小船井充

日本のアニメーター、キャラクターデザイナー、アニメーション演出家、アニメーション監督

小船井 充(おぶない みつる、1968年3月28日 - )は日本アニメーターキャラクターデザイナーアニメーション演出家、アニメーション監督である。新潟県出身。

おぶない みつる
小船井 充
生誕 (1968-03-28) 1968年3月28日(53歳)
日本の旗 日本新潟県
国籍日本の旗 日本
職業アニメーター
キャラクターデザイナー
アニメーション演出家
アニメーション監督

フリーアニメーター集団『スタジオへらくれす』メンバーでアニメ制作会社ufotableに所属[1]

人物・経歴編集

代々木アニメーション学院出身。現ufotable徳島スタジオ統括の野中卓也やアニメーターの中村豊藤咲淳一は学院時代の同期であり同クラスである[2]

フリーアニメーター集団『スタジオへらくれす』に参加しながら様々な作品で原画マンとして活躍。その後、『住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー』の第4話「謎の住人沙由里登場でドッコイ」よりufotableに参加。以降、ufotableの常駐原画マンとして活動している。ufotable作品の多くでキーアニメーターを務めている[1]

ufotableを代表するアクションアニメーターの一人であり、社内では國弘昌之木村豪と並びufotableの「動かし屋」メンバーといわれている。そのため、アクションシーンやエフェクトカットにおける勝負カットを任されることが多い[3][4]。木村は小船井の作画について「基本がしっかりしていてリアルな表現を考えたうえで、派手なアクションを描いている」と評している[5]

ニニンがシノブ伝』や『コヨーテ ラグタイムショー』にて絵コンテ・演出を務めた後、『劇場版 空の境界 第三章 痛覚残留』にて劇場監督デビューした[1]

作品リスト編集

テレビアニメ編集

劇場版アニメ編集

OVA編集

Webアニメ編集

ゲーム編集

イラスト編集

  • インスタント・マギ(2016年) - キャラクターデザイン、イラスト

出典編集

  1. ^ a b c 劇場版 空の境界 第三章「痛覚残留」画コンテ集、講談社、2008年9月1日発行、ISBN 978-4-06-283675-3、P258-P265
  2. ^ 劇場版 空の境界 第二章 殺人考察(前) 画コンテ集、講談社BOX、2008年8月4日、ISBN 978-4-06-283672-2、P220-P227
  3. ^ “「Fate/stay night」を作っているのはこんな人たち、スタッフトークイベント・前編”. (2014年9月8日). https://gigazine.net/news/20140908-fate-stay-night-staff-talk-1/ 2019*08-09閲覧。 
  4. ^ 月刊ニュータイプ 2017年6月号、P26、2017年5月10日発行
  5. ^ アニメージュ2017年8月号、P23、2017年7月10日発行

関連項目編集

外部リンク編集