メインメニューを開く

東海寺(とうかいじ)は、東京都品川区北品川三丁目にある臨済宗大徳寺派寺院山号は万松山。

東海寺
Toukaiji20100521.jpg
世尊殿
所在地 東京都品川区北品川三丁目11番9号
位置 北緯35度36分58.21秒
東経139度44分20.15秒
座標: 北緯35度36分58.21秒 東経139度44分20.15秒
山号 万松山
宗派 臨済宗大徳寺派
創建年 寛永16年(1639年
開基 徳川家光
文化財 沢庵和尚画像(東京都指定文化財)
沢庵墓・賀茂真淵墓(国の史跡)
法人番号 1010705000193
東海寺 (品川区)の位置(東京都区部内)
東海寺 (品川区)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

徳川幕府3代将軍家光により創建され、元禄7年の全焼後にはすぐに5代将軍綱吉によって再建されるなど、幕府による手厚い保護を受けていた。500石の朱印領と47,666坪に及ぶ広大な寺域を有していた。[1]

2012年10月、境内の原爆犠牲者慰霊碑が葛飾区青戸平和公園へ移設される[2]

文化財等編集

  • 梵鐘 - 元禄5年(1693年
  • 沢庵和尚画像 - 江戸時代、東京都指定文化財
  • 沢庵墓 - 寺の西方の東海寺大山墓地にある。国の史跡
  • 賀茂真淵墓 - 東海寺大山墓地にある。国の史跡(指定名称は「加茂真淵墓」)。

所在地編集

  • 東京都品川区北品川三丁目11番9号

近隣情報編集

 
井上勝墓、後方は東海道新幹線

交通アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c No.27 東海寺と沢庵”. 品川歴史館 常設展示 解説シート. 品川歴史館. 2015年8月30日閲覧。
  2. ^ 東京の原爆慰霊碑移設 平和行政進める葛飾区へ 東友会”. 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター. 2018年10月1日閲覧。