メインメニューを開く

山形ラーメン(やまがたラーメン)は、山形県を発祥とするご当地ラーメンの総称。

山形県はラーメン消費量が日本一と言われている[1][2][3][4]

山形では、醤油ベースのスープに中華麺が入ったラーメンは「中華そば」と呼ばれることが多い[3]。そういった醤油ベースのスープのラーメンこそが「山形ラーメン」であるとする人もいる[3]。また、蕎麦屋においても中華そばを提供する店が多く、中には本業の蕎麦よりもラーメンのほうが人気となっている蕎麦屋もある[3][5]

2016年4月に、南陽市では市職員と市民からなる「ラーメン課」を設立し、ラーメンを利用した観光客の誘致を検討している[5]2017年には南陽市内のラーメン店など紹介する小冊子『なんようしのラーメン』が作成された[6]

山形のご当地ラーメン編集

出典・脚注編集

  1. ^ 山形ラーメンマップを作製 NEXCO東日本”. 山形新聞 (2016年4月7日). 2016年12月12日閲覧。
  2. ^ 山形県、全国最少884グラム 1日1人当たりのごみ排出量”. やまがたコミュニティ新聞 (2006年9月22日). 2016年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e ラーメン消費量日本一を誇る山形県 なぜ、これほどまでにラーメンが愛されるのか?”. dot. (2015年7月26日). 2016年12月28日閲覧。
  4. ^ 統計局ホームページ/家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(2016年(平成28年)~2018年(平成30年)平均)”. www.stat.go.jp. 総務省統計局. 2019年4月24日閲覧。
  5. ^ a b 佐藤良一 (2016年2月18日). “ラーメン課 観光誘客につなげろ…山形・南陽市が新設”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00m/010/057000c 2016年12月28日閲覧。 
  6. ^ ラーメン好き南陽市長主導 53店ガイド好評”. 河北新報ONLINE (2017年5月28日). 2017年10月23日閲覧。
  7. ^ やまがたのラーメン”. やまがたコミュニティ新聞 (2014年1月10日). 2016年12月12日閲覧。