小泉 栄子(こいずみ えいこ、現姓:山田、1973年9月1日 - )は、日本のプロビーチバレー選手(元インドアバレーボール選手)。ニックネームはカエ岡山県生まれ。兵庫県明石市出身。

小泉 栄子
KOIZUMI Eiko
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-09-01) 1973年9月1日(44歳)
出身地 兵庫県明石市
ラテン文字 KOIZUMI Eiko
身長 170cm
体重 54kg
血液型 O型
選手情報
愛称 カエ
ポジション WSL 
指高 216cm
利き手
スパイク 295cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

中学校1年生からバレーボールを始め、県代表として全国大会に出場。氷上高校時代、主将として1991年春高バレー優勝を経験した。

1992年イトーヨーカドーに入団。1997年1998年Vリーグオールスター戦に出場した。

1999年東北パイオニアに移籍。斎藤真由美内田役子らと共にVリーグ昇格の原動力となった。

2002年にインドアから引退。地元に戻り、OLやスポーツインストラクターなどを経て、2005年からビーチバレーを始める。以来田中姿子とペアを組み、国内外を転戦中。2006年ドーハ・アジア大会 銀メダル。

2008年よりデンカエレクトロン株式会社と専属契約を結ぶ。2009年は周藤玲美とペアを組む。

その後結婚、出産したが、2014年7月のJVAビーチバレーボールシリーズA大洗大会で田中姿子とペアを組んで現役復帰し[1]、5位タイに入賞した[2]

人物・エピソード編集

  • パイオニアで付けていた背番号33は、引退後サポーターズナンバーとなっていた。

球歴編集

  • 所属チーム履歴
氷上高等学校イトーヨーカドー(1992-1999年)→東北パイオニア(1999-2002年)→ビーチバレー(2005年-)

ビーチバレー編集

2005年 
  • ファイテンJBVジャパンツアー2005 年間総合優勝
2006年
  • ジャパンレディース2006 優勝
  • マーメイドカップ2006 優勝
  • ファイテンJBVジャパンツアー2006 優勝4回、準優勝1回(年間総合優勝)
  • ドーハ・アジア大会 銀メダル
2008年
  • ファイテンJBVツアー2008第1戦霧島酒造オープン 優勝

脚注編集

  1. ^ 朝日新聞 2014年7月24日朝刊14版 22面
  2. ^ 日本バレーボール協会. “2014JVAビーチバレーボールシリーズA 大洗大会 女子 最終順位”. 2014年7月28日閲覧。

外部リンク編集