メインメニューを開く

小林 圭二(こばやし けいじ、1939年 - 2019年5月27日[1])は、日本の工学者関東州(現・中国大連市出身。

経歴・人物編集

1953年埼玉県熊谷市引き揚げる。

京都大学工学部原子核工学科卒業。京都大学原子炉実験所(現・京都大学複合原子力科学研究所助手を経て、2002年に同講師2003年、定年退職。

当初は原子力発電の実用化を推進する立場で研究していたが、やがて批判に転じる。

1973年四国電力伊方原子力発電所1号建設に反対する住民訴訟を支援。高速増殖原型炉もんじゅの設置許可の無効確認を求めた行政訴訟(もんじゅ訴訟)では、原告特別補佐人、証人を務めている。

2019年5月27日、膵臓癌などのため死去[1]

著書編集

単著編集

  • 『高速増殖炉もんじゅ 巨大核技術の夢と現実』(1994年七つ森書館
  • 『動かない、動かせない「もんじゅ」 高速増殖炉は実用化できない』(2010年、七つ森書館)

共著編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 元京大原子炉6人組の一人 小林圭二さん死去80歳” (日本語). 毎日新聞. 2019年5月27日閲覧。

関連項目編集