山崎 聡子(やまざき さとこ、1982年3月30日 - )は、日本歌人

山崎 聡子(やまざき さとこ)
誕生 (1982-03-30) 1982年3月30日(38歳)[1]
日本の旗 日本 栃木県下都賀郡石橋町
(現・下野市[2]
職業 歌人
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学第一文学部総合人文学科文芸専修卒業[1]
ジャンル 短歌
主な受賞歴 第53回短歌研究新人賞(2010年)
第14回現代短歌新人賞(2014年)
デビュー作 『手のひらの花火』(2013年)
所属 未来、pool
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

1982年、栃木県下都賀郡石橋町(現・下野市)生まれ[1][2]作新学院中等部作新学院高等学校卒業[3]。2002年、早稲田大学第一文学部2年生のとき、水原紫苑の授業をきっかけに作歌を始め、早稲田短歌会に入会[1]。卒業制作では日高堯子の指導を受ける[1]。2008年より「pool」に参加[4]。2010年、「死と放埓なきみの目と」30首で第53回短歌研究新人賞受賞[1]

2013年、第一歌集『手のひらの花火』刊行。同年、 未来短歌会に入会[5]。2014年、同歌集で第14回現代短歌新人賞を受賞[6]

著作編集

単著編集

  • 『手のひらの花火』、2013年5月20日、短歌研究社ISBN 978-4-86272-319-2

アンソロジー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 「第五十三回短歌研究新人賞発表」『短歌研究』第67巻第9号、短歌研究社、2010年9月、 49頁、 ISSN 1342-5633NAID 40017280246
  2. ^ a b 読書人 ”郷土”特集 (PDF)”. 下野市. 広報しもつけ. 下野市. p. 25 (2016年11月1日). 2021年1月10日閲覧。
  3. ^ Facebook”. www.facebook.com. 2021年1月10日閲覧。
  4. ^ pool バックナンバー”. pool. 2021年1月10日閲覧。
  5. ^ 山崎聡子 [@satoky] (1 December 2013). "「未来」十二月号届きました。これで正式に未来に入った、と明言できます。みなさま、よろしくお願いします。" (ツイート). Twitterより2021年1月10日閲覧
  6. ^ 『短歌タイムカプセル』東直子、佐藤弓生、千葉聡、書肆侃侃房、2018年1月31日、218頁。ISBN 978-4-86385-300-3

外部リンク編集