和39年)1月に中風を患い、右半身が麻痺になる。同年5月から風邪を引き入院。27日には肺炎を起こした。29日脳卒中のため死去した。前述の生年月日が正しいとすると118歳[注 1]であった。この年齢が仮に事実だとすると、弘化、嘉永安政万延文久元治慶応明治大正、昭和と10の元号を生きたことになる(ただし明治前は一世一元ではなく数年単位の改元であり、生きた元号の多さ = 寿命の長さではない)。

1983年(昭和58年)9月26日泉重千代(1986年〈昭和61年〉死去)に更新されるまで日本の最高齢記録保持者とされていた[3]。ただし、ジェロントロジー・リサーチ・グループ (GRG) を参考に認定を行っているギネス世界記録は小林の記録をこれまでに一度も正式な記録として認定したことはなく、また信憑性に疑問があった泉の記録も2012年(平成24年)に取り消している(詳細は「泉重千代」の項目を参照)。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 118歳88日(43,187日)没。

出典編集

  1. ^ Deaths In The 1960s (in Chronological Order) (as of September 7, 2014)” (英語). ジェロントロジー・リサーチ・グループ. 2020年10月29日閲覧。
  2. ^ 『西医学』第29巻第7号(1967年1月号)[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 「泉さん"長寿日本記録"」『中日新聞』1983年(昭和58年)9月26日付