メインメニューを開く

紀南(きなん)は、紀伊国(現 和歌山県全域と三重県南部の東紀州)の南部である。紀南地方紀南地域紀南エリアなどとも呼ぶ。牟婁、あるいは熊野とほぼ一致する。

紀北紀中に、あるいは紀北に対する。古い地名ではなく、紀北・紀南の初出は1916年である[1]

ただし、1つの地域として呼ぶことは少なく、和歌山県と三重県のそれぞれで土の一部を紀南と呼び、県外は考慮しないことが多い。それでも、両県の紀南は、県境でもある熊野川で接している。

南紀とも呼ぶが[2]、「南紀徳川史」などの語でもわかるとおり、本来は南紀とは紀伊国の別名(海道伊国の略)である[3]

目次

区分一覧編集

各県の紀南編集

和歌山県編集

狭義には、旧西牟婁郡東牟婁郡が紀南である[3][4]。この場合、和歌山県全体は、紀北・紀中と3分されるか、紀北と2分される[3]。なお2005年より日高郡龍神村田辺市龍神村となっているので、この地域も含まれる。

広義には旧日高郡を含む[3][5]。この場合、県全体は紀北と2分される。

より広く、有田郡海南市・海草郡紀美野町を含むこともある[6]。県全体は2分される。

逆に狭義の場合より狭く、旧東牟婁郡に限ることもある[7][8]。県全体は3分されるか、より細かく分けられる。

三重県編集

 
  東紀州。南西の3市町が紀北。

東紀州(三重県の南部、紀伊国の東部)が南北に2分される。旧南牟婁郡熊野市御浜町紀宝町)が紀南である。ただし1953年に南牟婁郡南輪内村尾鷲市の一部となったので、その地域は除外される。御浜町には、三重県立紀南高等学校がある。

県の生活創造圏では熊野生活創造圏とされる[9]

三重県は東紀州など5地域に分けることが多いが[10][11]、紀北・紀南(または相当する別名)など7~10地域に分けることもある[12][9][13]

出典編集