銚子市

日本の千葉県の市町村自治体

銚子市(ちょうしし)は、千葉県の北東部に位置する

ちょうしし ウィキデータを編集
銚子市
Choshi Montage 2.jpg
Flag of Choshi, Chiba.svg 千葉県銚子市市章.svg
銚子市旗 銚子市章
1934年1月15日告示
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
市町村コード 12202-5
法人番号 6000020122025 ウィキデータを編集
面積 84.20km2
総人口 56,981[編集]
推計人口、2021年11月1日)
人口密度 677人/km2
隣接自治体 旭市
香取郡東庄町
茨城県神栖市
市の木 サザンカ
市の花 オオマツヨイグサ
市の魚 イワシ
銚子市役所
市長 越川信一
所在地 288-8601
千葉県銚子市若宮町1番地1
北緯35度44分4.7秒 東経140度49分36.4秒 / 北緯35.734639度 東経140.826778度 / 35.734639; 140.826778座標: 北緯35度44分4.7秒 東経140度49分36.4秒 / 北緯35.734639度 東経140.826778度 / 35.734639; 140.826778
Choshi city hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

銚子市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

市庁舎位置
 表示 ウィキプロジェクト

関東地方および千葉県最東端[注 1]。市域は利根川下流および河口の南岸で、銚子ジオパーク[1]海岸部水郷筑波国定公園に指定されている。醤油など醸造関連遺産は近代化産業遺産港町の歴史的町並みは日本遺産に認定されている[注 2]犬吠埼灯台、旧霧笛舎、旧倉庫は国の重要文化財に指定されている[注 3]

概要編集

 
犬吠埼からの日の出

古くから港町として栄え、日本一の水揚げ量である特定第3種漁港銚子漁港を有し、全国の水産物流通拠点の役割を担う。3つの卸売市場を中心に水産会社、水産加工場、水産物冷凍冷蔵庫、水産問屋・仲買業者、関連運送業者などが集積している日本有数の水産都市である[2]。また、利根川の河川舟運で栄えた醤油の五大名産地の一つであり[3]、最上醤油の銘柄を持つヤマサ醤油が本社を置くことで知られる。

中世坂東三十三観音霊場二十七番札所である飯沼観音の表参道として栄え、近世には利根川水運が開発されたことにより、銚子の醤油醸造を中心に工業水産業流通業が盛んとなり、東北地方江戸を結ぶ利根海運の重要な交易都市として発展した[4]。銚子市が誕生したのは1933年(昭和8年)で、県庁所在地千葉市に次ぎ県内2番目の市制施行である[5]

犬吠埼屏風ヶ浦君ヶ浜など全国有数の景勝地をもつ観光都市であり、銚子駅を中心とした市街地と観光地は全長6.4kmの銚子電気鉄道で結ばれている。 犬吠埼は日本一早い初日の出スポットとして知られ[注 4]1月1日未明から早朝にかけて約5万人が訪れる[6]

1874年(明治7年)に竣工した犬吠埼灯台は日本を代表する灯台の一つで、国産煉瓦を使用した最古の西洋式灯台として歴史的文化財的価値が高く、国の重要文化財及び海上保安庁のAランク保存灯台に指定されている。世界灯台100選にも選ばれており、日本に5つしかない最大の1等4面フレネル式閃光レンズを使用した第1等灯台である[7]

銚子半島の海岸の黒生から犬若にかけての海岸では、中生代ジュラ紀から白亜紀恐竜時代の地層を見ることができる[8]犬吠埼は1億2000万年前の地層であり、この時代の浅い海の海底の痕跡を数多くみることができる学術的な貴重な地層となっている。このため「白亜紀浅海堆積物」として国の天然記念物に指定されている[9]

風光明媚な海岸は数々の文人墨客を魅了し、江戸時代には作家書家画家詩人東国三社参詣と合わせて銚子の磯巡りに訪れ、多くの文学作品絵画が銚子に残されている[10]。海岸沿いは国木田独歩竹久夢二佐藤春夫文人墨客の歌碑、詩碑が多く立っている。

犬吠埼周辺の海岸沿いには源泉が湧出し、多くの観光ホテルが立ち並んで温泉街を形成している。

温暖な海洋性気候であり、避暑地や避寒地に適した気候となっている。気候を生かした農業も盛んで、露地野菜果物が栽培されている[11]

地理編集

 
利根川河口と銚子市街地

千葉県北東部に位置し、県庁所在地である千葉市から約65キロメートルの距離である。東京都都心から90 - 100キロメートル圏内である。

犬吠埼関東地方および関東平野の最東端に位置し、市の東部と南部は太平洋に面する。市の北部には利根川が流れており、銚子市で太平洋に注ぐ。

古くは、太平洋に突き出た砂岩安山岩でできた犬吠埼岩場があり、周りは海に囲まれていたが、利根川およびその支流の堆積物で陸地が形成され、さらに、それまでおもに江戸川へ流れていた利根川が江戸時代東遷事業により現在の流れに改められたことで、銚子半島の陸地化がさらに進み、現在の形の半島が形成された。この模様は銚子ジオパークで見ることができる[12]

利根川沿いの低地と北総台地(下総台地)からなり、表層は関東ローム層に覆われている。高神愛宕山(標高73.6メートル)は北総台地最高峰となっている。水田は台地山間の谷津田と利根川沿いに広がっており、地帯は台地の平坦部に位置し、比較的農業に適している。

市域編集

  • 広袤(こうぼう):東西16.2キロメートル、南北12.8キロメートル

気候編集

周囲が海に囲まれているため海洋性気候となっている。すなわち、湿度は高めであり、気温は年間平均気温が約15℃で夏涼しく冬暖かいといわれる。

夏場は、関東平野部の都市では珍しく日中でも30℃を超えることは少なく、35℃を超えることはめったにない。熱帯夜になることもあまり無く、関東屈指の避暑地と言える。一方、冬場は南九州並みに温暖で気温が氷点下になることはほとんどなく、が降ることは非常に珍しい。

また、年間を通して比較的風が強く、風力発電所の風車が34基稼働している。沖合では洋上風力発電の計画が発表されている[13]

銚子市川口町(銚子地方気象台、標高20m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 23.6
(74.5)
24.0
(75.2)
23.0
(73.4)
25.9
(78.6)
29.5
(85.1)
30.9
(87.6)
34.8
(94.6)
35.3
(95.5)
33.7
(92.7)
30.6
(87.1)
24.8
(76.6)
23.4
(74.1)
35.3
(95.5)
平均最高気温 °C°F 10.1
(50.2)
10.3
(50.5)
12.8
(55)
17.0
(62.6)
20.5
(68.9)
23.0
(73.4)
26.6
(79.9)
28.6
(83.5)
25.9
(78.6)
21.5
(70.7)
17.3
(63.1)
12.7
(54.9)
18.9
(66)
日平均気温 °C°F 6.6
(43.9)
6.9
(44.4)
9.7
(49.5)
13.8
(56.8)
17.4
(63.3)
20.2
(68.4)
23.5
(74.3)
25.5
(77.9)
23.4
(74.1)
19.2
(66.6)
14.4
(57.9)
9.3
(48.7)
15.8
(60.4)
平均最低気温 °C°F 2.9
(37.2)
3.3
(37.9)
6.4
(43.5)
10.7
(51.3)
14.8
(58.6)
17.9
(64.2)
21.2
(70.2)
23.3
(73.9)
21.3
(70.3)
16.8
(62.2)
11.1
(52)
5.7
(42.3)
13.0
(55.4)
最低気温記録 °C°F −6.2
(20.8)
−7.3
(18.9)
−4.3
(24.3)
−0.2
(31.6)
4.3
(39.7)
10.2
(50.4)
13.0
(55.4)
15.9
(60.6)
11.2
(52.2)
4.5
(40.1)
−1.3
(29.7)
−4.6
(23.7)
−7.3
(18.9)
降水量 mm (inch) 105.5
(4.154)
90.5
(3.563)
149.1
(5.87)
127.3
(5.012)
135.8
(5.346)
166.2
(6.543)
128.3
(5.051)
94.9
(3.736)
216.3
(8.516)
272.5
(10.728)
133.2
(5.244)
92.9
(3.657)
1,712.4
(67.417)
降雪量 cm (inch) 0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
平均降水日数 (≥0.5 mm) 8.2 9.1 13.0 12.3 11.3 12.3 10.4 7.4 11.8 13.3 10.6 8.7 128.4
平均降雪日数 4.5 6.0 1.7 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.9 13.1
湿度 62 64 68 74 82 88 90 87 84 77 72 66 76
平均月間日照時間 179.8 159.0 168.9 183.0 188.9 142.3 174.0 221.3 159.0 137.9 140.1 163.7 2,017.8
出典:気象庁 (平均値:1991年-2020年、極値:1887年-現在)[14][15]

隣接自治体編集

歴史編集

地名の由来編集

 
銚子口と呼ばれた地形国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成した空中写真)

元は「銚子口」と呼ばれていた。「銚」は、小さな注ぎ口を持つ酒器で、元々は生薬を煎じるのに使われた土瓶やかんの類[注 5]。入口が狭く、中に入るとより広い空間が拡がる地形がよく似ているため、この地名がついたとされる。

「銚子」という名が使われるようになったのは江戸時代(1700年頃)以降であり、それ以前は、「飯沼」あるいは「三前」と呼ばれていた。「銚子」が行政区画名として町名に使われたのは、1889年明治22年)4月1日市制町村制が施行されてからである。

漁港と門前町編集

平忠常の子孫である千葉氏の支族である東氏(庶家、千葉六党)及び海上氏(庶家)がこの地を領有するようになり、建久年間(1190年代)、千葉常衡が海上与市を名のって船木郷に中島城を築城したといわれている。中島城周辺には、円福寺飯沼観音)及び川口神社がある。円福寺は神亀5年(728年)に漁夫が海中から引き揚げた十一面観音像を安置したのが始まりといわれ、海上氏の帰依も厚く、飯沼の門前町が形成されたのが、現在の銚子の都市的起源とされている[16]

交通の要所、魚介類の水揚げ場、醤油の生産地として栄え、多くの船舶が入出港し、明治時代に入ると銚子漁港はますます漁業の港として栄えることになる。明治初年頃の銚子(飯沼)は、千葉県で一番人口の多い都市であった[17]。また、利根川を蒸気船が就航することになり、銚子 - 東京間を結ぶようになると、東京及び周辺地域から避暑や海水浴で大勢の人が訪れた[18]

銚子漁港編集

 
歌川広重画『六十余州名所図会 下総銚子の濱外浦』

銚子漁港は日本随一の水揚量である漁港となっているが、かつては日本の三大海難所の一つに数えられた所であった。利根川の河口付近に千人塚(銚子市川口町二丁目)が築かれており、銚子近辺で起きた海難事故の犠牲者が祀られている。「千人塚」という名前の由来は、「1616年(慶長19年)10月25日銚子沖に吹いた突風によって、千人以上が亡くなったため」とも、「祀られる犠牲者が増え続けた結果、いつしか千人塚と呼ばれるようになった」とも伝わる[19]。昔の利根川河口付近は川幅が狭く、川底には大きな岩があり水深が浅く、干潮時と満潮時の潮の流れは急で、一年中風が強く吹き波が荒い場所であった。1910年(明治43年)3月12日には、漁船80隻、漁民千人以上が遭難した。当時の船頭歌で「阿波鳴門か銚子の川口、伊良湖渡合が恐ろしや」などと諷されていた。

何度も遭難が繰り返される中、銚子の町人や漁民らの間から河口を広げ水深を深くし、安心安全な漁港を造って欲しいという要望が上がり、銚子醤油株式会社(現:ヒゲタ醤油)社長の濱口吉兵衛[20] を千葉県水産株式会社取締役社長に抜擢し、安全な港に修築できるように、県や国に訴えて貰うことにする。以後、県や国が調査し、川底の爆破をして水深を深くすることを試みるものの、却って流れが急になり、やむなく中止。また、救助砲(救助ロープを打ち出す砲台)を設置したものの、いざ使用してみると、船まで届かず全く意味を成さなかった。

以後、吉兵衛は悩み、漁民を危険な状況から救うため、また、国へこの実情を訴えるために帝国議会議員になる決意をする。その後、帝国議会議員となった吉兵衛は、千葉県会議員であった小野田周斎と共に銚子漁港改修に全力を注ぎ、銚子港修築案がついに帝国議会を通過、国からの援助を得ることが決まった。1925年大正14年)12月に修築工事が始められ、1932年昭和7年)11月に竣工した。1937年(昭和12年)に吉兵衛の功績を讃え、新生河岸公園に銅像が建立されたが、1943年(昭和18年)の太平洋戦争中に金属類回収令で軍事供出された。その後、1955年(昭和30年)に吉兵衛の銅像は再建された。

1951年(昭和26年)7月10日 には全国で初めて特定第3種漁港に指定され、銚子漁港は水産業の振興のためには特に重要な位置づけとなった。地元漁船はもとより、北は北海道から、南は沖縄県に至る沖合漁船の一大根拠地として発展している[21]

醤油醸造編集

 
銚子醤油初代社長・浜口吉兵衛

江戸時代には、江戸での醤油製造が伸びて行き、富農名主層、近江商人、紀州の出身者などによって関東各地で作り始められたが、次第に独自の濃口醤油へと発展し、江戸への出荷を伸ばしていく。醸造家関西からの「下り醤油」に対抗するため造醤油仲間を結成し、江戸の問屋との交渉や、原料の塩の購入などを共同で行いながら、品質の向上を図る。そして文化・文政期に江戸前の調理が発達すると、関東の好みは濃口醤油へと急速に傾き、関東の醤油が江戸市場を押さえることになる。その製造の中心が、銚子と野田(野田市)であり、利根川や江戸川に接し、物資の輸送に便利であったからである。ヤマサ醤油・ヒゲタ醤油などは、日本を代表する醤油メーカーとしての礎を築き、その後の銚子の繁栄につながったとしている[22]

沿革編集

海上郡銚子町 C 銚子市
海上郡本銚子町
海上郡伊豆原村 B 海上郡西銚子町
海上郡豊浦村
海上郡高神村 D
海上郡海上村
海上郡船木村 E
海上郡椎芝村 A 海上郡椎柴村
香取郡豊里村 F
海上郡豊岡村 G
B 1891年(明治24年)8月14日
D 1937年(昭和12年)2月11日
E 1954年(昭和29年)4月1日
F 1955年(昭和30年)2月11日

市制施行以前編集

市制施行後編集

 
藤島武二筆『犬吠岬の灯台』

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
銚子市市域の変遷(年表)
月日 現銚子市町域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。[23]
  • 海上郡
    • 銚子町 ← 新生村・荒野村・今宮村
    • 本銚子町 ← 飯沼村が単独で町制施行
    • 伊豆原村 ← 松本村・本城村・長塚村
    • 豊浦村 ← 小川戸村・辺田村・三崎村
    • 高神村 ← 高神村が単独で村制施行
    • 海上村 ← 松岸村・垣根村・四日市場村・余山村・柴崎村・高野村・三宅村・赤塚村
    • 椎芝村 ← 野尻村・小船木村・塚本村・忍村・猿田村
    • 船木村 ← 高田村・芦崎村・岡野台村・船木台村・三門村・中島村・正明寺村
    • 豊岡村 ← 塙村・八木村・小浜村・親田村・常世田村
  • 香取郡
    • 豊里村 ← 下桜井村・富川村・下森戸村・諸持村・宮原村・東笹本村
1891年(明治24年) 1月26日 椎芝村は改称し椎柴村になる。
8月14日 伊豆原村は町制施行・改称し西銚子町になる。
1933年(昭和8年) 2月11日 銚子町・本銚子町・西銚子町・豊浦村が合併し銚子市が発足。
1937年(昭和12年) 2月11日 高神村・海上村は銚子市に編入。
1954年(昭和29年) 3月31日 豊岡村の一部(塙と八木の一部)が飯岡町と三川村と合併し、飯岡町が発足。
4月1日 船木村・椎柴村は銚子市に編入。
1955年(昭和30年) 2月11日 香取郡豊里村は銚子市に編入。
1956年(昭和31年) 4月10日[矛盾][矛盾] 豊岡村は銚子市に編入。
1958年(昭和33年) 飯岡町の一部(三川の一部)は銚子市に編入。
  • 変遷表
銚子市市域の変遷表(※細かな境界の変遷は省略)
1868年
以前
明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
海上郡 新生村 銚子町 銚子町 昭和8年2月11日
銚子市
銚子市 銚子市
荒野村
今宮村
飯沼村 本銚子町 本銚子町
松本村 伊豆原村 明治24年8月14日
西銚子町
町制改称
本城村
長塚村
小川戸村 豊浦村 豊浦村
辺田村
三崎村
高神村 高神村 高神村 昭和12年2月11日
銚子市に編入
松岸村 海上村 海上村
垣根村
四日市場村
余山村
柴崎村
高野村
三宅村
赤塚村
高田村 船木村 船木村 昭和29年4月1日
銚子市に編入
芦崎村
岡野台村
船木台村
三門村
中島村
正明寺村
野尻村 椎芝村 明治24年1月26日
椎柴村に改称
小船木村
塚本村
忍村
猿田村
小浜村 豊岡村
の一部
豊岡村の一部 昭和31年7月1日
銚子市に編入
親田村
常世田村
八木村の一部
香取郡 下桜井村 豊里村 豊里村 昭和30年2月11日
銚子市に編入
富川村
下森戸村
諸持村
宮原村
東笹本村

人口編集

 
銚子市と全国の年齢別人口分布(2005年) 銚子市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 銚子市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

銚子市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政編集

市長編集

  • 公選9代:大内 恭平(1978年8月20日 - 1982年8月19日)
  • 公選10代:大内 恭平(1982年8月20日 - 1986年8月19日)
  • 公選11代:佐藤 幹彦(1986年8月20日 - 1990年8月19日)
  • 公選12代:佐藤 幹彦(1990年8月20日 - 1994年8月19日)
  • 公選13代:大川 政武(1994年8月20日 - 1998年8月19日)
  • 公選14代:大川 政武(1998年8月20日 - 2002年8月19日)
  • 公選15代:野平 匡邦(2002年8月20日 - 2006年8月19日)
  • 公選16代:岡野 俊昭(2006年8月20日 - 2009年3月29日
  • 公選17代:野平 匡邦(2009年5月17日 - 2013年5月16日)[26]
  • 公選18代:越川 信一(2013年5月17日 - 2017年5月16日)
  • 公選19代:越川 信一[24](2017年5月17日 - 2021年5月16日)
  • 公選20代:越川 信一[25](2021年5月17日 - 現職)

警察・消防編集

銚子警察署
銚子市消防本部
  • 銚子警察署(銚子全域を管轄)
  • 銚子市消防本部(銚子市全域を管轄)
  • 消防団(全9分団)
    • 第一分団 旧高神村及び潮見町地区
    • 第二分団 旧本銚子町地区
    • 第三分団 旧銚子町、旧豊浦村及び大橋町地区
    • 第五分団 旧西銚子町地区
    • 第六分団 旧海上村地区
    • 第七分団 旧船木村地区
    • 第八分団 旧椎柴村地区
    • 第九分団 旧豊里村地区
    • 第十分団 旧豊岡村地区

国家機関編集

国家機関編集

県の機関編集

  • 千葉県海匝地域整備センター銚子整備事務所
  • 千葉県海匝健康福祉センター(海匝保健所)
  • 千葉県銚子児童相談所
  • 千葉県銚子水産事務所
  • 千葉県教育庁北総教育事務所東総研修所
  • 旭県税事務所銚子支所

議会編集

市政編集

  • 銚子市議会
    • 定数:18名
    • 2019年(令和元年)5月1日〜2023年(令和5年)4月30日
    • 議長:地下 誠幸 (ぢげ まさゆき) 市民クラブ、3期
    • 副議長:石神 嘉明 (いしがみ よしあき)新和会、1期
会派名 議席数 議員名(◎は代表)
市民クラブ ◎石上允康、岩井文男、地下誠幸、鎌倉 金、大野正義
新和会 4 ◎野平仁人、石神嘉明、宮崎光子、桶谷範幸
新風 2 ◎石上友寛、池田健一
みらい 2 ◎釜谷藤男、広野恭代
公明党 ◎桜井 隆、加瀬栄子
リベラル ◎加瀬庫藏
日本共産党 ◎笠原幸子
緑の会 工藤忠男

※ 2021年6月1日現在

県政編集

  • 選挙区:銚子市・香取郡東庄町で一つの選挙区をなす。
  • 定数:2名
  • 任期:2019年(平成30年)4月30日 - 2023年(令和5年)4月29日
  • 2015年、2019年と無投票。
氏名 会派名
信田光保 自由民主党千葉県議会議員会

当選回数 5期

宮川太 自由民主党千葉県議会議員会

当選回数 1期

※2020年10月1日現在 

国政編集

議員名 党派名 当選回数 備考
林幹雄 自由民主党 11 選挙区
谷田川元 立憲民主党 3 比例復活

経済編集

産業編集

西側は、利根川の堆積物の上の豊かな水田が多い。また、犬吠埼から屏風ヶ浦に至る海岸線は1959年昭和34年)に水郷筑波国定公園の一部として指定された景勝地で、観光都市としても知られる。半島全体のおもな産業は水産業醤油生産であり、日本経済の好況・不況の影響を直ちに受ける度合いが少ない安定生産型の産業都市とされている。

銚子沖は南から来る黒潮が北から来る親潮とぶつかることで混じり合い、東へ向きを変え、加えて利根川から豊富な有機物を含んだ真水が流入するという好漁場となっている。[27]。江戸時代に紀州和歌山県)から来た漁師たちが外川漁港を整備し、おもにイワシを漁獲して、肥料干鰯に加工・販売し、巨富を築いたのが始まりともいわれる[28][29]。同じく、江戸時代には醤油製造も始まり、原料の大豆もろみ小麦を加えて、風味のよい醤油を生産して評判を上げ、その後の大発展の礎になった。琥珀の産地でもある。

関東屈指の産業地へと成長した銚子は、千葉県東部における商業の中心として栄えた。現在の銚子駅から飯沼観音までの利根川沿いは銚子市の中心市街地となっており、行政機関、金融機関、公共施設などが集約している。 三崎町周辺など郊外には東総地域最大級のショッピングセンターであり、近隣地域唯一のシネマコンプレックスを備えるイオンモール銚子のほか専門店や量販店などの郊外型ロードサイド店舗が立地する。

商業編集

銚子市の商業銚子漁港魚市場の鮮魚卸売り以外、殆どが市民を対象とした小売業であり、比較的小規模の商店が人口に対して多いことが特徴である。戦後、銚子市の主な繁華街は飯沼観音周辺の銚子銀座・田中町を中心とした地区であったが、1970年代以降は銚子駅前への商業施設ホテルマンションなどの機能集積が進んだ。 近年は三崎町へのイオンモール銚子の進出により周辺に大型店が集積しつつあり、新たな商業拠点を形成している。

 
銚子商工会議所
  • 銚子商工会議所

千葉県内の太平洋沿い地域(海匝・山武・長生・夷隅地域)の中では、茂原市東金市に次ぐ第3の商業都市であり、銚子商圏を形成する単独商圏都市である[30]。 また、銚子市内の人口1000人あたりの小売店数、理容美容院数はいずれも県内1位であり、飲食店数は県内3位となっている[31]

ショッピングセンター編集

スーパーマーケット編集

ホームセンター編集

本社を置く企業編集

関連企業編集

  • 東部ガス - 関連会社に銚子瓦斯株式会社がある。
  • ヒゲタ醤油 - 工場や営業などの拠点が市内にある。

金融機関編集


工業編集

銚子市の製造業の中で最も市の経済を支える重要な位置を占めるのは、水産加工業と醤油醸造業を双璧とする食品製造業である。

水産加工業編集

江戸期肥料いわし搾粕生産を中心として発展した銚子市の水産加工業は、1960年代以降、生産設備や経営の近代化、原材料の移入・輸入が進み、生産額も増大して、銚子市の主要業としての位置を保持し続けている。 また、銚子漁港整備の進展と連動して計画的に沿岸漁業の水揚げ拠点基地づくりが推進され、全国有数の水産流通加工センターを形成している。

冷凍冷蔵業・製氷業編集

大正期に始まった銚子市の冷凍業は、戦後、冷蔵庫が普及するとともに、その規模も飛躍的に拡大した。銚子市のように一つの地域に冷蔵能力が集中しているところは他に例がなく、水産業に関する冷蔵庫の数とその能力が大きいことでは、銚子市は全国一となっている。 この中で新しい営業形態として盛んとなったのが、冷蔵業である。主としていわしさばさんまを加工原料・飼料用に保存し、そのままの形で冷凍加工原料魚、冷凍飼料として出荷している。 氷は船積み用・鮮魚出荷用その他、水産業における必需品であり、製氷業は冷凍冷蔵業務とは別に専門業者、漁業協同組合、水産業者の製氷工場で行われている。

缶詰製造業編集

銚子市における企業としての缶詰生産は明治後期に本格化し、昭和初期のいわし豊漁に伴って急激な発展を遂げた。戦後は輸出向けのさば缶詰の生産が進んだが、1980年代からの円高傾向により国内向けへと販路を転換した。

肥飼料製造業編集

魚を原料とする肥料生産、魚粉(ミール)や配合飼料の原料となる魚粕製造が行われている。

醤油醸造業編集

銚子の醤油醸造江戸時代初期に始まる古い歴史を有し、銚子市における主要産業の一つである。近年ではつゆたれ等の醤油加工調味料の開発・改良が進められるとともに、うま味調味料やだし類が製造されている。 銚子市内で生産される醤油は、主として濃口醤油薄口醤油であるが、その種類は多岐に渡り、特に濃口醤油は家庭用にかぎってみてもヤマサ醤油ヒゲタ醤油の二社の商品は20種類を超えている。 なおヤマサ醤油1992年(平成4年)、アメリカ合衆国オレゴン州に関連会社を設立し、工場を建設してアメリカカナダメキシコなどに製品出荷も行っている。 この他、醤油製造会社では、蓄積された研究開発技術により核酸関連物質を利用した医薬品食品添加物化粧品原料、研究用試薬、医薬用ワクチン、抗ウイルス物質などの研究開発が進められている。

鉄工業編集

銚子では明治以降、漁船焼玉エンジンに関する鉄工業が勃興した。漁船エンジンのディーゼル化後は、市内の鉄工場の多くが大手機械メーカーに系列化に入った。1970年(昭和45年)には、市の産業振興政策によって新たに小浜工業団地が造成されている。

造船業編集

銚子市の伝統的な地場産業として造船業があり、江戸期から昭和前期にかけて船大工の個人企業を中心として発展した。

籐製品工業編集

銚子で籐製品が製造されるようになったのは明治後期からで、現在も市内に事業所が立地している。

風力発電編集

 
丘陵地帯の風力発電所

日本風力開発の関連会社により、市内には多数の風力発電が稼働している。その大半は、屏風ヶ浦を中心とした高台に位置する。

  • 銚子屏風ヶ浦風力開発
    • 銚子屏風ヶ浦風力発電所 1,500キロワット機(1基)
    • 銚子小浜風力発電所 1,500キロワット機(1基)
  • 銚子風力開発
    • 銚子風力発電所 1,500キロワット機(9基)
    • 八木風力発電所 1,500キロワット機(6基)

その他の風力発電所は以下の通り。

  • くろしお風力発電
    • 銚子高田町風力発電所 1,990キロワット機(1基)
    • 椎柴風力発電所 1,990キロワット機(5基)
  • エムウインズ
    • 銚子しおさい風力発電所 1,500キロワット機(2基)
  • 堀江商店
    • 銚子新町風力発電所 1,980キロワット機(1基)
  • 台町自然環境エネルギー研究所
    • 台町風力発電事業 640キロワット機(1基)
  • 銚子ウィンドファーム
    • 銚子ウィンドファーム 1,500キロワット機(7基)

漁業編集

 
外川漁港(第2種漁港)

銚子漁港は、漁港漁場整備法上の特定第3種漁港(国指定最重要漁港)に指定された日本三大漁港の一つであり、3つの卸売市場を抱え全国の水産物流通拠点となっている。年間水揚量では全国第1位[32]水郷筑波国定公園の指定区域内にあり周辺の海岸は砂浜、天然の岩礁と変化に富んだ風光明媚な地形を有している。

  • イワシ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国1位
  • サバ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国1位
  • サメ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国3位
  • アジ類 - 2002年(平成14年)度陸揚量全国4位
  • サンマ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国4位
  • メヌケ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国5位
  • マグロ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国6位
  • そのほか、カツオヒラメホウボウキンメダイなど。

プライドフィッシュ編集

 
銚子市漁業協同組合

国漁業協同組合連合会(全漁連)が中心となり、漁業協同組合連合会(漁連)・漁業協同組合(漁協)が選定した、漁師が自信をもって推奨する魚介類として「銚子つりきんめ」「銚子の入梅いわし」がプライドフィッシュとして選定されている。

  • 銚子つりきんめ「銚金」(キンメダイ)[33]
    • 銚子市漁業協同組合認定
    • 千葉県水産ブランド認定
    • 銚子推奨認定品ちょうしブランド(干物)[34]
    • 認定対象期間(旬):周年
    • 大きさ等:500グラム以上
    • 全国的にキンメダイ漁の北限といわれる漁場で、銚子市外川地区の小型船約40隻が立縄漁業(釣りの一種)により漁獲。鮮やかな色と傷のないきれいな魚体を保つため、釣り上げた直後から、一尾ずつ丁寧に取り扱い、常に高い品質のものを提供するよう努力・研究を重ねている。毎年7月に開催される「きんめだいまつり」は約4万人程の来場者で賑い「銚子つりきんめ」の知名度アップに大きく貢献している[35]
  • 銚子の入梅いわし[36]
    • 銚子市漁業協同組合認定
    • 認定対象期間(旬):6月から7月(入梅)
    • イワシの主要な水揚港である銚子港は日本一の水揚港としても知られ、特に6 - 7月にかけての「入梅」(梅雨の時期)に水揚げされるマイワシは「入梅いわし」と呼ばれている。毎年この時期に鮮度抜群のいわしが食べられる「入梅いわし祭り」が行われている[37]

漁港編集

農業編集

 
キャベツ畑と風力発電所(高田町)

気候を活かした農業も盛んで、スイカイチゴなど露地野菜果物が栽培されている。

野菜指定産地編集

農林水産省による野菜生産出荷安定法および本法に基づき銚子市が指定された野菜[39]

  • キャベツ - 春キャベツと冬キャベツが指定されている。春キャベツの生産量は日本一。
  • ダイコン - 春ダイコン・秋冬ダイコンが指定されている。
  • トマト - 夏秋トマト・冬春トマトが指定されている。

対外関係編集

姉妹都市・提携都市

  クースベイ市Coos Bay, Oregon, アメリカ合衆国オレゴン州

  • 1983年(昭和58年)2月10日 銚子市制施行50周年記念式典の席上、クース・ベイ市代表者の出席を得て、姉妹都市協定締結の調印式を行った。1983年10月、銚子市長が港湾施設等視察のため渡米した際、クース・ベイ市への訪問が契機となり、国際親善の気運が高まったのがきっかけとなった。

  レガスピー市Legazpi City, フィリピン共和国アルバイ州

  • 1985年(昭和60年)6月27日 レガスピー市議会が銚子市との姉妹都市提携を決議し、レガスピー市長から姉妹都市協定締結の申し入れがあったため、銚子市議会に提案。同市議会の議決を得て提携が成立した。両市の人口規模、産業形態が類似していることや、世界の平和を祈念するため1958年に銚子市に建立された。「日比友愛の碑」の斜塔がレガスピー市のマヨン山を指していることなど銚子市とフィリピンとの関係も深い。

地域編集

施設編集

スポーツ施設編集

  • 銚子スポーツタウン
  • 銚子市スポーツコミュニティセンター
  • 銚子市体育館
  • 銚子市野球場
  • 銚子市庭球場
  • 豊里台多目的スポーツ広場
  • 桜井町公園野球場

文化施設編集

  • 銚子市民センター
  • 銚子市公正図書館
  • 千葉科学大学図書館
  • 地域交流センター銚子芸術村

郵便局編集

  • 銚子郵便局
  • 本通郵便局
  • 銚子南町郵便局
  • 銚子本町郵便局
  • 銚子植松郵便局
  • 銚子愛宕郵便局
  • 外川郵便局
  • 銚子本城郵便局
  • 銚子余山簡易郵便局
  • 銚子小浜簡易郵便局
 
銚子郵便局

保健・福祉施設編集

  • 銚子市保健福祉センター「すこやかな学びの城」
  • 清水放課後児童クラブ
  • 児童発達支援センターわかば学園
  • 三崎園(地域活動支援センター)
  • 老人憩の家・地域福祉センター(こも浦荘)
  • 芦崎高齢者いこいセンター
  • 養護老人ホーム長崎園

保育園・保育所編集

  • 銚子市立第二保育所
  • 銚子市立第三保育所
  • 銚子市立第四保育所
  • 銚子市立海鹿島保育所
  • 銚子保育園
  • 外川保育園
  • 松岸保育園
  • 聖母保育園
  • 銚子中央保育園
  • 東光保育園
  • 萌保育園

子育て支援センター編集

  • えがお子育て支援センター
  • ひまわり子育て支援センター
  • マンマ子育て支援センター
  • 聖母マリア子育て支援センター

集会施設編集

  • 銚子市豊里地区コミュニティセンター
  • 銚子市海上地区コミュニティセンター
  • 銚子市東部地区コミュニティセンター
  • 銚子市西部地区コミュニティセンター
  • 銚子市高神地区コミュニティセンター
  • 銚子市中央地区コミュニティセンター(旧銚子市公正市民館)
  • 銚子市勤労コミュニティセンター
  • 銚子市農村広場やすらぎの家
  • 銚子市豊岡農村婦人の家

研究機関編集

博物館編集

美術館編集

公園編集

  • 中央みどり公園
  • 桜井町公園
  • 清川町第一公園
  • 清川町第二公園
  • 河岸公園
  • 君ヶ浜しおさい公園
  • 名洗海浜公園
  • 地球の丸く見える丘ふれあい広場
  • 夫婦ヶ鼻公園
  • 東部不動ヶ丘公園
  • 前宿町公園
  • 後飯町公園
  • 本通公園
  • 陣屋町公園
  • 三軒町公園
  • 唐子町公園
  • 末広町公園
  • 豊里台緑が丘公園
  • 新生公園
  • 東部児童遊園
  • 松岸児童遊園
  • 外川児童遊園
  • 大谷津公園
  • 松本町公園
  • 猿田コミュニティ広場

宿泊施設編集

観光地が豊富であり、犬吠埼温泉などの温泉地を有することから宿泊施設が市内に点在している。以下、主な旅館・ホテル一覧[40]

  • スパ&リゾート犬吠埼太陽の里
  • 別邸 海と森
  • 絶景の宿 犬吠埼ホテル
  • ぎょうけい館
  • 犬吠埼観光ホテル
  • ホテルニュー大新
  • 銚子グランドホテル(予定)
  • 銚子プラザホテル
  • ホテルサンライズ銚子
  • Farm&stay YAOYA
  • ホテルルートイン銚子駅西(2022年4月開業予定)
  • ホテルルートイン銚子駅前(2023年度以降開業予定)

医療編集

 
銚子市立病院

二次医療圏(二次保健医療圏)としては香取海匝医療圏(管轄区域:香取地域・海匝地域)である[41]。三次医療圏は千葉県医療圏(管轄区域:千葉県全域)。

医療提供施設は特筆性の高いもののみを記載する[41]

生活基盤編集

  • 上水道 - 本城浄水場
  • 下水道 - 芦崎終末処理場
  • 清掃 - 東総地区クリーンセンター
  • 最終処分 - 東総地区最終処分場
  • ガス - 銚子瓦斯
  • 電力 - 銚子電力

教育機関編集

千葉科学大学
千葉県立銚子高等学校
千葉県立銚子商業高等学校

大学編集

高等学校編集

中学校編集

  • 銚子市立第一中学校
  • 銚子市立第二中学校
  • 銚子市立第三中学校
  • 銚子市立銚子中学校[45]
  • 銚子市立銚子西中学校

小学校編集

  • 銚子市立飯沼小学校
  • 銚子市立海上小学校
  • 銚子市立春日小学校
  • 銚子市立椎柴小学校
  • 銚子市立清水小学校
  • 銚子市立高神小学校
  • 銚子市立豊里小学校
  • 銚子市立双葉小学校
  • 銚子市立船木小学校
  • 銚子市立本城小学校
  • 銚子市立明神小学校

幼稚園編集

  • 銚子市立本城幼稚園
  • 飯沼幼稚園
  • 銚子幼稚園

特別支援学校編集

  • 千葉県立銚子特別支援学校

情報・通信編集

マスメディア編集

新聞編集

放送局編集

  • 銚子テレビ放送(CATV)

交通編集

鉄道路線編集

銚子駅(JR東日本・銚子電鉄)
犬吠駅(銚子電鉄)関東の駅百選

中心となる駅:銚子駅

東日本旅客鉄道(JR東日本)

銚子運輸区

銚子電気鉄道(銚子電鉄)

バス路線編集

高速バス編集

千葉交通バス

大阪 - 銚子線は夜行、その他は昼行。※主要停留所のみ記載

路線バス編集

道路編集

銚子大橋
利根かもめ大橋

市内の銚子大橋前交差点は、国道124号( - 鹿嶋市 - 終点・水戸市)、国道126号( - 東金市 - 終点・千葉市)、国道356号( - 終点・我孫子市)が集まる3国道の起点となっている。

有料道路

一般国道

主要地方道

一般県道

自転車道

橋梁

空港編集

千葉県成田市成田国際空港(成田空港)が最寄りとなり、約40キロメートルの距離に位置する。東京都大田区東京国際空港(羽田空港)へは約95キロメートルの距離に位置する。

船舶編集

地方港湾


観光・文化 編集

日本遺産編集

北総四都市江戸紀行

 
銚子外川の町並み(本浦通り)

名所・旧跡編集

文豪の地編集

風光明媚な海岸線はかつて数々の文人、墨客が訪れる「文豪の地」として親しまれ、市内には歌碑、詩碑が多く立つ[46]。以下、代表作一覧。

  • 高浜虚子「犬吠の 今宵の朧 待つとせん」
  • 松尾芭蕉「枯枝に からすのとまりけり 秋の暮」
  • 国木田独歩「なつかしき わが故郷は 何処ぞや 彼処にわれは 山林の児なりき」
  • 小川芋銭「銚子灘朝暾 大海を 飛びいつる如と 初日の出」
  • 尾崎咢堂「朝またき 彼方の岸は アメリカと 聞て瓜立つ おはしまのはし」(瑞鶴荘にて)
  • 佐藤春夫「ここに来て をみなにならひ 名も知らぬ草花をつむ みづからの影踏むわれは 仰がねば 燈台の高さを 知らず 波のうねうね ふる里のそれには如かず ただ思ふ 荒磯に生ひて 松のいろ 錆びて 黝きを わが心 錆びて黝きを」
  • 源俊頼「磐はしる 外川の滝の むすぶ手も しばしはよどむ 淀むせもあれ」

観光名所編集

 
犬吠埼灯台

海水浴場編集

  • 海鹿島海水浴場
  • 長崎海水浴場
  • 銚子マリーナ海水浴場

温泉編集


祭事・催事編集

名産・特産品編集

  • 銚子つりきんめ
  • 銚子の入梅いわし
  • 灯台キャベツ
  • 銚子メロン
  • ぬれ煎餅(柏屋、イシガミ、福屋、銚子電鉄

宮内庁御用達

文化財編集

国・県指定および国登録文化財一覧[50]

番号 指定・登録 類別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考
1 国指定 重要文化財(建造物) 犬吠埼灯台(灯台、旧霧笛舎、旧倉庫) 銚子市犬吠埼 国(海上保安庁)、公益社団法人燈光会 令和2年12月23日 1基、2棟
2 重要文化財(彫刻) 木造薬師如来坐像 銚子市常世田53-1 常灯寺 昭和34年6月27日 1躯
3 重要文化財(工芸品) 奈良国立博物館 円福寺 昭和34年6月27日 1口
4 記念物(名勝及び天然記念物) 屏風ケ浦 銚子市春日町744-1他 銚子市・千葉県・国 平成28年3月1日
5 記念物(天然記念物) 犬吠埼の白亜紀浅海堆積物 銚子市犬吠埼9578-10他 銚子市・国 平成14年3月19日
6 県指定 有形文化財(建造物) 猿田神社本殿 銚子市猿田1677 猿田神社 昭和30年12月15日 1棟
7 常灯寺本堂 銚子市常世田町53-1 常灯寺 昭和54年3月2日 1棟
8 海上八幡宮本殿 銚子市柴崎1-17 海上八幡宮 平成2年3月16日 1棟
9 有形文化財(彫刻) 木造薬師如来立像 銚子市岡野台町2-473 等覚寺 平成元年3月10日 1躯
10 木造薬師如来立像 銚子市岡野台町2-473 等覚寺 平成元年3月10日 1躯
11 木造菩薩立像 銚子市岡野台町2-473 等覚寺 平成元年3月10日 1躯
12 有形文化財(工芸品) 梵鐘享徳十一年在銘) 銚子市馬場町293-1 円福寺 昭和42年3月7日 1口
13 釈迦涅槃図 銚子市馬場町293-1 円福寺 平成3年2月15日 1幅
14 有形文化財(古文書) 天正検地 銚子市ほか 銚子市ほか 昭和57年4月6日 18件・71冊
15 有形文化財(考古資料) 金銅経筒(建長四年在銘) 銚子市岡野台町2-473 等覚寺 昭和60年3月8日 1合
16 無形文化財 銚子縮 銚子市松岸町 常世田眞壱郎 平成13年3月30日
17 記念物(天然記念物) 渡海神社の極相 銚子市高神西町2 渡海神社 昭和34年4月24日
18 猿田神社の森 銚子市猿田1675-21他 猿田神社 昭和49年3月19日
19 犬吠埼産出のアンモナイト 銚子市前宿町1034 銚子市 平成18年3月14日 5標本6点
20 国登録 登録有形文化財(建造物) 内野家住宅洋館 銚子市長山町2034 個人 平成11年7月8日 1件
21 磯角商店主屋 銚子市飯沼町186 個人 平成26年4月25日 1件
22 滑川家住宅主屋ほか 銚子市野尻町27-1 個人 平成29年6月28日 2件
23 旧西廣家住宅(治郎吉)主家ほか 銚子市川口町1-6271 株式会社ランス 平成30年3月27日 5件
24 石上酒造米藏ほか 銚子市田中町7-1 個人 平成30年3月27日 5件

出身著名人編集

銚子市を舞台とした作品編集

映画
 
東映映画オープニング映像『荒磯に波』(犬吠埼の白波)
テレビドラマ
アニメ
 
銚子市立銚子高等学校
  • アマガミSS』(2010年、TBS系列)、『アマガミSS+ plus』(2012年、TBS系列) - 作品舞台は架空の街「輝日東(きびと)」であり、公式には案内されていないが、銚子市内の風景や実在施設をモデルとした背景画が度々登場する。一例として、主人公達が通う「輝日東高校」校舎は、銚子市立銚子高等学校を作画モデルとしている。
  • セイレン』(2017年、TBS系列) - 「輝日東高校」は『アマガミ』に登場した高等学校。前作から9年が経過しているが、校舎の外観や敷地内の風景などはほとんど変わっていない。
文学
 
君ヶ浜と犬吠埼
楽曲
君ヶ浜の風景を詠んだ歌人は多いが、ポップスの歌詞のモチーフにもされている。
MV撮影
屏風ヶ浦では、多数のプロモーション用ミュージックビデオが撮影されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 離島などを除く
  2. ^ 北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として2016年4月25日に認定。
  3. ^ 2020年12月23日認定。
  4. ^ 山岳や離島を除く平地。
  5. ^ 徳利ではない。

出典編集

  1. ^ 銚子ジオパーク推進協議会(2019年9月1日閲覧)。
  2. ^ 水産経済新聞社. “銚子が6年連続1位、28年主要漁港水揚げランキング” (日本語). 日刊水産経済新聞. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 金沢の名産品 大野醤油は「うまくちしょうゆ」”. 粟長醤油. 2015年2月26日閲覧。
  4. ^ 銚子市の歴史”. 銚子市. 2021年7月31日閲覧。
  5. ^ 市制施行80周年記念事業”. 銚子市. 2021年7月31日閲覧。
  6. ^ asahi.com朝日新聞社):「初日の出が見たい」 犬吠埼周辺に5万人 - 列島冬景色”. www.asahi.com. 2019年6月12日閲覧。
  7. ^ 犬吠埼灯台”. 公益社団法人燈光会. 2021年7月31日閲覧。
  8. ^ 銚子ジオパーク”. 銚子ジオパーク. 2021年7月31日閲覧。
  9. ^ 銚子市の記念物”. 千葉県. 2021年7月31日閲覧。
  10. ^ 北総四都市江戸紀行”. 千葉県. 2021年7月31日閲覧。
  11. ^ 銚子の農産物”. 銚子観光協会. 2021年7月31日閲覧。
  12. ^ 銚子ジオパーク
  13. ^ 東電、銚子沖で最大37万キロワットの風力発電計画日本経済新聞ニュースサイト(2019年8月29日)2019年9月1日閲覧。
  14. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  15. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  16. ^ 空色Walk ~坂東三十三ヶ所:飯沼山 円福寺~”. sorairowalk.web.fc2.com. 2019年3月4日閲覧。
  17. ^ 近代以前の日本の都市人口統計より(典拠『銚子市史』)
  18. ^ 明治時代の水運交通と産業” (日本語). 鹿嶋デジタル博物館 (2015年12月10日). 2019年3月4日閲覧。
  19. ^ 【戦後70年 千葉の出来事】銚子漁港・利根川河口の海難(上)”. 『産経新聞』 (2015年7月31日). 2015年8月3日閲覧。
  20. ^ 濱口吉兵衛の銅像”. 銚子市観光協会. 2012年1月8日閲覧。
  21. ^ 漁港一覧:水産庁”. www.jfa.maff.go.jp. 2019年3月4日閲覧。
  22. ^ 千葉県. “09.利根川水運と醤油・味醂生産” (日本語). 千葉県. 2019年3月4日閲覧。
  23. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201 より
  24. ^ a b “銚子市長に越川氏再選”. 産経新聞. (2017年4月24日). http://www.sankei.com/region/news/170424/rgn1704240012-n1.html 2017年5月24日閲覧。 
  25. ^ a b “銚子市長選、現職・越川氏が新顔破り3選”. 朝日新聞. (2021年4月26日). https://www.asahi.com/articles/ASP4V02MHP4SUDCB008.html 2021年6月2日閲覧。 
  26. ^ 野平・銚子市長:退任 「収税改善、職員に感謝」 / 千葉”. 毎日新聞 (2013年5月17日). 2013年5月18日閲覧。
  27. ^ 銚子漁港と水産業 Choshi Fishing Port and Fisheries Industry(銚子ジオパーク)
  28. ^ 外川 Tokawa(銚子ジオパーク)
  29. ^ 水揚げ量8年連続日本一&「しょうゆ」に隠された秘密…千葉県・銚子発展の謎をタモリが歩いて解き明かす!『ブラタモリ』(2019年6月8日NHK総合テレビ放映)
  30. ^ 千葉県. “平成30年度消費者購買動向調査(千葉県の商圏)” (日本語). 千葉県. 2019年6月13日閲覧。
  31. ^ [1]
  32. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年1月5日). “銚子漁港が水揚げ量7年連続日本一 千葉” (日本語). 産経ニュース. 2019年3月4日閲覧。
  33. ^ 千葉のつりきんめ|千葉県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ”. プライドフィッシュ 公式サイト. 2019年3月12日閲覧。
  34. ^ 『銚子推奨認定品 ちょうしブランド』 銚子観光”. www.choshikanko.com. 2019年3月12日閲覧。
  35. ^ 銚子水産まつり:特産キンメなど観光客らが舌鼓 / 千葉” (日本語). 毎日新聞. 2019年3月12日閲覧。
  36. ^ 銚子の入梅いわし|千葉県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ”. プライドフィッシュ 公式サイト. 2019年3月12日閲覧。
  37. ^ 千葉県観光物産協会. “銚子 うめぇもん入梅いわし祭” (日本語). まるごとe! ちば -千葉県公式観光物産サイト-. 2019年3月12日閲覧。
  38. ^ 特集アーカイブ | ま〜るい半島めぐり 銚子観光”. www.choshikanko.com. 2019年6月13日閲覧。
  39. ^ 野菜生産出荷安定法:農林水産省”. www.maff.go.jp. 2019年6月12日閲覧。
  40. ^ スペシャルサーチ | ま〜るい半島めぐり 銚子観光”. www.choshikanko.com. 2019年4月25日閲覧。
  41. ^ a b 千葉県. “千葉県保健医療計画(平成30年度~平成35年度)” (日本語). 千葉県. 2019年6月14日閲覧。
  42. ^ a b 千葉県. “救急医療機関一覧” (日本語). 千葉県. 2019年6月13日閲覧。
  43. ^ 銚子市行政改革推進「市民の皆さまへ 銚子市立総合病院を休止します」
  44. ^ 千葉県. “災害拠点病院の指定について” (日本語). 千葉県. 2019年6月14日閲覧。
  45. ^ 市立中学校一覧”. 銚子市教育委員会. 2013年4月13日閲覧。
  46. ^ 観光情報 | 銚子市”. www.city.choshi.chiba.jp. 2019年2月13日閲覧。
  47. ^ はね太鼓『郷土の伝統芸能』芳賀日出男、保育社, 1991
  48. ^ 石上酒造(2019年9月1日閲覧)。
  49. ^ 小林酒造場 銚子市観光協会(2019年9月1日閲覧)。
  50. ^ 千葉県. “銚子市の国・県指定および国登録文化財” (日本語). 千葉県. 2019年6月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光