メインメニューを開く

山口 安次郎(やまぐち やすじろう、1904年10月1日 - 2010年2月7日)は、西陣の織匠。山口織物株式会社会長。山口伊太郎は3歳上の実兄。

山口 安次郎
誕生 (1904-10-01) 1904年10月1日
京都府京都市上京区上立売堀川西入ル
死没 (2010-02-07) 2010年2月7日(105歳没)
京都府京都市北区
職業 織職人
ジャンル 工芸
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

人物編集

京都西陣生まれ。尋常小学校卒業後、12歳で家業に従事する。27歳で独立、帯地製造会社「山口織物」を創業するが、太平洋戦争が始まったため一時中断。43歳の時に再開。昭和25年(1950年GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥に能装束裂地を寄贈。同時に金剛流能装束を復元。55歳より事業を息子に譲り、江戸時代の能装束の復元に専念。能楽宗家の依頼だけでも130領、その他もあわせると300領を超える能装束を手がけていた。

経歴編集

外部リンク編集