メインメニューを開く

山上 秀明(やまがみ ひであき)は、日本検察官東京地方検察庁特捜部長や、松山地方検察庁検事正最高検察庁検事を経て、東京高等検察庁次席検事。

来歴・人物編集

1983年に中央大学法学部卒業後[1][2]、1987年検察官任官。東京地方検察庁特別捜査部や、大阪地方検察庁特別捜査部に長く勤務し、福島県知事汚職事件では佐藤栄佐久福島県知事の取り調べにあたるなどした。法務省人権擁護局総務課長、東京地方検察庁特別捜査部副部長、東京高等検察庁検事を経て、2012年東京地方検察庁公安部[3]

2013年から東京地方検察庁特別捜査部長を務め[3]徳洲会事件NTT東日本汚職事件、ディオバン事件などを手掛けた。2015年松山地方検察庁検事正[4]。2016年最高検察庁検事[5]。東京地方検察庁次席検事を経て、2018年東京高等検察庁次席検事[6]

脚注編集


先代:
中原亮一
東京地方検察庁特捜部長
2013年 - 2015年
次代:
齋藤隆博
先代:
落合義和
東京地方検察庁次席検事
2017年 - 2018年
次代:
久木元伸
先代:
曽木徹也
東京高等検察庁次席検事
2018年 -
次代:
(現職)