メインメニューを開く

山前 實治(やまさき さねはる、1908年 - 1978年)は詩人、実業家岐阜の生まれ京都育ち。歌手倉木麻衣は孫。映像監督山前五十洋は長男。女優の滝沢れい子は五十洋の義妹。

人物編集

京都帝国大学卒業。戦前から詩作を始め、天野忠北川桃雄らと同人雑誌「リアル」を発行。戦後は天野、田中克己依田義賢らと「コルボウ詩話会」を結成。京都市で双林プリント(印刷業)、文童社(出版業)を経営する傍ら、近代詩の創作に励む。 関西詩壇の相談役的な存在として重きをなし、詩論なども多い。戦後草分けの専門月刊誌「詩学」(詩学社 1947年創刊)で、長く近畿地区の詩評を担当する。同人誌「骨」を主宰。また文童社は関西の詩人の作品を数多く出版している。H氏賞を受けた大野新は双林プリントの社員であった。

詩集編集