山崎正一

山崎 正一(やまざき まさかず、1912年11月4日 - 1997年8月17日)は、日本の哲学者東大名誉教授。臨済宗の僧侶。谷中・興禅寺先住職。

来歴編集

東京生まれ。東京帝国大学哲学科卒業、同大学院修了。1936年から39年まで副手。1945年、東京高等学校専任講師、47年、教授。1949年、東京大学教養学部助教授、59年、教授。73年、定年退官、田中千代学園短大教授、74年から法政大学教授、77年、文学部長、83年、定年退職。この間、日本哲学会委員長。

英国哲学のヒュームからドイツ哲学のカント、さらに道元まで関心の幅は広く、『山崎正一全集』全10巻がある。その業績を記念して山崎賞が設けられた。

著作編集

  • 認識批判 理想社, 1946
  • ドイツ観念論 三省堂, 1948
  • 哲学の近代的構図 角川書店, 1949
  • ヒューム研究 市民社会の論理的地平の設定 創元社, 1949
  • 近代イギリス哲学の形成 春秋社, 1950
  • 哲学 世界書院〈基礎学選書〉, 1950
  • 西洋哲学史入門 世界書院, 1950
  • 哲学の学び方 世界書院, 1951
  • 哲学入門 河出書房, 1956
  • 近代思想史論 〈近代化〉の思想構造 東京大学出版会, 1956
  • カントの哲学 後進国の優位 東京大学出版会, 1957
  • 近代日本思想通史 青木書店, 1957
  • 哲学の現段階 弘文堂, 1959
  • 生きること・考えること 六興出版社, 1959
  • 西洋近世哲学史 第2、第3 岩波全書:岩波書店, 1962-63
  • 現代の哲学 学生社, 1968
  • 近代思想史論 近代化の思想構造 東京大学出版会 1971
  • 道元 正法眼蔵随聞記 懐弉編 講談社文庫, 1972/ 講談社学術文庫, 2003、訳注
  • 人間の思想の歩み 講談社現代新書, 1972
  • 哲学の原理と展開 東京大学出版会, 1973
  • 知性と生命 富山県教育委員会, 1974
  • 幻想と悟り 主体性の哲学の破壊と再建 エピステーメー叢書:朝日出版社, 1977
  • 山崎正一全集 全10巻 朝日出版社, 1984-85
  • 哲学思想の端緒過程 哲学書房, 1999

共著・編著編集

  • ヒュームとルッソー 裏切者と悪魔 串田孫一共著 創元社, 1949
  • 近代精神 串田孫一共編 -- 第三書房, 1949
  • 西洋哲学史 川田熊太郎,原佑共著 東京大学出版会, 1955
  • 哲学研究入門 古在由重,暉峻凌三共著 東京大学出版会, 1958
  • あなたの哲学 成川武夫共著 学生社, 1961
  • 現代哲学入門 田島節夫共著 有斐閣, 1963
  • 哲学研究案内 田島節夫共著 有斐閣, 1964
  • 新・哲学入門 市川浩共編 講談社現代新書, 1968
  • 現代哲学事典 市川浩共編 講談社現代新書, 1970
  • 自然科学の哲学 編 学生社, 1974
  • カント(世界の思想家) 編 平凡社, 1977