メインメニューを開く

小石元俊

藤浪剛一『医家先哲肖像集』より小石元俊

小石 元俊(こいし げんしゅん、寛保3年(1743年) - 文化5年12月25日1809年2月9日)は、江戸時代後期の蘭学者蘭方医。「元俊」は通称で、は国瑞。幼名は太吉。は有素、号に大愚・碧霞山人。子は小石元瑞。門弟に斉藤方策南部伯民橋本宗吉らがいる。

山脇東洋の孫弟子にあたり、関西における蘭医学の主唱者。杉田玄白蘭学事始』にも名が見られ、玄白や大槻玄沢江戸の蘭学者とも交友し、東西の蘭学を結びつける人物とも位置づけられている。

略歴編集

山城国桂村(現在の京都市西京区)に生まれる。父は若狭国小浜藩の家老・林野氏の出自で、流浪中に小石姓に改めたという。母は後妻で柴原氏の娘。寛延3年(1750年)、父に従い大坂へ移る。医学を志し、宝暦年(1751年)には山脇東洋門下で柳河藩医・淡輪元潜に師事し、元俊と改める。元潜の紹介で同じく東洋門下の永富独嘯庵にも学び、オランダ医学に接する。永富塾では亀井南冥小田享叔とともに三傑と称された。また河内の僧・慈雲に参禅。

明和元年(1764年)には父が死去。この頃西国を遊歴する。明和6年(1769年)に大坂で衛生館を開業。安永6年(1777年)亀井冥南の影響で皆川淇園の家塾に入門し、『元衍』の著述に専念、陰陽五行説に基づく旧態医学を批判する。皆川塾では柴野栗山らと交友し、頼春水から歴史を学ぶ。浦上玉堂木村蒹葭堂ら著名な文人とも親しく交わった。

天明3年(1783年)には京都伏見で人体解剖を行う。この年には妻帯する。子息の元瑞を幼少の頃より、大坂の友人である篠崎三島に入門させている。

安永3年(1774年)に江戸で出版された『解体新書』に触発され、同年に杉田玄白大槻玄沢に相次いで知り合うと、江戸に出て東遊し、大槻邸に滞在した。天明8年(1788年)の京都大火で『元衍』を焼失する。寛政8年(1796年)にも人体解剖を行い、『施薬院解男体臓図』として著す。享和元年(1801年)、京都で医学塾・究理堂を開き、上方での蘭学拡大に貢献した。間重富と共同出資で、傘職人の橋本宗吉を江戸の芝蘭堂へ学ばせた。66歳で死去。

著作に『元衍』、『学医要論』、『有因心論』。墓所は京都市北区大徳寺孤蓬庵。