山口 重貞(やまぐち しげさだ、1641年寛永18年)- 1698年5月13日元禄11年4月4日))は、常陸牛久藩の第3代藩主。第2代藩主・山口弘隆の長男。母は諏訪忠恒の娘。正室は土井利隆の娘。側室は永井氏。官位は従五位下。修理亮。幼名は長次郎。

 
山口 重貞
時代 江戸時代
生誕 1641年寛永18年)
死没 1698年5月13日元禄11年4月4日))
改名 長次郎→重貞
幕府 江戸幕府
徳川家光家綱綱吉
氏族 牛久山口氏
父母 父∶山口弘隆
母∶諏訪忠恒の娘
兄弟 重貞(長男)、山口政信(次男)、重治(三男)、山口重富(四男)、娘(久永勝晴正室のち谷頼衛室)
正室∶土井利隆の娘
男児(早世)
養子∶弘豊
テンプレートを表示

経歴編集

延宝5年(1677年)、父の死去により家督を継いだ。長男が早世していたため、弟の重治をもって後継者にしようとしたが、これは不適格として廃嫡し、重治の長男である弘豊を後継者に指名した。元禄11年(1698年)4月4日、59歳で死去した。法号は一応即円重貞院。