プロレス大賞

その年活躍したプロレスラーを表彰するイベント

プロレス大賞は、東京スポーツ新聞社が毎年12月に発表する、その年活躍したプロレスラーを表彰するイベントである。

概要編集

冒頭の通り東京スポーツ新聞社(以下、東スポ)が発表する賞ではあるが、審査員には東スポ以外のスポーツ新聞(現在はサンケイスポーツスポーツニッポンデイリースポーツ東京中日スポーツ日刊スポーツスポーツ報知の6社)・プロレス雑誌(現在は週刊プロレスのみ)の記者、フリーのプロレスライター、三田佐代子FIGHTING TV サムライキャスター)なども含まれている。また2011年現在は、脚本家内館牧子も特別審査委員に名前を連ねている。

基本的に賞の選考は、各賞毎に審査委員からノミネートを受け付けた後に、ノミネートされた候補に対する投票を実施し、過半数を獲得したものが受賞者となる。1回目の投票で過半数を得る候補がいなかった場合は、通常得票上位の3候補による第2回投票を実施。それでも過半数を獲得する候補がいない場合は2回目の投票の上位2候補による決選投票となる。状況によっては第2回投票を飛ばし、いきなり決選投票に移行する場合もある。なお審査委員からのノミネートがない場合には「該当者なし」となる場合もある。

授賞式は年明けに都内のホテルにて行われる。2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、選考会はオンラインで実施し[1]、全選手集まっての表彰パーティーも中止となる[2]。また試合自体が少なかったこと等を受け功労賞、特別賞、レスリング特別表彰の選考を見送り、新人賞選考を取りやめた。このため2021年度の新人賞規定を4年以内とする予定[3]

各賞の概要編集

大相撲三賞に倣って殊勲賞、敢闘賞、技能賞が制定されているが、概ね殊勲賞、敢闘賞はMVPの次点のように扱われている。

最優秀タッグチーム賞は通常2名コンビが受賞しているが、複数人によるユニットも受賞対象となっている(1992年反選手会同盟、1996年蝶野天山ヒロ斎藤組等)。

新人賞は、デビューから3年以内のレスラーが対象となっている。この賞のみ男女混合で選定される。

近年はプロレス以外にレスリング選手に対する特別表彰も行っており、概ね当該年度のオリンピックレスリング種目、もしくはレスリング世界選手権でメダルを獲得した日本人選手が対象となることが多い。

受賞者一覧編集

東京スポーツ公式サイトにて[4]

2020年の受賞者編集

2019年の受賞者編集

2018年の受賞者編集

2017年の受賞者編集

2016年の受賞者編集

2015年の受賞者編集

2014年の受賞者編集

2013年の受賞者編集

2012年の受賞者編集

2011年の受賞者編集

 (8月27日/ALL TOGETHER・日本武道館:武藤、小橋の夢の競演による勧善懲悪試合)

2010年の受賞者編集

 (10月11日/新日本プロレス両国国技館:IWGPジュニアタッグ選手権。プロレス大賞史上ではジュニアタッグ初のベストバウト)

2009年の受賞者編集

 (11月20日/大日本プロレス後楽園ホール:6年越しで実現したデスマッチ・シングル初対決。インディー団体では19年ぶりの受賞)

2008年の受賞者編集

2007年の受賞者編集

 (12月2日/NOAH・日本武道館:小橋建太復帰戦。この試合で小橋が放った逆水平チョップは217発)

  • 最優秀タッグチーム賞:"GBH"真壁刀義&矢野通(新日本)
  • 殊勲賞:棚橋弘至(新日本)
  • 敢闘賞:森嶋猛(NOAH)
  • 技能賞:関本大介(大日本)
  • 新人賞:B×Bハルク(DRAGON GATE)
  • 話題賞:該当者なし
  • 女子プロレス大賞:該当者なし
  • カムバック賞:小橋建太(NOAH)
  • 特別功労賞:カール・ゴッチ

2006年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):鈴木みのる(パンクラスMISSION)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):丸藤正道×KENTA

 (10月29日/NOAH・日本武道館:NOAH史上初の、ジュニア同士によるGHCヘビー級選手権)

2005年の受賞者編集

2004年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):佐々木健介(健介オフィス)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):小橋建太×秋山準(7月10日/NOAH・東京ドーム:GHCヘビー級選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:"外敵タッグ"高山善廣&鈴木みのる
  • 殊勲賞:川田利明(全日本)
  • 敢闘賞:天山広吉(新日本)
  • 技能賞:鈴木みのる(パンクラスMISSON)
  • 新人賞:中嶋勝彦(健介オフィス)
  • 話題賞:北斗晶(健介オフィス)
  • 女子プロレス大賞:該当者なし

2003年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):高山善廣(フリー)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):三沢光晴×小橋建太(3月1日/NOAH・日本武道館:GHCヘビー級選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:"初代GHCジュニアタッグ王者組"丸藤正道&KENTA
  • 殊勲賞:小橋建太(NOAH)
  • 敢闘賞:棚橋弘至(新日本)
  • 技能賞:秋山準(NOAH)
  • 新人賞:中邑真輔(新日本)
  • 特別賞:坂口征二
  • 特別功労賞:冬木弘道ミツ・ヒライ
  • 女子プロレス大賞:浜田文子

2002年の受賞者編集

2001年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):武藤敬司(新日本)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):藤田和之×永田裕志(6月6日/新日本プロレス・日本武道館:IWGPヘビー級選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:"邪道外道"邪道&外道(新日本)
  • 殊勲賞:秋山準(NOAH)
  • 敢闘賞:永田裕志(新日本)
  • 技能賞:菊田早苗(パンクラスGRABAKA)
  • 新人賞:村浜武洋大阪プロレス
  • 特別賞:TAJIRIWWF
  • 功労賞:木戸修百田義浩
  • 女子プロレス大賞:伊藤薫

2000年の受賞者編集

1999年の受賞者編集

1998年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):小橋健太(全日本)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):小橋健太×三沢光晴(10月31日/全日本プロレス・日本武道館:三冠ヘビー級選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:スタン・ハンセン&ベイダー
  • 殊勲賞:冬木弘道(FMW)、武藤敬司(新日本)
  • 敢闘賞:秋山準(全日本)
  • 技能賞:永田裕志(新日本)
  • 新人賞:金丸義信(全日本)
  • レスリング特別賞:浜口京子、篠村敦子池田美憂
  • 特別功労賞:アントニオ猪木
  • 功労賞:豊登道春ミスター高橋ザ・グレート・カブキ
  • 女子プロレス大賞:神取忍
  • 話題賞:アレクサンダー大塚

1997年の受賞者編集

1996年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):小橋健太
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):高田延彦×天龍源一郎(9月11日/UWFインターナショナル・神宮球場)
  • 最優秀タッグチーム賞:蝶野正洋、天山広吉、ヒロ斎藤(新日本)
  • 殊勲賞:天龍源一郎
  • 敢闘賞:田上明
  • 技能賞:小川良成
  • 新人賞:近藤有己 (パンクラス)
  • 女子プロレス大賞:井上京子

1995年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):武藤敬司
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):川田利明&田上明×三沢光晴&小橋健太(6月9日/全日本プロレス・日本武道館:世界タッグ選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:蝶野正洋&天山広吉(新日本)
  • 殊勲賞:田上明(全日本)
  • 敢闘賞:冬木弘道
  • 技能賞:安生洋二
  • 新人賞:田中正人(FMW)、池田大輔
  • 女子プロレス大賞:神取忍

1994年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):橋本真也(新日本)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):大仁田厚&ターザン後藤×天龍源一郎&阿修羅(3月2日/WAR・両国国技館)
  • 最優秀タッグチーム賞:三沢光晴&小橋健太(全日本)
  • 殊勲賞:獣神サンダー・ライガー(新日本)
  • 敢闘賞:川田利明(全日本)
  • 技能賞:小橋健太(全日本)
  • 新人賞:山田学(パンクラス)
  • 特別賞:北斗晶 (全日本女子プロレス)

1993年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):天龍源一郎(WAR)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):天龍源一郎×長州力(1月4日/新日本プロレス・東京ドーム)
  • 最優秀タッグチーム賞:三沢光晴&小橋健太(全日本)
  • 殊勲賞:小橋健太(全日本)
  • 敢闘賞:橋本真也(新日本)
  • 技能賞:船木誠勝(パンクラス)
  • 新人賞:大谷晋二郎(新日本)、新崎人生(みちのくプロレス)

1992年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):高田延彦(UWFインターナショナル)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):スタン・ハンセン×川田利明(6月5日/全日本プロレス・日本武道館:三冠ヘビー級選手権)
  • 最優秀タッグチーム賞:反選手会同盟(越中詩郎・木村健吾・青柳征司・斉藤彰俊)
  • 殊勲賞:蝶野正洋(新日本)
  • 敢闘賞:田上明(全日本)
  • 技能賞:ウルティモ・ドラゴン(WAR)
  • 新人賞:秋山準(全日本)
  • 特別大賞:三沢光晴(全日本)

1991年の受賞者編集

  • 最優秀選手賞(MVP):ジャンボ鶴田(全日本)
  • 年間最高試合賞(ベストバウト):天龍源一郎×ハルク・ホーガン(12月12日/SWS・東京ドーム)
  • 最優秀タッグチーム賞:三沢光晴&川田利明(全日本)
  • 殊勲賞:大仁田厚(FMW)
  • 敢闘賞:蝶野正洋(新日本)
  • 技能賞:馳浩(新日本)
  • 新人賞:折原昌夫(SWS)

過去のMVP受賞者編集

受賞者 所属(当時)
2020年 内藤哲也 新日本
2019年 オカダ・カズチカ 新日本
2018年 棚橋弘至 新日本
2017年 内藤哲也 新日本
2016年 内藤哲也 新日本
2015年 オカダ・カズチカ 新日本
2014年 棚橋弘至 新日本
2013年 オカダ・カズチカ 新日本
2012年 オカダ・カズチカ 新日本
2011年 棚橋弘至 新日本
2010年 杉浦貴 NOAH
2009年 棚橋弘至 新日本
2008年 武藤敬司 全日本
2007年 三沢光晴 NOAH
2006年 鈴木みのる パンクラスMISSION
2005年 小島聡 全日本
2004年 佐々木健介 健介オフィス
2003年 高山善廣 フリー
2002年 ボブ・サップ K-1
2001年 武藤敬司 新日本
2000年 桜庭和志 高田道場
1999年 武藤敬司 新日本
1998年 小橋建太 全日本
1997年 蝶野正洋 新日本
1996年 小橋建太 全日本
1995年 武藤敬司 新日本
1994年 橋本真也 新日本
1993年 天龍源一郎 WAR
1992年 高田延彦 UWFインターナショナル
1991年 ジャンボ鶴田 全日本
1990年 大仁田厚 FMW
1989年 前田日明 UWF
1988年 天龍源一郎 全日本
1987年 天龍源一郎 全日本
1986年 天龍源一郎 全日本
1985年 藤波辰巳 新日本
1984年 ジャンボ鶴田 全日本
1983年 ジャンボ鶴田 全日本
1982年 タイガーマスク 新日本
1981年 アントニオ猪木 新日本
1980年 アントニオ猪木 新日本
1979年 ジャイアント馬場 全日本
1978年 アントニオ猪木 新日本
1977年 アントニオ猪木 新日本
1976年 アントニオ猪木 新日本
1975年 ジャイアント馬場 全日本
1974年 アントニオ猪木 新日本

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 【プロレス大賞】ジュリア「全く狙ってなかった」 想定外の女子プロレス大賞初受賞に大号泣! – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  2. ^ 内藤哲也2冠「コール心に響いた」MVP&最高試合 - プロレス : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  3. ^ 【プロレス大賞】評論家・門馬忠雄氏「2020年は日本のプロレス68年の歴史の中でも大事件」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  4. ^ 東京スポーツ・プロレス大賞2010~
  5. ^ 【プロレス大賞】オカダが7年連続、通算8度目ベストバウト!天龍の最多記録にあと1 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  6. ^ 【プロレス大賞】101歳コンビ杉浦&桜庭が最優秀タッグ初受賞「来年はベルト独占だな」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  7. ^ 【プロレス大賞】殊勲賞は〝アイ・アム・ノア〟潮﨑豪!「来年もベルトを防衛したい」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  8. ^ 【プロレス大賞】敢闘賞はヘビー級挑戦の高橋ヒロム「これからも夢のために戦い続けます」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。
  9. ^ 【プロレス大賞】DDTのハイフライヤー・遠藤哲哉が技能賞! グラドルへの〝片想い〟も実るか? – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2020年12月15日). 2020年12月16日閲覧。

外部リンク編集