小笠原 胤次(おがさわら たねつぐ、1657年明暦3年) - 1718年3月15日享保3年2月14日))は、江戸時代中期の紀州藩士江戸幕府旗本義頼高天神小笠原氏当主。

 
小笠原胤次
時代 江戸時代中期
生誕 明暦3年(1657年
死没 享保3年2月14日(1718年3月15日)
別名 長六、長左衛門、主膳
戒名 道浄
官位 肥前守
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川吉宗
氏族 小笠原氏#遠江小笠原氏
父母 父:松平定之
養父:小笠原胤治
正室:小笠原胤治の娘
女子、長澄茂武、女子(松平定相室)、長寛、女子
テンプレートを表示

紀州藩士・小笠原胤治の婿養子で旗本・松平定之(久松松平家松平定実嫡男)の五男。母は松平氏家臣奥平貞由の娘。通称は長六、長左衛門、主膳。子に長澄、茂武、長寛、娘(松平定相の妻)、娘(駒井親行の養女、小菅正親の妻)らがいる。

1716年(享保元年)、藩主・徳川吉宗江戸幕府第8代将軍に就任すると、吉宗に従って江戸に移り、幕臣として仕え、同年5月25日より御側御用取次に任ぜられ、伊勢国安芸郡河曲郡の内に2500石を拝領し、従五位下、肥前守に叙任される。1717年(享保2年)、常陸国筑波郡河内郡に2000石を加増される。同年4月に致仕し、備前恒弘の日本刀を献上する。1718年(享保3年)、享年62で没する。法名は道浄。品川の東海寺に葬られた。家督は次男の茂武が相続した。

登場する作品編集

参考文献編集