メインメニューを開く

小林酒造株式会社(こばやししゅぞう)は北海道夕張郡栗山町の酒造メーカーである。

小林酒造株式会社
Kobayashi brewing1.JPG
小林酒造のレンガ倉庫
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
069-1521
北海道夕張郡栗山町錦3丁目109
設立 1878年
業種 食料品
法人番号 5430001047281
事業内容 酒造・酒販など
代表者 代表取締役社長 小林 米孝
資本金 5000万円
売上高 2億80百万円(2011年3月31日現在)
従業員数 15人(2011年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 小林米孝 95%、小林本店 5%
主要子会社 小林本店
外部リンク http://www.kitanonishiki.com/
テンプレートを表示
記念館中庭に設置されているタンク

目次

歴史編集

  • 1878年(明治11年)札幌のすすきの近くで創業。のち製造量増加に伴い豊富な水と広大な土地を求め、1891年(明治34年)栗山に工場移転、現在に至る。『北の錦』が主力商標であるが、その名は「北の地でを飾る」という初代、小林米三郎の意気込みから来ている。
  • 2003年度の全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所が発表)において、道産米100%の日本酒で金賞を受賞。
  • 築100年になるレンガ・石(札幌軟石)造りの蔵は造り酒屋としては全国でも珍しく、蔵をはじめ住宅を含めた13棟が国の登録有形文化財に登録されている。その一部を活用したコンサートホール『なつかしホール』が1999年加藤登紀子による「ほろ酔いコンサート」をこけら落としに各種行事に利用されている。
  • なお、一時期、小林本店札幌本店内に札幌営業所を置いていた。

酒蔵の特徴編集

  • 北海道産米の使用: 近年創出された、北海道の酒米「吟風(ぎんぷう)」、「彗星(すいせい)」を積極的に使用した日本酒を造っている。
  • 古い蔵の活用: 北海道の気候と空調が無くても安定した古蔵を利用して古酒製品を、純米酒で5年、原酒1-2年、大吟醸3年を目安に熟成させている。
  • 活性炭による調整の廃止: 活性炭調整を廃し、日本酒本来の色、風味を残す製法による、山吹色の酒を製造。
  • 道内各地の水を使用: 所在地の水に拘らず、酒によって一番合うと思われる水を使用する。
  • 全量特定名称酒: 2007年より全商品を特定名称酒にしている。

関連項目編集

関連会社編集

外部リンク編集