山口裕之 (哲学者)

山口 裕之(やまぐち ひろゆき、1970年10月 - )は、日本の哲学研究者。徳島大学教授。専門はフランス近代哲学(コンディヤック)、科学哲学エピステモロジー

経歴編集

  • 1999年 東京大学人文社会系研究科博士課程 単位取得退学
  • 2002年 博士(文学)取得
  • 2003年 第20回渋沢クローデル賞 受賞(『コンディヤックの思想――哲学と科学のはざまで』)

著作編集

単著編集

  • 『コンディヤックの思想――哲学と科学のはざまで』(勁草書房、2002年)
  • 『人間科学の哲学――自由と創造性はどこへいくのか』(勁草書房、2005年)
  • 『認知哲学――心と脳のエピステモロジー(ワードマップ)』(新曜社、2009年)
  • 『ひとは生命をどのように理解してきたか』(講談社選書メチエ、2011年)
  • 『コピペと言われないレポートの書き方教室――3つのステップ』(新曜社、2013年)
  • 『人をつなぐ――対話の技術』(日本実業出版社、2016年)
  • 『「大学改革」という病――学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する』(明石書店、2017年)

共著編集

  • 『科学技術と倫理』(ナカニシヤ出版、2007年)
  • 『哲学の歴史〈第6巻〉知識・経験・啓蒙――18世紀 人間の科学に向かって』(中央公論新社、2007年)
  • 『エピステモロジーの現在』(慶應義塾大学出版会、2008年)
  • 『哲学への誘い 新しい形を求めてⅠ 哲学の立ち位置』(東信堂、2010年)
  • 『哲学という地図』(勁草書房、2010年)

翻訳編集

外部リンク編集