菊池 容斎(きくち ようさい、(1788年11月28日(天明8年(旧暦)11月1日) -1878年(明治11年)6月16日)は、江戸時代後期から、明治時代初頭にかけての絵師。『前賢故実』の作者として知られる。

菊池容斎

生涯編集

 
谷中霊園にある菊池容斎の墓

旧姓は河原。本名は量平または武保[1][2]。 幕府西丸の御徒・河原専蔵武吉の次男として、江戸下谷長者町で生まれた。父は菊池家から養子に来た人であったが、系図によると南朝遺臣の菊池武時の後裔であるという[2]。15歳の時に早世した兄に代わって河原家を嗣いでいたが、28歳の時に父の生家が断絶し、量平はこの名家が廃されるのを惜しみ、妹に婿養子を迎えて河原家を嗣がせたのち38歳で致仕し、菊池武長の後を継いで菊池家を再興した。菊池武保と名乗るのはそれからである[要出典]。「容斎」という号は、厳格さのあまり他人を容赦しない、自分の性質を戒めるためにつけたという[2]

幼いときから絵を描くのが好きだったが、父が画を学ぶことを認めなかったが、16歳の時に両親の肖像画を見て、許しが出たという[要出典]。1805年(文化2年)に高田円乗に師事し、様々な流派の画風を学ぶ[3][2]。円乗の死後は師につかず、その教えを守り流派にこだわらずにその長所をとることに努めた[要出典]旗本久貝正典の財政援助を得て[要出典]「阿房宮兵燹の図」「呂后斬戚夫人図」などの大作を描いた。学問上の知己として羽倉簡堂がいる[要出典]。 1825年(文政8年)に西丸御徒勤めを辞して、作画が本格化したとみられる[要出典]

1877年(明治10年)の第一回内国勧業博覧会に出品し、最高の竜紋褒賞を授与された[1]

『前賢故実』編集

 
『前賢故実』中の源義経

1827年(文政10年)から大和に5年ほど滞在し、円山四条派土佐派浮世絵を学び、有職故実や古器物の研究を行う[要出典]。この時の成果が、1868年(明治元年)に版行完結した『前賢故実』全10巻[注釈 1]である(以下、『故実』)。

神代から、南北朝時代に至る、571人の公家・貴族・僧・武士・女房らの小伝と、史実や有職故実に則った装束を身にした姿を一丁(見開き2ページ)に描いた。

孝明天皇明治天皇に『故実』が献上され、1875年(明治8年)に「日本画士」の称号を拝命する[2][注釈 2]

門人と後代への影響編集

容斎の門人として、松本楓湖渡辺省亭鈴木華邨三島蕉窓など、私淑した画家として梶田半古[4]らがいる。

省亭によると、容斎は、円乗に師事した経験から、門人に粉本(ふんぽん。手本帖)を写させることはせず、好きに描かせ、出来上がったものに対して意見を述べたという[5]

明治10年代半ばから30年代にかけて、政府の皇民化政策、及び伝統品輸出振興策の結果として、歴史画が盛んに描かれるようになると、多くの絵師が『故実』を引用した[6][7]

上述の日本画家の他にも、小堀鞆音や、大蘇(月岡)芳年[8]小林清親等の浮世絵師、本多錦吉郎原撫松等の洋画家[9]に加え、生人形師の松本喜三郎[注釈 3]、写真師の北庭筑波[注釈 4]講釈師松林伯円も『故実』を参考にしている[11]

半古は弟子に『故実』を書写させ、小林古径前田青邨といった歴史画家が生むこととなる[13]

代表作編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 款記 印章 備考
海野北窓像 絹本著色 1幅 94.6x43.7 東京藝術大学大学美術館 1824年(文政7年) 「文政甲申閏八月 容斎河原保」 「容斎」朱文方印・「武保」白文方印[注釈 5] 像主の海野北窓については不明。
蘭亭曲水図 福富太郎旧蔵 1827年(文政10年)
五百羅漢図 絹本著色 1幅 奈良県立美術館 1827年(文政10年)
林和靖 紙本墨画淡彩 襖4面 世田谷区立郷土資料館 1827-33年(文政10-16年) 「容斎河原画」 容斎最初の妻・コウの実家である用賀村名主・飯田家に伝わった襖絵[14]
観音経絵巻 2巻 フランス国立図書館 1838年(天保9年) 中村仏庵の依頼で制作されたが、生前に完成出来なかった作品[15]
馮昭儀当逸熊図 絹本著色 1幅 静嘉堂文庫美術館 1841年(天保12年)
塩冶高貞妻出浴之図 絹本著色 1幅 98.6x41.4 福富太郎コレクション資料室 1842年(天保13年)
呂后戚夫人 絹本著色 1幅 215.9x166.5 静嘉堂文庫美術館 1843年9月10日(天保14年8月17日) 癸卯仲秋望後二日 容斎逸人画」 「容斎」朱文方印・「武保」白文方印[16]
阿房宮 絹本著色 1幅 161.1x110.4 静嘉堂文庫美術館 天保年間 本図は、大目付まで務めた幕臣久貝正典の依頼で描かれた(蔵書家・新井政毅の箱書きより)。久貝は容斎が貧困にあえいでいた際、資金援助をしたという。静嘉堂所蔵の容斎作品3点は、明治20年前半には岩崎弥之助のコレクションとなった。
宇治川真景図 絹本著色 1幅 41.0x56.4 ベルリン東洋美術館 1843年(天保14年) 「癸卯晩秋 容斎逸士」[17]
桜図 絹本著色 1幅 86.0x175.2 泉屋博古館分館 1847年(弘化4年) 「丁未暮春 容齋逸士」 「雲水无盡庵」朱文方印
蒙古襲来図 紙本墨画淡彩 1幅 222.3x140.0 東京国立博物館 1847年(弘化4年)[注釈 6]
堀川夜討図 板金地著色 絵馬1面 179.0x256.3(額面) 浅草寺 1848年(嘉永元年) 「容斎逸士」 「菊池武保」白文方印・「定卿氏」朱文方印 重要美術品
九相図 紙本著色 1幅 116.5x53.7 ボストン美術館 1848年(嘉永元年)[注釈 7]
関ヶ原合戦図屏風 紙本金地著色 六曲一双 97.5x229.0(各) 敦賀市立博物館 1854年(安政元年) 「甲寅蒲月容斎逸士」(各) 「容斎」朱文方印(各)[18]
蒙古襲来之図 絹本淡彩 1幅 161.2x83.2 静岡県立美術館 1862年(文久2年)[注釈 8]
安政大地震 お救小屋の図 1幅 121.0x55.6 東京都江戸東京博物館 1872年(明治5年)[注釈 9]
鼠狐言帰図巻 紙本著色 1巻 23.9x617.3 泉屋博古館 1872年(明治5年)
十六羅漢図 絹本著色 1幅 144.2x70.4 練馬区立美術館 1876年(明治9年)
和気清麿 1幅 108.1x54.5 東京国立博物館 1847年(弘化4年)[注釈 10]
大塩平八郎 1幅 55.5x35.3 東北大学附属図書館 [19]
新田義貞伊賀局 絹本著色 双幅 永青文庫 各幅に「容斎」
義光逢時元図・義家見雁之図 絹本著色 双幅 中野区立歴史民俗資料館 中野区登録有形文化財(堀江家資料)
貞観園貞観堂二之間障壁画 [注釈 11]


脚注編集

注釈編集

  1. ^ 国立国会図書館オンライン 前賢故実”. 2020年9月17日閲覧。
  2. ^ 但し、「日本画士」を示す公文書は発見されていない[1]
  3. ^ 1872年(明治5年)、容斎に教えを乞うている[10][11]より孫引き。
  4. ^ [12][11]より孫引き。
  5. ^ 東京藝術大学大学美術館収蔵品データベース 海野北窓像”. 2020年9月21日閲覧。
  6. ^ 東京国立博物館画像検索 蒙古襲来図”. 2020年9月21日閲覧。
  7. ^ Museum of Fine Arts, Boston. Collections search. "The Inevitable Change" 九相図”. 2020年9月21日閲覧。
  8. ^ 静岡県立美術館コレクション 菊池容斎 蒙古襲来之図”. 2020年9月21日閲覧。
  9. ^ 江戸東京博物館 収蔵品検索 安政大地震 お救小屋の図]”. 2020年9月21日閲覧。
  10. ^ 東京国立博物館 画像検索 和気清麿図”. 2020年9月21日閲覧。
  11. ^ 貞観園 貞観堂内について”. 2020年9月21日閲覧。

出典編集

  1. ^ a b c 塩谷 1999b, p. 13.
  2. ^ a b c d e 塩谷 1999a, p. 164.
  3. ^ 塩谷 1999b, p. 12.
  4. ^ 野地 1999, p. 139.
  5. ^ 塩谷 1994, p. 9.
  6. ^ 山梨 1993, pp. 13-15.
  7. ^ 練馬 1999, pp. 98-128.
  8. ^ 菅原 1999, pp. 129-138.
  9. ^ 練馬 1999, pp. 100-118、113-115.
  10. ^ 朝倉 1873.
  11. ^ a b c 木下 1993, p. 147.
  12. ^ 無署名 1872.
  13. ^ 塩谷 1994, p. 15.
  14. ^ 世田谷区立郷土資料館 2014, pp. 138-139.
  15. ^ 塩谷 2006, pp. 31-39.
  16. ^ 佐藤 2011, pp. 32-34.
  17. ^ 金澤 1992, p. 157.
  18. ^ 敦賀市立博物館 2003, pp. 58-59、108.
  19. ^ 徳島県立博物館 2017.

参考文献編集

一次史料編集

  • 菊池容斎『前賢故実』全10巻、1868年。doi:10.11501/778225
  • 秋月種樹撰、金井之恭書『菊池容斎之碑』、1878年。容斎墓(谷中墓地)。
    • 塩谷純編「菊池容斎之碑」『没後百二十年 菊池容斎と明治の美術・菊池容斎に関する文献』、1999年10月24日、164頁。

二次資料編集

  • 無署名「北庭筑波の広告」『新聞雑誌』第68号、1872年11月。
  • 朝倉無声「生人形の話」『日要新聞』第87号、1873年8月。
  • 井上和雄『浮世絵師伝』渡邊庄三郎、1931年10月4日。doi:10.11501/1186832
  • 結城素明「勤皇画家菊池容斎の研究」『双杉会誌』第1巻第3号、1935年10月。
  • 福田徳樹「菊池容齋の位置」『MUSEUM』第429号、東京国立博物館、1986年12月、 18-29頁。
  • 金澤弘監修『ベルリン東洋美術館名品展』ホワイトPR、1992年1月12日。
  • 佐藤道信『日本の美術325 河鍋暁斎と菊池容斎』至文堂、1993年6月15日。
  • 木下直之『美術という見世物』平凡社、1993年6月22日。ISBN 4-582-28471-X
  • 兵庫県立近代美術館神奈川県立近代美術館編『描かれた歴史-近代日本美術にみる伝説と神話』、1993年9月18日。
    • 山梨俊夫「「描かれた歴史」-明治のなかの「歴史画」の位置」『描かれた歴史-近代日本美術にみる伝説と神話』、1993年9月18日、11-23頁。
  • 練馬区立美術館編『没後百二十年 菊池容斎と明治の美術』、1999年10月24日。
    • 塩谷純「容斎断章」『没後百二十年 菊池容斎と明治の美術』、1999年10月24日、11-23頁。
    • 菅原真弓「『前賢故実』の波紋-月岡芳年を中心に」『没後百二十年 菊池容斎と明治の美術』、1999年10月24日、129-138頁。
    • 野地耕一郎「「容斎」以後-明治期美術におけるその影響」『没後百二十年 菊池容斎と明治の美術』、1999年10月24日、139-143頁。
  • 悳俊彦「特集 知られざる画家 菊池容斎」『Bien(美庵)』第19号、藝術出版社、2003年2月25日。
  • 塩谷純「菊池容斎と歴史畫」『國華』第1183号、朝日新聞社、1994年6月20日、 7-22頁。
  • 敦賀市立博物館編『館蔵逸品図録(続三)』、2003年10月25日。
  • 塩谷純「菊池容斎 観音経絵巻」『美術研究』第390号、東京文化財研究所、2006年12月、 31-39頁。
  • 佐藤康宏「菊池容斎筆 呂后斬戚夫人図」『国華』第1370号、朝日新聞社、2011年12月20日、 32-34頁。
  • 世田谷区立郷土資料館編『開館五十周年記念特別展 大館蔵品展』、2014年10月30日。
  • 中野慎之「前賢故実の史的位置」『MUSEUM』第664号、東京国立博物館、2016年10月15日、 31-53頁。
  • 野地耕一郎「菊池容斎筆 桜図」『國華』第1459号、朝日新聞社、2017年5月20日、 33-37頁。
  • 徳島県立博物館編『江戸幕府徳島藩―幕藩制改革からみる江戸時代』、2017年10月14日。


外部リンク編集