少帝懿(しょうてい い)は、後漢の第7代皇帝。正史では皇帝としての即位は認められていない。父は済北恵王劉寿。第3代皇帝章帝の孫にあたる。

少帝 劉懿
後漢
第7代皇帝
王朝 後漢
在位期間 延光4年3月28日 - 10月27日
125年5月18日 - 12月10日
都城 雒陽(洛陽)
姓・諱 劉懿
生年 不詳
没年 延光4年10月27日
125年12月10日
済北恵王劉寿
年号 延光125年

第6代安帝の死後、その皇后の閻氏によって擁立される。しかし即位後200日ほどして病気にかかり、まもなく死去した。その後、宦官孫程たちにより閻氏一族は殺され、劉懿は皇帝の位を剥奪され、王の礼をもって葬られた。

正史では皇帝としての即位を認められなかったため、避諱の対象にならず、その諱である「懿」を使用する者(司馬など)が存在した。関連は不明であるが、日本の第4代徳天皇の漢風諡号にも使用されている。