メインメニューを開く

山本 正淑(やまもと まさよし、1916年大正5年)6月15日 - 2009年平成21年)9月5日)は、日本厚生官僚高知県出身。厚生事務次官日本赤十字社社長などを歴任した。

経歴・人物編集

1940年(昭和15年)厚生省に入省。

退官後は、医療金融公庫総裁、財団法人厚生年金事業振興団理事長を経て、1987年(昭和62年)4月1日から1996年(平成8年)10月まで第12代日本赤十字社社長を務めた。

2009年(平成21年)9月5日脳出血のため東京都新宿区の病院で死去、93歳[2]

著書編集

共編著編集

  • 『厚生年金保険法精解』船後正道共編 財務出版 1966
  • 『社会保障教室 国民生活の安定と福祉を求めて』小山路男共編 有斐閣選書 1975
  • 『川添英雄君の想い出』編集 川添英雄君を想う会 1976

脚注編集

  1. ^ 『世界諸国の制度・組織・人事 1840-1987』、秦郁彦編、東京大学出版会、670、671ページ、14.厚生省
  2. ^ (日本語) “山本正淑氏死去 元厚生事務次官”. 47NEWS (共同通信). (2009年9月6日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090601000283.html 2015年8月13日閲覧。 
先代:
林敬三
日本赤十字社社長
第12代:1987年 - 1996年
次代:
藤森昭一
先代:
牛丸義留
厚生事務次官
1967年 - 1969年
次代:
熊崎正夫
先代:
牛丸義留
社会保険庁長官
1965年 - 1967年
次代:
熊崎正夫