メインメニューを開く

少子高齢化

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

少子高齢化(しょうしこうれいか)とは、一つの国・地域で、出生率の低下による少子化平均寿命の増大が同時に進行し、人口に占める高齢者の割合が上昇していく(高齢化)状況。現在、世界の先進国の中で人口問題として取り上げられる。一方、発展途上国では起こりにくい。

目次

少子高齢化による問題編集

少子高齢化によって引き起こされる問題としては次のようなものがある。

少子高齢化を解決する手段として、日本では外国人労働者の受け入れに関して分析[1]や提言[2]などが行われるようになった。

少子高齢化によりもたらされる現象編集

家族・親戚関係の希薄化編集

毎日新聞の調査によれば、日本では相続人の不存在を理由に遺産が国庫入りするケースが年々増加しており、2017年度には500億円を超える額となった。遺産の受取人がいない理由の一つに、少子高齢化問題の存在も数えられている[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集