メインメニューを開く

山本氏(やまもとし)は、日本氏族紀伊国国人

山本氏
No image available.svg
菱?三つ柏?
本姓 清和源氏義光
熊野別当支流
家祖 山本義定?
種別 武家
出身地 紀伊国
主な根拠地 紀伊国
著名な人物 山本忠行
山本忠朝
山本康忠
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

山本氏は紀伊牟婁郡富田川流域及び日高郡の一部を領有し、龍松山城[1]を居城とした。

清和源氏義光の孫である山本義定の末裔を称する。また、熊野別当支流の末裔ともされるが、定かではない。

元弘3年(1333年)、鎌倉幕府討幕のために護良親王と共に山本忠行が上洛し、勲功を認められて櫟原(いちはら)荘[2]の地頭に任じられ、その後も南朝方として北朝方の国人と戦うが、やがて紀州中部の有力国人であった湯川氏らと同じく室町幕府奉公衆として四番衆に編入された。

奉公衆となった山本氏は勢力を拡大して3万石を有するまでに成長し、新宮城堀内氏が台頭するまでは紀南地方最大の勢力を誇った。

応仁の乱の契機となった畠山氏(金吾家)お家騒動では畠山義就に味方し、畠山政長方の目良氏神保氏小山氏等から拠点の市ノ瀬を攻撃されている。

戦国時代中後期には湯川氏の麾下に入り、湯川衆として木沢長政の乱、久米田の戦い教興寺の戦い等に参加する。小牧・長久手の戦いでは徳川家康に味方したため羽柴秀吉より紀州征伐を受ける。山本氏は湯川衆の頭目であった湯川直春を居城である龍松山城に迎えて3ヶ月間の籠城で防ぎきるも、天正14年(1586年)、和睦の席で藤堂高虎に最後の当主・山本康忠が謀殺されて滅亡した。

脚注編集

  1. ^ 現・和歌山県西牟婁郡上富田町市ノ瀬。
  2. ^ 現・上富田町朝来。