少弐 頼尚(しょうに よりひさ/よりなお)は、南北朝時代から室町時代にかけての武将少弐氏6代当主。

 
少弐頼尚
時代 南北朝時代室町時代
生誕 永仁2年(1294年
死没 建徳2年/応安4年12月24日1372年1月30日
改名 頼尚→梅渓本通(法名)
幕府 鎌倉幕府室町幕府
主君 足利尊氏直冬
氏族 少弐氏
父母 父:少弐貞経
兄弟 頼尚馬場経員、頼賢[1]宗應
直資冬資頼澄頼光足利直冬
テンプレートを表示

生涯編集

元弘3年(1333年)、鎌倉幕府討幕運動である元弘の乱が起こると賛同し、父・少弐貞経に従って九州における北条氏勢力であった博多鎮西探題北条英時を滅ぼす。建武元年(1334年)、鎌倉幕府滅亡後に後醍醐天皇建武の新政が始まる。同年春、北条の残党の豊前守護の糸田義貞、肥後守護の規矩高政が反乱を起こす。頼尚は、規矩高政を、大友貞載糸田義貞を鎮圧した。

建武2年に足利尊氏が建武政権と対立して、翌年に足利尊氏が九州へ落ち延びてくると頼尚は尊氏を迎えるために赤間関へ赴くが、その最中に宮方に属した菊池武敏阿蘇惟直大宰府有智山城)を攻められ父・貞経が戦死する。

建武3年(1336年)、頼尚は足利勢と共に筑前国多々良浜の戦い(福岡市東区)で菊池氏らを撃破する。再び京都を目指す尊氏に従い、湊川の戦いで戦う。その後、畿内まで従軍する。足利尊氏が建武式目制定する際、頼尚は具申者[2]の一人に名を連ねる。頼尚は恩賞として筑前国豊前国肥後国対馬国などの守護職を与えられる。

尊氏が九州に残した一色範氏九州探題肥前守護に任命したことで、少弐氏は尊氏に反感をもったと思われる。足利家で尊氏と弟の足利直義が対立した観応の擾乱が発生し、正平4年/貞和5年(1349年)に直義の養子・直冬が九州へ逃れると頼尚は娘を娶せて[3]直冬を擁立し、九州における足利勢力である九州探題一色範氏と争うが[4]、直冬が没落したために領地の大半は没収される。

さらにそれより以前に南朝は後醍醐天皇の皇子である懐良親王を征西将軍として九州へ派遣し、忽名氏谷山氏等の支援のもと島津氏を撃破した懐良は南九州へ入り菊池氏に迎えられていた。頼尚は今度は南朝と同盟し一色氏と交戦する[5][6]

正平10年/文和4年(1355年)、一色範氏が九州から撤退し、共通の敵がいなくなると南朝勢力と再び敵対した。正平14年/延文4年(1359年)には大友氏時宇都宮冬綱らと共に、菊池武光ら南朝方と筑後川の戦い(大保原合戦)で戦うも[7]敗れ、 正平16年/延文6年・康安元年(1361年)には頼尚は大宰府有智山城を追われた。

正平17年/貞治元年(1362年)に長者原の戦いに敗れて、正平22年/貞治6年(1367年)に頼尚は隠居[8]して、上京。

建徳2年/応安4年(1371年)12月24日、京都[9]で死去。享年78。

脚注編集

  1. ^ 『横岳系図』(東京大学資料総合データベース [1] にて、貞経の子に頼賢、宗應あり。宗應、有智山城に死す。
  2. ^ 渡部文吉 (1989年). 武藤少弐興亡史. 海鳥社. p. 31 
  3. ^ 大日本史料』第6編之12 985頁
  4. ^ 『大日本史料』第6編之15 318頁
  5. ^ 『大日本史料』第6編之17 240頁
  6. ^ 『大日本史料』第6編之17 676頁
  7. ^ 『大日本史料』第6編之22 641頁
  8. ^ 武藤少弐興亡史. 海鳥社. (1989年). p. 36 
  9. ^ 渡辺文吉 (1989). 武藤少弐興亡史. 海鳥社. p. 26 

出典編集

  • 『斑島文書』
  • 園太暦』(二十一)
  • 『北肥戦誌』(三、九州所々軍之事)
  • 『太平記』(二十八巻・大宰少弐以直冬為婿事、三十三巻・菊池合戦事)
  • 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年