メインメニューを開く

山口 光一郎(やまぐち こういちろう、1889年6月[1][2] - 1948年7月8日[1])は、日本政治家衆議院議員(1期)。

経歴編集

栃木県三好村(現:佐野市)に生まれる[3]1912年栃木県師範学校[1]。卒業後は小学校訓導や校長となり[1][3]、三次村会議員、同村長となった[1]

戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙において栃木県(全県1区)から日本進歩党公認で出馬して初当選した[3]。しかし、翌年公職追放によりその座を追われた[3][4]。追放後は石灰業に従事したが、追放中の1948年に死去した。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』675頁。
  2. ^ 『栃木県歴史人物事典』612頁には生年は「1890(明治23年)」と記載。
  3. ^ a b c d 『栃木県歴史人物事典』,612頁。
  4. ^ 『朝日新聞』1947年4月5日一面。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社 、1995年。