メインメニューを開く

小笠原 和彦(おがさわら かずひこ、1959年12月12日 - )は、日本空手家(八段[1])・元プロレスラー静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。空手道創天極真小笠原道場、プロ空手押忍闘夢STORM代表[2]東海大学文学部史学科卒業。

小笠原 和彦
小笠原 和彦の画像
年越しプロレス 後楽園ホール大会
プロフィール
ニックネーム 足技の魔術師[1]
身長 177cm
体重 85kg
誕生日 (1959-12-12) 1959年12月12日(59歳)
出身地 静岡市清水区
所属 創天会
スポーツ歴 フルコンタクト空手
デビュー 2002年3月2日
テンプレートを表示

来歴編集

極真会館城西支部所属。得意技の飛び後ろ蹴りを武器に、1983年に行われた第15回全日本空手道選手権大会で準優勝。 以降も、第16回大会では第5位に、第18回大会では第7位に入賞。

1984年11月18日、百人組手に挑戦するも43人で失敗に終わった。

2002年1月6日、プロレスリングZERO-ONE後楽園ホール興行に乱入し、試合後の橋本真也に「お前の蹴りには蝿が止まる」と喧嘩を売った事がきっかけでプロレスに進出。3月2日、ZERO-ONE両国国技館興行での対崔リョウジ戦でプロレスデビューを果たした。また、プロレス大賞新人賞も受賞した。

2004年、ハッスルがスタートした当初は、覆面レスラーゼブラーマンに扮して登場。 貧弱かつ奇妙な特訓を行うキャラクターを演じ、興行の度に、映画『ゼブラーマン』で主演を務めた哀川翔も応援に駆けつけた。

以降は、ZERO1-MAXユニオンプロレスで空手軍を結成し、リアルジャパンプロレスなど様々な団体で活躍。 空手道場創天会館長も務め、プロレス団体「押忍闘夢」を旗揚げした。 2015年には、初代タイガーマスクと10年ぶりに試合を行った。

後に創天会代表を務め、押忍闘夢に所属。究道会館の最高師範にも就任している。

※特注:一時期、究道会館・北海道支部長という肩書きが出ていたが、それは究道会館・北海道支部設立のために名義貸しをしただけであり、小笠原は1度も北海道に在住したことはない。

2017年3月、長らく休眠していた極真城西三鷹道場を15年ぶりに再発進することを表明した[3]

人物編集

大山倍達は「大会が始まって強いものを挙げるとするならば、まず小笠原は文句ないだろうね」と小笠原を評したという[1]

タイトル歴編集

極真会館
  • 城西大会優勝 : 2回
  • 第1回神奈川空手道選手権第4位
  • 第1回全関東空手道選手権敢闘賞
  • 第1回全東海空手道選手権優勝
  • 第15回全日本空手道選手権準優勝
  • 第16回全日本空手道選手権第5位
  • 第18回全日本空手道選手権第7位
  • 第3回全世界空手道選手権ベスト16 / 試し割り : 第2位
プロレス
  • キャプチャー・インターナショナル王座
  • プロレス大賞(新人賞)
  • 地下プロレス大賞(最優秀試合賞)

入場曲編集

  • 出陣〜Dead or Alive〜(「一撃〜極真への道〜」より)

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集