山口県道36号秋芳三隅線

日本の山口県の道路

山口県道36号秋芳三隅線(やまぐちけんどう36ごう しゅうほうみすみせん)は、山口県美祢市秋芳町別府(べっぷ)と長門市三隅上を結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
山口県道36号標識
山口県道36号 秋芳三隅線
主要地方道 秋芳三隅線
起点 美祢市秋芳町別府【地図
終点 長門市三隅上【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道31号標識
山口県道31号美東秋芳西寺線
Japanese National Route Sign 0191.svg 国道191号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

  • 本路線は1993年(平成5年)4月1日山口県告示第294号で認定された路線であるが、1958年 - 1976年にも同一名称の一般県道が存在した(廃止前の路線名称は山口県道242号秋芳三隅線)。起終点も同じである。

当初認定時の終点は、現在の終点よりも約3km東の、国道191号宗頭交差点付近であったが、2002年(平成14年)3月23日美祢郡秋芳町栢の木 - 大津郡三隅町湯免(現・長門市三隅上)間の大水峠トンネル開通に伴い路線の付け替えが行われ、終点の位置が変更になった。これ以降、日本海側と瀬戸内側を結ぶ新たな幹線ルートの一つとなっている。

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

道路施設編集

主なトンネル
  • 大水峠トンネル
    2002年(平成14年)3月23日秋芳町(現・美祢市秋芳町)と三隅町(現・長門市三隅上)間を結ぶトンネルとして開通。

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集