メインメニューを開く

屋外排泄(おくがいはいせつ)とは、屋外において便所が無いところで排泄すること。野外排泄(やがいはいせつ)とも呼ばれる。特に尿の場合は立ちション(たち-)、野ション(や-)などと呼ばれ推奨され、の場合は野糞(のぐそ)と呼ばれ避けられる。

便所がどこにでもあるわけではない時代や地域においてはごく自然なことであるが、今日では公衆衛生疫病の防止)の観点から先進国を中心に多くの地域で禁止されている。日本では軽犯罪法にて取り締まられている。

傾向編集

一般編集

一般的にトイレが近くになく我慢できないときに行われる。羞恥心および汚す箇所を最小限にとどめ、目立たなくするといった理由で、隅の方や、目立たない場所、ドブなどの溝、元々汚れているところで行われることが多い。植物による目隠しや、分解されることを期待して、自然の中で行われることも多い。

子供トイレトレーニングの一環で行わせることもある。かつての日本でも、道端で小さい子に排尿させることは当たり前に行われてきた。これは当時、布おむつが使われていたため洗う手間を省くためでもある。子供がトイレやおまるで排泄することに恐怖心を抱いているときに、行わせることもあった。

ドライブ中に催し、渋滞に巻き込まれるなどして、パーキングエリアサービスエリア)のトイレまで持たないときには、緑地帯や、路肩、駐車場で行われることもある。

登山またはハイキングをしていてトイレが見当たらないとき、トイレのない場所でキャンプをしているときで、なおかつ携帯トイレを持ち合わせていないときに行われる。隠語として「キジ撃ち」や「花摘み」が用いられる。森林では、樹木が生い茂っており、奥へ入れば目隠しになるため行われる。キャンプの際に行われることが多い。

地域性編集

地域によって考え方は異なる。多くの先進国の街中では禁止される。都会では禁止されていて、田舎では寛容な傾向がある。

排泄物編集

尿の方が回数が多く液体であり、放尿後に環境が美化されることから多く行われ、排泄物をそのままにしておく傾向にある。その反面、の方は固体であり、跡形や臭いが残りやすいことから滅多に行われない。

イレギュラー編集

性的欲求を満たすため、他者の羞恥心を煽るために行うこともある。

海外編集

中国編集

中国は、田舎、街中、公共の場所問わず、子供の排泄には寛容な傾向にある。その象徴たるものが股割れズボンで、しゃがみこむだけで用が足せるようになっている。ただし、中国政府は北京五輪を前にマナー向上の一環で街中での用足しをやめるよう周知したため、人々の意識も変わりつつある。

モンゴル編集

モンゴルの遊牧生活をしている人々は、パオまたはゲルと呼ばれる移動式住居に住んでいるが、その住居にトイレはなく、大地に用を足している。

インド編集

インドは宗教上の理由からトイレを設けない家屋が多く、2015年の段階で5億2,300万人が屋外排泄を行っている推計があり、世界最大の屋外排泄大国となっている。これにより特に都市部では衛生状況の悪化が深刻化しており、インド政府や国際機関などがその習慣をやめるよう促している[1]

強く禁止される場所編集

神社仏閣墓地地蔵などの宗教施設の様に神聖な場所は汚してはならぬとの考え方から、上水道(生活用水として使っている川、井戸など)や、公園の砂場は(抵抗力の弱い幼児が遊ぶ事が多い場所であるため)疫病予防の観点から、高山は気温が低く、排泄物を分解する微生物の活動が落ちるため排便は行ってはならないとされる。ただし、排尿はそれらの場所を浄化するため、積極的に行うべきだとされている。

野外排泄に関する日本の刑法編集

屋外で排便することは、予想できない渋滞の発生時やトイレの無い山中などでは許されることもあるが、これは極めて稀有なケースで、基本的には軽犯罪法違反である。また、場所によっては刑法142条の「浄水汚染」(付近に飲料水として使用されている井戸や水源地などがあった場合)、同第261条「器物損壊等」(他人の所有物などに排便した場合)、同第174条「公然わいせつ」(人々が集合したり往来のある場所などで陰部を露出して排便した場合)によって処断されたケースもあり、更に公衆衛生上も好ましくないため認められる行為ではない。男女の性別も問われない。

しかし、屋外で排尿を行った場合は、よほどのことがない限り法に抵触しない。これは、摘発の理由がどう見ても警察官の小遣い稼ぎでしかないこと、排尿による被害が皆無であることなどに起因する。[要出典]

科学的見地から編集

「小便は樹木類の肥料となる」との理由で他人の野外排尿を擁護する人もいる。小便を肥料として用いるには、積極的に野外排尿を行うのがよく、排尿直後の小便は特に樹木を大きく育てられる。

実際、小学生などによる立ち小便が原因で水田の稲が大きく育つという効果が出ている。日本では昭和時代中期まで人の糞尿を農耕の肥料として用いてきたため、このような知識が広まったと推測される。ちなみに大便は窒素リン酸などを含有しており、脱糞直後の状態でも十分肥料として通用する。

なお、昆虫採集家が野外で採集する際に、野糞を行うことがある。すると、動物の糞を好む昆虫 つまり糞虫ハエ類が集まってくる。もし採集家がこの類の採集を求める場合、これを見逃す手はないので、当然のように時間をおいて立ち戻り、集まった昆虫を採集する。昆虫採集の方法として、このような虫を捕るために糞を用意しておいて、それを置いて集める方法があり、これはトラップのひとつとされる。そこから、このような自分の糞で虫を集めることをセルフトラップと呼ぶ。南方熊楠もこれを行っていた記録がある。

後始末編集

野糞をするのは便所へ行く用意ができていない状態であることが多い。当然ちり紙など持っていない可能性がある。やむを得ない場合は紙であればなんでもよし、とするか、それさえなければ、野外の場合、木のを使う方法がある。草の葉も使えないこともないが、シダの葉は避けた方が無難である。

また、東南アジアから西アジアで広く行われている「手と水で洗い流す(=手動ウォシュレット)」という方法に慣れておくと、このような非常事態にも慌てることなく対応できる。ただし、糞が、沢などの人が飲用に利用する可能性のある水に混入しないよう注意が必要である。

脚注編集

  1. ^ 「家から離せ」ヒンドゥーの教え トイレが遠いインド 朝日新聞(2017年11月27日)2017年12月3日閲覧

関連項目編集