山口祐之

山口 祐之(やまぐち ひろゆき、旧姓・市橋[2]1972年8月15日 - )は、日本の元バレーボール選手、現指導者。現役当時のポジションはセッター[1]

山口 祐之
Hiroyuki Yamaguchi
デンソー・エアリービーズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-08-15) 1972年8月15日(45歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 長野県長野市[1]
ラテン文字 Hiroyuki Yamaguchi
身長 185cm[1]
体重 74kg[1]
血液型 B型[1]
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
役職 監督
ポジション S
指高 233cm[1]
利き手 [1]
スパイク 320cm[1]
ブロック 303cm[1]
テンプレートを表示

目次

来歴編集

長野県長野市出身。中学1年次よりバレーボールを始め、長野県代表として1987年のさわやか杯に出場した[1]。高校は県内の強豪校である岡谷工業高等学校に進学し、1990年にインターハイでは準優勝に輝き、自らも優秀選手賞を獲得した[1]。大学は筑波大学に進学し、在学中に全日本インカレでベスト4を3度果たした。

一方、国際大会では1989年に世界ユース、1991年に世界ジュニア、1995年にはユニバーシアードなどに出場した。

1994年に新日鐵ブレイザーズの内定選手となり、10年にわたり中心選手として活躍した。2001/02シーズンからはチーム主将となり、2004/05シーズンには兼任コーチとなった。2005年に堺を退団したが、2007/08シーズンから女子畑に転じて、デンソー・エアリービーズのコーチに就任した。2011年には全日本女子ジュニアのコーチに就任[3]、同年に全日本女子のサーブ担当コーチに就任し[4][5]、五輪で28年ぶりとなる銅メダル獲得に導いた。

2014/15シーズンからデンソーの監督に昇格した[6]

受賞歴編集

所属クラブ編集

指導者歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『月刊バレーボール』2000年2月号臨時増刊 第6回Vリーグ観戦ガイドブック 40ページ
  2. ^ Sportsnavi. “日本バレー界の育成をリードする堺ブレイザーズ”. 2014年12月8日閲覧。
  3. ^ 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2014年12月8日閲覧。
  4. ^ 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2014年12月8日閲覧。
  5. ^ バボちゃんネット. “世界一を目指して~全日本女子コーチたちのチャレンジ~”. 2014年12月8日閲覧。
  6. ^ デンソー・エアリービーズ. “2014/15シーズンスタート!山口祐之新監督よりファンの皆様へ(2014.5.29)”. 2014年5月29日閲覧。
  7. ^ 『月刊バレーボール』 2000年5月号 162-164ページ
  8. ^ 『月刊バレーボール』(日本文化出版社刊) 2002年9月号 64-65ページ