NHK短歌(エヌエイチケイたんか)は、NHK EテレNHKワールド・プレミアム短歌番組である。

元々はNHK歌壇(エヌエイチケイかだん)と題して1997年4月11日から放送されたが、2005年4月2日以降は当タイトルに変更された。また2012年4月1日からは、毎月第4日曜放送分が初心者向けの短歌講座「短歌de胸キュン」としてリニューアルされたが[1]2021年3月28日を最後に「NHK短歌」本体へ再統合された。

概要編集

毎週決められた題の短歌(題詠)を全国から公募し、選者が評価する。また、毎年1月にはNHK全国短歌大会も行われ、大会大賞を決める。

「短歌de胸キュン」では毎回異なる「場所」をテーマに視聴者からの短歌の投稿に加え、出演者(下記参照)が投稿されたエピソードや出演者自身のエピソードを基に短歌を作るという趣旨も加えられる。毎回投稿作の中からは「胸キュン大賞」(「NHK短歌」本体でいう一席に相当)が選ばれ、その作品は番組のホームページ上でも公開されるほか「NHK短歌テキスト」にも掲載される。これに加え2012年度は女性芸人出演による妄想恋愛短歌の再現ミニドラマコーナーがあり、2013年度からは、番組で募集した短歌作りに携わる学校や団体を出演者が訪問して短歌の競作を行う「Shall we 短歌」のコーナーとなった。また毎年8月・1月・3月放送分は「増刊号」と称した「Shall we 短歌」の拡大版といえる全編ロケとなった[2]。なお、曜日配列の関係で第5日曜日まである月はこの「短歌de胸キュン」を2週続きで放送して調整したが、第5日曜分を前週の再放送とする場合と、前述の「増刊号」を充てて前後編形式とするケースに分かれていた。

前述のように2021年度から「短歌de胸キュン」は「NHK短歌」本体の第4週分として再統合されたが、2021年度の第4週分はその名残から、本体の番組構成に沿いつつも、番組後半に短歌の基礎知識を扱うコーナーを設けていたり、他の週のようにゲストを招かない、最優秀作品は一席のみとするなどの違いがあった。また、曜日配列の関係で第5日曜日まである月は、第4週分を第5週との前後編として「NHK短歌増刊号・タンカツ」として送る場合があった。「タンカツ」は「頑張る人々を短歌で応援する」というテーマを掲げた全編ロケ形式となっており、「短歌de胸キュン」の増刊号に近いフォーマットであった。この場合の同月第4週の投稿作品の発表は番組の最後にナレーションと字幕のみで行われた。なお、「タンカツ」を放送せず第4週を通常形式で放送する場合は、第5週を前週の再放送としていた。

2021年度まで第4週に行われていた短歌初心者向けの内容は、2022年度では7 MEN 侍のメンバーが出演する第1週の放送へシフトしており、ナレーションによる句の紹介や添削内容の補足が挿入されたり、番組後半に短歌対決を行うなど[3]、「短歌de胸キュン」時代の演出を一部復活させている。合わせて、「タンカツ」は第5日曜日のみに編成されるようになり、同番組が放送されない月は第5日曜日を同月第1週の再放送とするようになった。

なお、1月が第5日曜日まである場合は、第1日曜日が正月三が日となり本放送が休止されるため、「増刊号」等での調整対応は行わず、1週ずつ担当を繰り下げて対応し、第1週の再放送枠は過去回のアンコール放送に充てる。また、4月が第5日曜日まである場合も、改編時期の都合上、4月第1週を「3月第5週」と扱い、4月分の担当を1週ずつずらす場合がある。

2020年度は新型コロナウィルス感染症にともなう緊急事態宣言の影響により、4月19日放送分を最後に新規放送をいったん中止。4月26日から5月17日までは「短歌de胸キュン」も含めて2019年度の同時期に放送された回の再放送を行った。延期されていた「短歌de胸キュン」の2020年度初回放送となった5月24日放送分より、リモート収録により新規放送を再開しており、「短歌de胸キュン」以外ではスタジオに進行役のアナウンサーを配置していた[4]。緊急事態宣言解除を受けて、6月21日放送分よりソーシャルディスタンスに配慮しながら通常収録を再開した。

放送時間編集

(出典:[5]

放送期間 番組名 放送時間(日本時間
本放送 再放送
1997年度 NHK歌壇 金曜 21:25 - 21:50(25分) 火曜 12:30 - 12:55(25分)
1998年度 火曜 15:30 - 15:55(25分)
1999年度 - 2002年度 日曜 7:30 - 8:00(30分) 木曜 5:25 - 5:55(30分)
金曜 12:00 - 12:30(30分)
2003年度 土曜 6:40 - 7:10(30分) 木曜 5:30 - 6:00(30分)
2004年度 土曜 7:30 - 8:00(30分)
2005年度 - 2006年度 NHK短歌
2007年度 - 2008年度 日曜 7:30 - 8:00(30分)
2009年度 日曜 7:00 - 7:30(30分) 木曜 5:05 - 5:35(30分)
2010年度 日曜 6:00 - 6:25(25分) 水曜 14:30 - 14:55(25分)
2011年度 - 火曜 15:00 - 15:25(25分)

司会編集

2022年度現在
  • 第1週:小沢一敬スピードワゴン)(2014年8月放送分、2021年度 - )[6] - 2021年度は第4週を担当。第5週まである月の「タンカツ」の司会も兼務。
  • 第2週・第3週・第4週:星野真里(2018年度 - ) - 2021年度までは第1・2週を担当していた。
過去
  • 水原紫苑歌人、1997・1998年度の第1・2週)
  • 俵万智(歌人、1997・1998年度の第3・4週、1999年度の第1・2週)
  • 小島ゆかり(歌人、1999・2000年度の第3・4週。のちに選者として再登用)
  • 栗木京子(歌人、2000・2001年度の第1・2週。のちに選者として再登用)
  • 梅内美華子(歌人、2001年度の第3・4週、2002年度の全週。のちに選者として再登用)
  • 平野啓子(フリーアナウンサー、2003年度 - 2005年度)
  • 内藤啓史(NHKアナウンサー、2006年度 - 2009年度)
  • 濱中博久(NHKアナウンサー、2010年度 - 2014年度)
  • 知花くらら(2014年8月放送分)
  • 剣幸(2015年度 - 2017年度)
  • 有森也実(2018年度 - 2021年度 第3週担当)
  • 藤井彩子(NHKアナウンサー、2020年6月7日・14日のスタジオ進行) - 該当回は前述の理由により、司会・選者ともスタジオ外からのリモート出演となっていた。

レギュラーゲスト編集

2022年度現在
  • 第1週:本髙克樹矢花黎7 MEN 侍、2022年度) - 「タンカツ」にも出演する。
  • 第2週・第3週・第4週:カン・ハンナ(2018年度 - ) - 2021年度までは第1・2週を担当していた。2022年度は6月まで第2・3週を担当し、7月から第4週にも出演。
過去

選者編集

2022年度現在
歴代
※名前の並びは左から順に第1週 - 第4週担当である。2012年度から2020年度まで、第4週担当は「短歌de胸キュン」の講師も兼任していた。

「短歌de胸キュン」の出演者編集

選者・講師
  • 栗木京子(2016年度、2018年度、2020年度)
  • 佐伯裕子(2012 - 2013年度、2015年度、2017年度、2019年度)
  • 梅内美華子(2014年度)
生徒
同時に出演できるのはこのうち4名[11]である。番組最後には毎回この6 - 8名の中から次回放送分の出演者4名を決める短歌対決が行われ、前回不合格となった2 - 4名も含む全員がテーマに沿った短歌を詠み披露した[12]。これを講師が審査して、合格した4名が次回放送分に出演できた[13]
こういった形式のため、司会・進行担当者は固定されていなかった(小沢一敬または井戸田潤が担当することが多かった)。
前述のように、「短歌de胸キュン」としての最終出演者のうち若干名は、再統合後の「NHK短歌」第4週にも引き続き出演するが、司会は小沢一敬に固定され、それ以外の出演者は月替わりの不定期出演となる。

テキスト編集

テキストのNHK短歌は、NHK出版から毎月20日に発売される。

脚注編集

  1. ^ EPG上では『NHK短歌 短歌de胸キュン』と表記されており、あくまで本番組の派生企画の扱いとなっている。
  2. ^ ただし2020年度は新型コロナウィルスの影響でロケに制約ができたこともあり、増刊号は11月のみ実施した。
  3. ^ ただし、「短歌de胸キュン」とは異なり、低評価の場合でも翌月出演できないなどのペナルティはない。
  4. ^ 緊急事態宣言発令期間において「ニュースなどを除いて外部からの出演者を入れた収録や生放送を当面見合わせる」という局の方針に基づく。なお、リモート収録による「短歌de胸キュン」はスタジオ自体を使用しなかった。
  5. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1997年(平成9年)4月 - 2011年(平成23年)4月、テレビ欄。
  6. ^ a b c 小沢一敬とえりちょすは2014年8月放送分の「NHK短歌 特集・今さら訊けない短歌の疑問」にもゲスト出演しており(小沢は司会でえりちょすはアシスタント。8月17日放送分には松下と寿も『胸キュン劇団』としてVTR出演)、この枠の初心者向け講座の出演者(講師を除く)が本編にも出演する初めてのケースとなった。なお、小沢一敬は「NHK短歌」本体へ再統合後の2021年度から正式に第4週司会に就任。
  7. ^ 関西在住のため、2021年5月 - 9月ならびに2022年2月は地元からのリモート出演となった。
  8. ^ a b c d 「NHK短歌」本体へ再統合後の2021年度からは、月替わりの第4週準レギュラーとなる。
  9. ^ 2018年度より「NHK短歌」本編のレギュラーゲストに昇格。
  10. ^ 2018年度より「NHK短歌」本編の司会に昇格。
  11. ^ 当初は男女2名ずつという枠があったが、2015年10月放送分から撤廃された。
  12. ^ 前回の不合格者はスタジオには登場せず作品のみ披露していた。
  13. ^ ただし合格者が次回放送分の収録時に別の仕事が入ったなどの理由で休演した場合、不合格者の中から欠員補充された。

関連項目編集

外部リンク編集

NHK教育 金曜 21:25 - 21:50
前番組 番組名 次番組
NHK俳壇
(1994年4月8日 - 1997年4月4日)
※21:25 - 21:55
【85分繰り上げて継続】
NHK歌壇
(1997年4月11日 - 1999年4月2日)
今夜もあなたのパートナー 金曜アクセスライン
(1999年4月9日 - 2003年4月4日)
※21:00 - 22:00
NHK教育 日曜 7:30 - 8:00
こころの時代
(1991年4月7日 - 1999年4月4日)
※7:30 - 8:30
【150分繰り上げて継続】
NHK歌壇
(1999年4月11日 - 2003年4月6日)
100語でスタート!英会話(再放送)
(2003年4月13日 - 2005年4月3日)
※7:30 - 8:10
NHK教育 土曜 6:40 - 7:10
アンニョンハシムニカ・ハングル講座
(1998年4月11日 - 2003年4月5日)
【火曜 23:30 - 翌0:00に移動】
NHK歌壇
(2003年4月12日 - 2004年4月3日)
NHK日本語講座(再放送)
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
※6:40 - 7:00
趣味の園芸(再放送)
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
※7:00 - 7:25
NHK教育 土曜 7:30 - 8:00
NHK俳壇
(2003年4月12日 - 2004年4月3日)
※7:10 - 7:40
【50分繰り下げて継続】
セサミストリート
(1999年4月10日 - 2004年4月3日)
※7:35 - 8:30 → 7:40 - 8:30
NHK歌壇
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
NHK短歌
(2005年4月9日 - 2007年3月24日)
NHK教育 土曜 7:30 - 8:00
前番組 番組名 次番組
NHK歌壇
(2004年4月10日 - 2005年4月2日)
NHK短歌
(2005年4月9日 - 2007年3月24日)
風の少女エミリー
(2007年4月7日 - 9月29日)
※7:25 - 7:50
ニャンちゅうワールド放送局
(2007年4月7日 - 2008年3月29日)
※7:50 - 8:20
NHK教育 日曜 7:30 - 8:00
新感覚☆キーワードで英会話(再放送)
(2006年4月9日 - 2007年4月1日)
※7:00 - 7:40
スーパーバレエレッスン
(2006年12月10日 - 2007年3月25日)
※7:40 - 8:05
NHK短歌
(2007年4月8日 - 2009年3月29日)
NHK俳句
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
【30分繰り上げて継続】
NHK教育 日曜 7:00 - 7:30
住まい自分流 ~DIY入門~(再放送)
(2007年4月8日 - 2009年3月29日)
※6:40 - 7:10
趣味の園芸 やさいの時間(再放送)
(2008年4月6日 - 2009年3月29日)
※7:10 - 7:30
NHK短歌
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
ザ・ペンギンズ from マダガスカル
(2010年4月4日 - 9月26日)
※7:00 - 7:25
みいつけた!さん
(2010年4月4日 - 2016年4月3日)
※7:25 - 7:55
NHK教育→NHK Eテレ 日曜 6:00 - 6:25
日めくり万葉集(5分×5)
(2009年4月5日 - 2010年3月28日)
NHK短歌
(2010年4月4日 - )
(2012 - 2020年度の第4日曜は『短歌de胸キュン』)
-