質帝(しつてい)は、後漢の第10代皇帝。曾祖父は千乗貞王劉伉。祖父は楽安夷王劉寵。父は勃海孝王劉鴻

質帝 劉纘
後漢
第10代皇帝
王朝 後漢
在位期間 永憙元年1月25日 - 本初元年6月1日
145年3月6日 - 146年7月26日
都城 雒陽(洛陽
姓・諱 劉纘
諡号 孝質皇帝
生年 永和3年(138年
没年 本初元年6月1日
146年7月26日
勃海孝王劉鴻
夫人陳氏
陵墓 静陵
年号 本初146年

沖帝が在位6カ月で死去したあと、梁冀により章帝の玄孫である劉纘が皇帝に擁立された。『後漢書』には梁冀とその一族による専権が強まり朝政は腐敗していたが、梁冀の権勢を恐れて誰も諫言を行おうとしなかったとある。梁冀の専横を不満に思った質帝が「跋扈将軍」と揶揄したために、梁冀により毒殺された。