小野寺直助

小野寺 直助(おのでら なおすけ、1883年5月31日 - 1968年11月3日)は、日本の医学者内科医岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)生まれ。

略歴編集

京都帝国大学福岡医科大学(九州大学医学部の前身)卒業。九州帝国大学教授を経て、久留米医科大学学長就任。胃腸疾患が専門で、消化器病診断に小野寺式圧診法を採用する。1963年文化功労者1964年勲二等旭日重光章

関連項目編集