メインメニューを開く

略歴編集

山形県出身。山形県立荘内中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)、第一高等学校。一高時代からアララギの歌会に参加した。

1914年在学中に中心となって第三次『新思潮』を創刊、ほかに豊島与志雄山本有三、井出説太郎(土屋文明)、柳川隆之介(芥川龍之介)、草田杜太郎(菊池寛)、成瀬正一久米正雄佐野文夫松岡譲がいた。

1915年東京帝国大学英文科卒。

1917年、川路柳虹らと詩話会を結成、1918年から評論集『詩文研究』を上梓する。第六高等学校教授、東京府立高等学校教授、法政大学教授を務めた。ウィリアム・バトラー・イェーツウィリアム・ブレイクの翻訳紹介を行った。

1949年10月に日夏耿之介西條八十柳沢健らと共に日本詩人クラブを創立し、常務理事長を務めた。

1951年1月、母校である山形県立鶴岡南高等学校の校歌の作詞をする。

著書編集

共著編集

翻訳作品編集

記念論集編集

  • 近代詩の史的展望 / 山宮允教授華甲記念文集編纂会 河出書房 1954

外部リンク編集