メインメニューを開く

小笠原 臣也(おがさわら しんや、1935年2月17日[1] - )は、日本の政治家自治官僚広島県呉市長(3期12年間)。

小笠原 臣也
おがさわら しんや
生年月日 1935年2月17日
出身校 中央大学法学部卒業
前職 広島県副知事

当選回数 3回
在任期間 1993年 - 2005年
テンプレートを表示

目次

略歴編集

広島県出身[1]1957年中央大学法学部卒業後、自治省に入省[2]鳥取県鹿児島県と本省勤務を交互に経た後[2]愛媛県松山市助役1975年 - 1981年[3])。1981年から自治省管理課長、選挙課長、選挙部長を歴任[2]1987年9月から1993年7月まで広島県副知事を務める[4]。1993年11月から呉市長を3期務め、大和ミュージアム[5]平成の大合併に携わる[2]

著書編集

  • 小笠原臣也 『戦艦「大和」の博物館 大和ミュージアム誕生の全記録』 芙蓉書房出版、2007年5月。ISBN 978-4829504000
  • 小笠原臣也 『私の人生公路 小笠原臣也回顧録』 広島大学文書館編、現代史料出版、2012年9月。ISBN 978-4877852764

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 知恵蔵2001 別冊付録「キーパースン 現代日本人名録」』 朝日新聞社、2001年、308頁。ISBN 9784023900011
  2. ^ a b c d 戦艦「大和」の博物館 大和ミュージアム誕生の全記録 - 版元ドットコム
  3. ^ 歴代三役0 - 松山市
  4. ^ 歴代の知事・副知事 - 広島県
  5. ^ 大和ミュージアム設立を契機とする呉市周辺の観光変化 (PDF)”. 山本理佳. 国立歴史民俗博物館研究報告 第193集. p. 9/33 (2015年2月). 2017年10月29日閲覧。

関連項目編集