メインメニューを開く

山村 良啓(やまむら たかひら、正徳元年(1711年) - 天明6年(1786年)12月)は江戸時代の尾張藩士。第8代木曽代官・福島関守などを歴任した。「士侗」ので呼称されることもある。子に良恭、良由(蘇門と号す)がいる。養女のとや(香詮院)は徳川宗武の側室となり、松平定信を生んだ。

略歴編集

正徳元年(1711年) 江戸の分家筋の旗本山村良考の三男に生まれ、旗本と尾張藩臣の二重封臣である本家の山村良及(第7代木曽代官)の婿養子となる。延享3年(1746年)良及の隠居により、家督を継ぐ。

天明元年(1781年) 9月に隠居し、子の良由に家督を譲る。同時に第8代木曽代官の位も辞任。天明6年 (1786年) 死去。享年76。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『日本人名大辞典』(講談社)
  • 寛政重修諸家譜-江戸幕府の歴史書。
  • 『山村蘇門』(木曽福島町教育委員会)
  • 『広辞苑 第五版』(岩波書店)