メインメニューを開く

小野 春風(おの の はるかぜ)は、平安時代前期の貴族歌人従五位上小野石雄の子。官位正五位下右近衛少将

 
小野春風
Ono no Harukaze.jpg
小野春風『前賢故実』より
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下右近衛少将
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 小野氏
父母 父:小野石雄
兄弟 春枝春風春泉
清如
テンプレートを表示

目次

経歴編集

仁寿4年(854年右衛門少尉天安2年(858年右近衛将監貞観6年(864年武蔵介を歴任する。

貞観12年(870年)正月に正六位上から従五位下に昇叙され、新羅の入寇への対応を行うべく、対馬守に任ぜられる。対馬守在任時に、甲冑の防御機能を強化するための保侶衣1000領、及び兵糧を携帯するための革袋1000枚の必要性を朝廷に訴え、大宰府に保管されていた布でこれらが製作された[1]。同年3月に肥前権介を兼任する。また同月に、弘仁4年(813年)に起きた蝦夷の吉弥侯部止波須可牟多知の乱において、父・石雄が着用した羊革の鎧と牛革の鎧が陸奥国に保管されていたことから、これを着用して九州の警備に当たり、無事に帰京して改めてこの鎧を返納したい旨上奏する。この願いは許されて、羊革の鎧が春風に与えられ、牛革の鎧は兄の陸奥権守小野春枝に与えられている[2]。のち、左近衛将監に転じたものの讒言を受け免官となる。

元慶2年(878年)3月に元慶の乱が勃発すると、出羽権守として俘囚討伐を担うこととなった藤原保則の推挙により、同年6月鎮守府将軍に任ぜられ、陸奥権介坂上好蔭と共に精兵500人と甲冑一揃えを与えられ、陸奥国から秋田城へ救援に向かう[3]。春風は防具・武器を脱ぎ捨て単身で夷俘の中に乗り込み、夷語を用いて降伏を促すなど、硬軟取り混ぜた対応により乱を収めた。

元慶6年(882年)には従五位上に叙せられ、仁和3年(887年大膳大夫次いで摂津権守、翌仁和4年(888年)左衛門権佐、寛平2年(890年)右近衛少将次いで陸奥権守、翌寛平3年(891年讃岐権守と主に武官と地方官を歴任した。昌泰元年(898年)には正五位下に叙せられている。

人物編集

「累代の将家にして、驍勇人に超えたり」と賞賛されるほどの武人であり、若い頃辺境の地に暮らしていたことから、夷語にも通じていたという[4]

一方で和歌にも秀で、勅撰歌人として『古今和歌集』に2首が入集している。

  • 花薄 穂にいでて恋ひば 名を惜しみ 下ゆふ紐の むすぼほれつつ(『古今和歌集』巻十三653番)
  • 天彦の おとづれじとぞ 今は思ふ 我か人かと 身をたどる世に(『古今和歌集』巻十八963番)

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』貞観12年3月16日条
  2. ^ 『日本三代実録』貞観12年3月29日条
  3. ^ 『日本三代実録』元慶2年6月8日掾
  4. ^ 『藤原保則伝』
  5. ^ a b c d e f g h 『古今和歌集目録』

参考文献編集

関連作品編集

書籍編集

小説編集