メインメニューを開く

山内 豊泰(やまうち とよやす、1765年6月25日明和2年5月8日) - 1803年8月22日享和3年7月6日))は、土佐新田藩の第2代藩主。

土佐藩第8代藩主・山内豊敷の五男。母は祥栄院。正室は板倉勝武の娘・貞操院。子は山内豊武(長男)、山内豊保(次男)、娘(永井尚監正室)。官位は従五位下、摂津守。

新田藩の初代藩主山内豊産の実子の豊毅豊秀が早世していたため、天明元年(1781年)2月に豊産の養嗣子となり、天明3年(1783年)5月21日の養父の隠居により跡を継いだ。享和3年(1803年)7月6日、39歳で死去し、跡を長男・豊武が継いだ。法号は大慈院寂翁去定大居士。